天リフ超会議「ガチ天2021」を開催します!

参加お申し込みはこちらから!



梅雨の最中、人差し指のクリックがお財布を軽くする今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

梅雨の満月期といえば1年で最もリアル天文活動が停滞する季節。というわけで「天リフ超会議」です。6月は全国の「ガチ天体写真ファン」のための拡大版でお届けします。その名もずばり「ガチ天2021」。6月26日・27日の週末両日、15:00〜19:30までどっぷりと、日本各地の「本気のマニア」の熱いトークをお届けします!

今回の構成

これまでの「天リフ超会議」と同様、「ZOOM 会議によるプレゼンテーション」+「YouTubeの同時配信」です。今回は時間枠を拡大して、お一人の発表時間は30分、質疑は休憩含め最大15分、45分を一コマとして1日6名がご登壇です。

今回は、発表別に別のアーカイブに編集してYouTube公開します。ライブで通して視聴できなくても、後からゆっくり見たいプレゼンをたっぷり視聴いただくことが可能です。さらに、登壇されない方もZOOM会議に最大80名まで参加可能。質疑時間では直接登壇者様にご質問いただけます。

1日目のプログラム終了後には、ZOOM会議によるオンライン懇親会も実施。リアルでの交流に大きな制限のあるご時世ですが、あの方この方とじっくり親交を暖めてください!

登壇者様ご紹介(1日目)

津村光則さん 15:00〜

昭和、平成、令和と3つの時代を走り続けた天文界・天体写真界のレジェンド、眼視も自作もなんでもやられるオールラウンダー津村師。今回はデジタルネイティブ世代に向けて、時代を超えた天体写真の魅力を語っていただきます。

Samさん 15:45〜

電視観望をはじめとする多彩な活動をほしぞloveログで発信中のSamさんですが、今回はなんと「太陽Hα」でご登壇。お天気が良ければ、太陽面のライブ中継があるかも?!昼間でも遊べる「禁断の」太陽の世界をお楽しみに!

こたろうさん 16:30〜

大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会」を率いる「こたろう将軍」。「天文のオンラインセミナーには『笑い』が足りない」とご参戦ですが「こんな危ない人を出して大丈夫か?!」と迷人会メンバーが全力で止めにかかったとの裏情報も。天文「漢道」を語っていただけるのかどうかは、天リフ編集長にもわかりません^^;;;

HIROPONさん 17:15〜

東京23区枠、光害地でディープスカイを撮り続ける、本家・王道の「変態」。緻密な調査と考察が満載のブログはガチ界隈の定番。天リフ開設以来お世話になっている方ですが、実は天リフ編集長はまだ肉声をお聴きしたことがありません。動く「謎キャラ」の初登場です。

草野敬紀さん 18:00〜

2021年ビクセンオリジナルカレンダー」の表紙を飾った「M42」を撮影された草野さん。輝度差の大きな天体の階調を豊かに表現するHDR処理、元画像のディテールをとことん引き出すwavelet処理などについて、このM42の作例を元に語っていただきます。

星見屋 南口店長 18:45〜

天文機材のオンラインショップを手がける星見屋の南口店長がスポンサー枠で登壇されます。オフアキシスガイドを導入する際に光学系のイメージサークルとセンサーのサイズを考慮しましょう、というお話と、冷却CMOSカメラを急速冷却すると結露するよ、それを避けるにはこうしましょうね、というノウハウ。販売店としての経験から「ユーザー様にぜひ再認識いただければ」との趣旨でのご登壇です。

登壇者様ご紹介(2日目)

あぷらなーとさん 15:00〜

天リフ界隈で随一の変態博士。そのパーフェクトなプレゼン能力はサイトロンジャパン社の「CP+2021オンラインセミナー」でも遺憾なく発揮されたのも記憶に新しいところ。今回は、CMOSカメラのノイズ挙動とその殲滅方法についての最新研究成果が披露される見込みです。

渡辺真一さん 15:45〜

新潟天文研究会の重鎮。そのマイルドな風貌から「伯爵」とも呼ばれる渡辺師も昭和以来のレジェンド。今回は、惑星・月面の撮影で培ったテクニックをディープスカイに応用した「狂拡大」ディープスカイをご紹介いただきます。

cocktooさん 16:30〜

東京23区枠。「都会での近赤外撮影」の火付け役のお一人。「日本全国天文ファンオンラインリレー」ではそのノウハウの一端をご披露いただきましたが、今回はたっぷり30分でさらに深く語っていただきます。

塚原誠さん 17:15〜

知る人ぞ知る新星景の鬼。独自の工夫で超絶な天の川を量産中。確固たるテーマと問題意識で、日々進化するもはや日本のトップクラスともいえる画像処理技術をひっさげて、ガチ天の皆さんに対して新星景を語ります。

タカsiさん 18:00〜

元祖「ぼちぼち詐欺」。3年前に彗星のように現れたニュースター。大型機材を大型車に満載しビール片手に一晩ガチ撮りするスタイルでしたが、それに加えて南紀にリモート観測所を開設。今回はリモート撮影の魅力と苦労を語ります。

寺﨑正勝さん 18:45〜

九州の新星、寺﨑さん。ブログ「宙のジグソーパズル」などで素晴らしい作品を多数発表されています。元天文少年、復帰組のお一人。観測所を建設されるなど撮影スタイルはガチですが、マインドは「ゆるーく楽しむ」。Slowに楽しむNarrowな撮影などを語っていただく予定です。

視聴者プレゼント賞品決定!

5社様から本イベントの視聴者様にプレゼント賞品のご提供をいただきました!イベント開催後に公開する「視聴者アンケート」の回答者様を対象に抽選でプレゼントします!

※ZOOM会議参加者様、登壇者様もプレゼントの応募にはアンケートにご回答をお願いいたします!

ワイエスイメージ賞・「新星景写真入門DVD」1名様

ご存じ「よっちゃん」こと山中侯英さんのショップ「ワイエスイメージ」様からは、画像処理チュートリアルDVDの定番、画像処理DVD「新星景写真入門」をご提供いただきました!

サイトロンジャパン賞・「電視観望実践ガイドブック」10名様

サイトロンジャパン様からは「電視観望入門の決定版」として大好評の電視観望実践ガイドブックをご提供いただきました!

星見屋賞・「5000円分の星見屋割引ポイント」2名様

スポンサーとしてご登壇いただく星見屋様からは、同ショップで使える5,000円分の星見屋ポイントをご提供いただきました。あんなカメラやこんなフィルターが5000円引きに!

ユニテック賞・「中国製アルカスイス準拠キャッチャー・プレートセット」3名様

SWAT赤道儀のユニテック様 からはアルカスイス準拠のプレート・キャッチャー(クランプ)のセットをご提供いただきました。いくつあっても多すぎることがない天文ファン必須のパーツです。SWATとセットで活用したいですね!

五藤テレスコープ賞・「GOTO・MX-HDのロゴ入りUSBメモリ4GB」2名様

五藤テレスコープ様からは同社のMX-HD赤道儀のロゴ入りのUSBメモリをご提供いただきました!MX-HD赤道儀付属のものと同じもので、一般販売されていないレア物です!

大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会賞・「オリジナルTシャツ」2名様

大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会より、オリジナルTシャツのご提供をいただきました。こちらのページが通常の販売サイトですが、ここの「白地のTシャツ」限定です。当選者様は当選のご連絡後、迷人会様にコンタクトいただき、ご希望の柄とサイズをご指定いただく形になります。

ZOOM会議参加者を募集します!

ZOOM会議でご参加希望の方は、こちらの参加フォームよりどうぞ!〆切は6月24日(木)18時まで。先着80名様です。

ビデオメッセージ&ポスター参加を募集します!

「オレにも一つ言いたいことがある!」でも「30分もしゃべるのはさすがに・・・」という方に。よりライトな参加方法もご用意しました。

画像1枚(縦横比9:16)、ないしは1分以内の動画をお送りいただければ、プレゼンテーションの間の「休憩タイム」に流させていただきます。公序良俗的に問題なければ、基本的に何でもアリです。こちらの参加フォームよりどうぞ!〆切は6月20日(日)18時まで。先着12名様です。

協賛スポンサー様を募集します!

「天リフ超会議・ガチ天2021」では、協賛スポンサー様を募集しています。

1.スポンサー枠でのご登壇

現在4枠の空き登壇枠がありますが、最大2枠をスポンサー枠に設定します。協賛金は1枠7万円です。本枠でご登壇いただいた場合、ライブ配信の当該部分を*.mp4ファイルとして納品いたします。自社のチャンネルへのアップなど、ご自由にお使いください。また、天リフチャンネルでの個別アーカイブ公開をせず、自社チャンネルのみで配信することも可能です。(ただし、天リフチャンネルでの全尺のライブ動画アーカイブでは公開されます)。

6/22更新)スポンサー登壇枠の募集は締め切らせていただきました!

2.協賛バナーの表示

協賛社バナーのイメージ。YouTube配信動画の全尺に表示されます。

協賛いただいたスポンサー様は、YouTube配信・アーカイブ動画にバナーを掲載し、概要欄に最大3行のスポンサー様情報を表示します。同時に前述の「ビデオメッセージ・ポスター参加」に企業枠としてご参加可能です。協賛金は1枠2万円です。1.のスポンサー枠でご登壇いただいたスポンサー様は自動的にこちらのバナー掲載の対象となります。

3.プレゼント商品のご提供

視聴者にプレゼントする商品(*)を募集します。賞品の点数・品目に制限は特にありません。ZOOM会議参加者・視聴者アンケート回答者の中から天リフで厳正な抽選を行い、当選者様の送付先情報をお渡しします。賞品の発送は各社様にてお願いいたします。プレゼントの実施については告知記事・当日の配信の中で大々的に告知します。商品をご提供いただく以上の費用は発生しません。

(*)「商品の優待購入権」のような形でもOKです。ただし、当方側で行うのは当選者様の送付先情報をお送りするところまでです。

上記いずれもお申し込みはこちらのフォームからどうぞ!

6/22追記)プレゼント賞品のお申し込みは締め切らせていただきました。多数の協賛ありがとうございました!

なお、協賛スポンサー様からの協賛金は、最大10万円を越えない範囲で登壇者様への謝礼に充当します。10万円を越えた部分は天リフ側運営経費に充当します。協賛金が集まったとしても「薄謝」程度で恐縮ですが、ご笑納ください(*)!

(*)「謝礼は辞退します」と伺っている登壇者様もいらっしゃいます。その際は辞退された分は何らかの形で視聴者様にお返しするようにしたいと思います。

6/19追記)これまで確定しているプレゼント賞品

まとめ

いかがでしたか?

実はこの時期、例年マニアの祭典「CANP」が開催されているはずの時期なのですが、2020年、2021年のいずれもがコロナ禍で中止になってしまいました。今回のイベントはそれの代わりにならないものかと天リフが勝手に企画したものです。

筆者は2016年のCANPに初めて参加させていただき、日本のトップクラスのマニアの方々の熱い思いと考えに触れることで、大いにモチベーションが上がったのを記憶しています。ヲタクはヲタクらしく、変態は変態らしく。「天文普及」ももちろん大切ですが、まずは自分たちがたっぷり楽しもうではありませんか!

YouTubeライブ配信では、リアルタイムでコメントすることができます(*)。質問・ツッコミ大歓迎。頂戴したコメントは全部はご紹介できないと思いますが、中継で適宜ピックアップさせていただきます!こちらもお待ちしています。

(*)YouTubeの登録が必要です。

それでは、本番をお楽しみに。多くの方のご参加をお待ちしております。6月26日(土)、27日(日)、15:00からです!

https://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2021/06/0775e1dbc611798575109967d5c7fd0e-1024x576.jpghttps://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2021/06/0775e1dbc611798575109967d5c7fd0e-150x150.jpg編集部イベント・セミナー  天リフ超会議「ガチ天2021」を開催します! 参加お申し込みはこちらから! 梅雨の最中、人差し指のクリックがお財布を軽くする今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨の満月期といえば1年で最もリアル天文活動が停滞する季節。というわけで「天リフ超会議」です。6月は全国の「ガチ天体写真ファン」のための拡大版でお届けします。その名もずばり「ガチ天2021」。6月26日・27日の週末両日、15:00〜19:30までどっぷりと、日本各地の「本気のマニア」の熱いトークをお届けします! 今回の構成 これまでの「天リフ超会議」と同様、「ZOOM 会議によるプレゼンテーション」+「YouTubeの同時配信」です。今回は時間枠を拡大して、お一人の発表時間は30分、質疑は休憩含め最大15分、45分を一コマとして1日6名がご登壇です。 今回は、発表別に別のアーカイブに編集してYouTube公開します。ライブで通して視聴できなくても、後からゆっくり見たいプレゼンをたっぷり視聴いただくことが可能です。さらに、登壇されない方もZOOM会議に最大80名まで参加可能。質疑時間では直接登壇者様にご質問いただけます。 1日目のプログラム終了後には、ZOOM会議によるオンライン懇親会も実施。リアルでの交流に大きな制限のあるご時世ですが、あの方この方とじっくり親交を暖めてください! 登壇者様ご紹介(1日目) 津村光則さん 15:00〜 #天リフ超会議「ガチ天」。昭和から令和まで天文界を絶賛駆け抜け中の津村光則さんがトップバッター。1日目・26日(土)15:00〜のご登壇。テーマは「星をDeepに楽しむ」。天文趣味の原点を聴こう!https://t.co/oNfmN5ISuk pic.twitter.com/ZcDoTQSXqk — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion) June 22, 2021 昭和、平成、令和と3つの時代を走り続けた天文界・天体写真界のレジェンド、眼視も自作もなんでもやられるオールラウンダー津村師。今回はデジタルネイティブ世代に向けて、時代を超えた天体写真の魅力を語っていただきます。 Samさん 15:45〜 #天リフ超会議「ガチ天」。ほしぞloveログのSamさんは1日目・26日(土)15:45〜のご登壇。今回のテーマは「裏芸」の太陽Hα。ジャンク品を魔改造、性能アップのあれやこれや。お天気が良ければ太陽面生中継も!https://t.co/oNfmN5ISuk pic.twitter.com/vtDGfbccw5 — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion) June 20, 2021 電視観望をはじめとする多彩な活動をほしぞloveログで発信中のSamさんですが、今回はなんと「太陽Hα」でご登壇。お天気が良ければ、太陽面のライブ中継があるかも?!昼間でも遊べる「禁断の」太陽の世界をお楽しみに! こたろうさん 16:30〜 #天リフ超会議「ゴボ天」。大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会のこたろうさんは1日目・26日(土)16:30〜のご登壇。ガンコ親父が語る漢の道。そして「さんぷらざ・ちはる」の謎とは?!https://t.co/oNfmN5ISuk pic.twitter.com/fv9wNu42Rs — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion) June 20, 2021 「大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会」を率いる「こたろう将軍」。「天文のオンラインセミナーには『笑い』が足りない」とご参戦ですが「こんな危ない人を出して大丈夫か?!」と迷人会メンバーが全力で止めにかかったとの裏情報も。天文「漢道」を語っていただけるのかどうかは、天リフ編集長にもわかりません^^;;; HIROPONさん 17:15〜 #天リフ超会議「ガチ天」。東京23区枠の「紳士」HIROPONさんは1日目・26日(土)17:45〜のご登壇。都会で撮る「ノーマル」天体写真。星一つ見えなくても「ノーマル」。でもちょっとだけ「アブノーマル」・・・https://t.co/oNfmN5ISuk pic.twitter.com/c6b7WJU9RE — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion) June 20, 2021 東京23区枠、光害地でディープスカイを撮り続ける、本家・王道の「変態」。緻密な調査と考察が満載のブログはガチ界隈の定番。天リフ開設以来お世話になっている方ですが、実は天リフ編集長はまだ肉声をお聴きしたことがありません。動く「謎キャラ」の初登場です。 草野敬紀さん 18:00〜 #天リフ超会議「ガチ天」。佐賀天文協会の草野さんは1日目・26日(土)18:00〜のご登壇。M42を題材に、超解像&超階調の画像処理の解説です!https://t.co/oNfmN5ISuk pic.twitter.com/QuaXbvy6jt — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion) June 20, 2021 「2021年ビクセンオリジナルカレンダー」の表紙を飾った「M42」を撮影された草野さん。輝度差の大きな天体の階調を豊かに表現するHDR処理、元画像のディテールをとことん引き出すwavelet処理などについて、このM42の作例を元に語っていただきます。 星見屋 南口店長 18:45〜 #天リフ超会議「ガチ天」。星見屋・店長南口さんは1日目・26日(土)18:45〜スポンサー枠でのご登壇。販売店の立場ならではのオフアキシステム構築の注意点と、冷却CMOSカメラの「カメラに優しい」冷やし方のお話です!https://t.co/oNfmN5ISuk pic.twitter.com/Q0UuWpJ6gZ — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion) June 22, 2021 天文機材のオンラインショップを手がける星見屋の南口店長がスポンサー枠で登壇されます。オフアキシスガイドを導入する際に光学系のイメージサークルとセンサーのサイズを考慮しましょう、というお話と、冷却CMOSカメラを急速冷却すると結露するよ、それを避けるにはこうしましょうね、というノウハウ。販売店としての経験から「ユーザー様にぜひ再認識いただければ」との趣旨でのご登壇です。 登壇者様ご紹介(2日目) あぷらなーとさん 15:00〜 #天リフ超会議「ガチ天」。「ででん!」あぷらなーとさんは2日目・27日(日)15:00〜のご登壇。独自の着想と実装で弁別したCMOSカメラの各種ノイズの特性を明らかにし、その殲滅方法を解き明かします!https://t.co/oNfmN5rhCM pic.twitter.com/bBZw5VyO5h — 天リフ編集部 (@tenmonReflexion)...編集部発信のオリジナルコンテンツ