NHKラジオ第一の番組「すっぴん!」の「ギョーカイ大図鑑 天文業界」のコーナーに、星ナビ編集部の藤田陽美さんが出演されました。様々な「業界」からゲストを迎える、麒麟の川島明さんとアナウンサーの藤井彩子さんのトーク番組です。

「天文業界」何それ?みたいなスタート地点からのトークでしたが、藤田さんの聞きやすい語り、川島さんのトーク力と感性、ナビゲーション力に感心しました。音質のいい放送は声の表情が豊かで気持ちがいい。一般社会との関わりを再認識するという意味でも^^、天文ファン必聴です。全国放送ですので、全国からradicoからタイムフリー視聴が可能です。

詳細の内容は実際に聞いていただくとして、2つだけ内容をご紹介しておきましょう。

天文ファン5つの分類

星ナビ藤田さんによる5つの天文クラスタの細分化。

  1. 「とにかく星を見るのが楽しい」人。(見る天)
  2. 「星の写真を撮る」人。(撮る天)
  3. 「大きな望遠鏡や双眼鏡で星を見る」人(メカ天、ドブ天、見る天)
  4. 「宇宙開発や宇宙科学が好きな」人(ロケ天、学天)
  5. 「プラネタリウムが好きな」人(プラ天)

括弧内は編集子が勝手につけた略名ですが、「撮り鉄」「乗り鉄」みたいなうまいラベリングができて浸透すれば、一般社会との距離が少しは縮まるかもしれませんね。よいネーミングがあればぜひコメント下さい^^

星を見る人は「ロマンチストだけどロマンチックではない」