全国の天文ショップをお訪ねする「天文ショップ訪問」。
第13回は東京都中野区の「ケンコー・トキナーサービスショップ」です!

ケンコー・トキナーサービスショップ
https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/
取材時は「撮影体験コーナー」で火星大接近特集中。多数の天体望遠鏡と天文機材が陳列されていました。

ケンコー・トキナーサービスショップとは

直営のショールーム・ショップ・サポート拠点

ケンコー・トキナーサービスショップ
https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/
https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/

今回訪問した「ケンコー・トキナーサービスショップ」は、これまでご紹介してきた「天文ショップ」とはかなり立ち位置が異なります。カメラ用フィルターや天体望遠鏡、交換レンズをはじめ、様々なカメラ関連製品を扱うケンコー・トキナー社直営の「ショールーム」であり「販売店」であり、それだけなく様々な機能を併せ持った「サービスショップ」。

100ブランド、3000点を超える商品の数々

ケンコー・トキナーHP/取り扱いブランド
https://www.kenko-tokina.co.jp/about/brand.html
https://www.kenko-tokina.co.jp/about/brand.html

 

「ケンコー・トキナーサービスショップ」では、100以上のブランドを扱う「写真用品の総合商社」でもあるケンコー・トキナー社の、3000以上のアイテムが展示され、それらを実際に手にとって見ることができ、買うこともできます。

天体望遠鏡・天文関連製品

店舗入り口の天体望遠鏡の砲列

ミードの「大砲」から、スカイエクスプローラシリーズまでがずらり。

2階のショールームの入り口。吹き抜けを取り巻くように大砲クラスから入門クラスまでの望遠鏡がお出迎え。

青い鏡筒の「ミード」ブランドの天体望遠鏡は、「スカイエクスプローラー」シリーズと並んで、ケンコー・トキナー社の扱う有力天体望遠鏡ブランドの一つ。

折しも火星大接近

取材にお伺いしたのは、火星大接近を間近に控えた7月の中旬。ショールームの「撮影体験コーナー」は火星大接近特集モード^^(*) 大きくて読みやすい解説パネルがずらり。ケンコー・トキナーさんは天文ファン開拓にも大きな力を入れていらっしゃいます。

(*)記事を書くのが遅くなって申し訳ありません・・・m(_ _)m

フリーストップ式の経緯台「SE-AZ5」

こちらはこの夏に発売されたフリーストップ式新型経緯台、SE-AZ5。ポルタII同様に大きなフォークで太めの鏡筒でも装着可能。写真は口径102mmの屈折鏡筒とのセットですが、天の川流しにも良さげなスペック。

ケンコー・トキナーオンラインショップ・スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き
https://shop.kenko-tokina.co.jp/products/detail/4961607466049

フルラインナップの天体望遠鏡

ミード・スカイエクスプローラの2ブランドで、経緯台から自動導入赤道儀、小口径屈折から大口径反射まで、望遠鏡のラインナップをフルにカバーしています。初めて天体望遠鏡に興味を持った方にとっても、このショールームに来れば一通りの製品を眼にして実際に触れることができるでしょう。

スカイメモシリーズ

ケンコー・トキナー 自動追尾赤道儀スカイメモ
https://www.kenko-tokina.co.jp/optics/sky_memo/

愛用者の多い老舗ブランド、スカイメモ。RS、S、Tと性格の異なる3つのラインナップが。また、右奥に見えるのはスリックブランドのASTRA(アストラ)ECH -630。タイムラプス用のターンテーブルと赤道儀を兼ねた製品。

写真機材・写真用品

フィルター


ケンコーといえばフィルター。あらゆる用途、あらゆるサイズのフィルターが揃っているといます(*)。この棚はその一部。天体用の光害カットフィルターももちろんあります。

(*)全商品アイテムがショールームにあるわけではありません。

最近はレンズの前に角形のフィルターをホルダーを使用して装着することも一般的になっています。こちらはCokinの角形フィルター。上下で色や濃さの異なるハーフグラデーションや、中心と周辺で異なるハーフスポットなど多彩。

カメラレンズなど光学製品

トキナー
http://www.tokina.co.jp

社名にも入っている「トキナー」の交換レンズ群。高性能なズームレンズを中心にラインナップしています。

ケンコー・トキナー レンズレンタルサービス
https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/

ユニークなサービスが「レンズレンタル」。2泊3日でなんと全モデル一律540円(*)。

(*)シネマレンズは対象外。要会員登録。詳細はHPでご確認を。

こちらは一押し商品の陳列棚。サムヤンの明るい広角レンズXP 14mmF2.4XP50mmF1.2、レンズベビーなどなど。

サムヤン・写真レンズ
https://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/camera-lens/samyang/photo/
サムヤンXP50mm F1.2  F1.2解放 1/500秒 ISI1600

この画像は、5月18日発売の超明るい50mmレンズ、サムヤンXP50mm F1.2 をお借りしショールーム内で撮影したもの。被写体はXP 14mmF2.4。さすが解放F1.2、ボケがとろけてます^^

 

こちらはSONY Eマウント用の明るい広角レンズ、FiRIN 20mmF2 FE AF。重量490gとコンパクト、11群13枚の高性能設計。

MILTOL ミラーレンズ400mm F8
https://www.kenko-tokina.co.jp/optics/miltol/miltollens/4961607418901.html

こちらはちょっと変わり種。「MIL TOL」シリーズの400mmF8の反射望遠レンズ。カメラレンズとしても、プリズムやアイピースを付けて望遠鏡にもなります。

 

ケンコー・トキナー 双眼鏡
https://www.kenko-tokina.co.jp/optics/binoculars.html

双眼鏡も多数。観劇・スポーツ観戦向けの小型のものから、天体用の本格的なものまで。

さまざまな写真用品

スリック株式会社
http://www.slik.co.jp

三脚のスリック(SLIK)もケンコー・トキナーグループ。大小様々な製品が展示されています。まったく初めて三脚を選ぶような場合、量販店に行くと種類が多すぎて訳がわからなくなってしまいます(経験者語る)。

このショールームのようにブランドが絞られている方が「三脚とは何ぞや」の全体像を掴むのにはいいかもしれません。

ハイエンドなストロボ、雲台、シネマレンズなど。量販店には置いていないようなプロ用機材も揃っています。

おお、これが本家「アルカスイス」かっ!恥ずかしながら、互換品に染まった編集子は「互換でないホンモノのアルカスイス」をまとまって見るのは初めてでした^^

tamrac(タムラック)AOSTA(アオスタ)などカメラバッグいろいろ。

他にも、写真に必要なグッズは全方位、一式揃っています。ケンコー・トキナー指名で見に来るも良し、「カメラ用品ってどんなのがあるの?」という初心者にもオススメできると思います。

セミナーや講習会など

去る8月11日に行われた、山田久美夫写真教室特別講座「星空を撮ろう!」 定期的に天文関係のイベントも実施されています。
ケンコー・トキナーサービスショップ イベントカレンダー
https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/event/

ケンコー・トキナーサービスショップで扱うのは「モノ」だけではありません。専門家を講師に迎えた様々な講習会、セミナーなどが定常的に実施されています。

サービスショップ内の「ミニギャラリー」では、写真展も行われています。この日は、地元「中野会」有志による「なかののなかの写真展」が開催中(*)。

(*)実は編集子が就職して上京し初めて住んだ街が中野でした。ガード下、サンプラザ、JR線の壁のペイントなど、懐かしいものや新しいものに再会^^

ケンコー・トキナー・オンラインショップ

最後に一つ。ケンコー・トキナー直営のネットショップをご紹介しておきましょう。

ケンコー・トキナーオンラインショップ
https://shop.kenko-tokina.co.jp
https://shop.kenko-tokina.co.jp

ケンコー・トキナー社で取り扱う製品のほとんどが購入可能。特集コンテンツも充実、天文濃度も高め。

ケンコー・トキナーオンラインショップ アウトレット
https://ec1.kenko-web.jp

そして知る人ぞ知るのが、アウトレットショップ。時折出てくる「ジャンク品」を天文マニアはひそかにチェックしているとの噂。実は編集子は3年ほど前にスカイメモRSをここで格安で^^買いました。ただし全て自己責任でどうぞ^^;;

アクセス

「KT中野ビル」はケンコー・トキナー社の本社が入っています。ショールームは2階。

ケンコー・トキナーサービスショップの地図。JR中野駅北口から徒歩7分、西武新宿線新井薬師前駅 徒歩15分。駐車場なし。

店舗内の360度VRもGoogle Mapで公開されています。

(定休日/年末年始、夏季休暇、GW:イベント開催日はオープン)
営業:11:00〜19:00

まとめ

店長の森田さん。カメラ・レンズ・天文機材だけでなく「写真」にかかわる機材に全方位的に精通されているのがケンコー・トキナーサービスショップの特徴。

いかがでしたか?ケンコー・トキナーサービスショップは「写真」と「天文」にかかわる広い分野の製品を取りそろえ、商品を見る・買うだけでなく、サポート・セミナー・講習会などさまざまなアクティビティを提供している、他にはない充実した「フォトライフの殿堂」でした!

もうひとつ・・・中野といえば「中古カメラ」。カメラマニアの殿堂「フジヤカメラ」さんもすぐ近くにあります。両方をハシゴすれば・・楽しい1日になること、請け合いです。

中野に出かけたら天文ショップ、天文ショップなら中野のケンコー・トキナーサービスショップをぜひ訪ねたいものですね!

フォトギャラリー


※本記事はケンコー・トキナーサービスショップ様に取材協力いただき、天文リフレクションズ編集部が独自に制作したものです。出典のない写真は編集部で撮影したものです。
また本記事に掲載した情報は取材時(2018/7/12)・執筆時のものです。

・文中の会社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。

 

http://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2018/09/6f15011ff5a5c3f5ae8c258aacc66ebf-1024x683.jpghttp://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2018/09/6f15011ff5a5c3f5ae8c258aacc66ebf-150x150.jpg編集部天文ショップ訪問全国の天文ショップをお訪ねする「天文ショップ訪問」。 第13回は東京都中野区の「ケンコー・トキナーサービスショップ」です! ケンコー・トキナーサービスショップ https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/ ケンコー・トキナーサービスショップとは 直営のショールーム・ショップ・サポート拠点 ケンコー・トキナーサービスショップ https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/ 今回訪問した「ケンコー・トキナーサービスショップ」は、これまでご紹介してきた「天文ショップ」とはかなり立ち位置が異なります。カメラ用フィルターや天体望遠鏡、交換レンズをはじめ、様々なカメラ関連製品を扱うケンコー・トキナー社直営の「ショールーム」であり「販売店」であり、それだけなく様々な機能を併せ持った「サービスショップ」。 100ブランド、3000点を超える商品の数々 ケンコー・トキナーHP/取り扱いブランド https://www.kenko-tokina.co.jp/about/brand.html   「ケンコー・トキナーサービスショップ」では、100以上のブランドを扱う「写真用品の総合商社」でもあるケンコー・トキナー社の、3000以上のアイテムが展示され、それらを実際に手にとって見ることができ、買うこともできます。 天体望遠鏡・天文関連製品 店舗入り口の天体望遠鏡の砲列 2階のショールームの入り口。吹き抜けを取り巻くように大砲クラスから入門クラスまでの望遠鏡がお出迎え。 青い鏡筒の「ミード」ブランドの天体望遠鏡は、「スカイエクスプローラー」シリーズと並んで、ケンコー・トキナー社の扱う有力天体望遠鏡ブランドの一つ。 折しも火星大接近 取材にお伺いしたのは、火星大接近を間近に控えた7月の中旬。ショールームの「撮影体験コーナー」は火星大接近特集モード^^(*) 大きくて読みやすい解説パネルがずらり。ケンコー・トキナーさんは天文ファン開拓にも大きな力を入れていらっしゃいます。 (*)記事を書くのが遅くなって申し訳ありません・・・m(_ _)m フリーストップ式の経緯台「SE-AZ5」 こちらはこの夏に発売されたフリーストップ式新型経緯台、SE-AZ5。ポルタII同様に大きなフォークで太めの鏡筒でも装着可能。写真は口径102mmの屈折鏡筒とのセットですが、天の川流しにも良さげなスペック。 ケンコー・トキナーオンラインショップ・スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き https://shop.kenko-tokina.co.jp/products/detail/4961607466049 フルラインナップの天体望遠鏡 ミード・スカイエクスプローラの2ブランドで、経緯台から自動導入赤道儀、小口径屈折から大口径反射まで、望遠鏡のラインナップをフルにカバーしています。初めて天体望遠鏡に興味を持った方にとっても、このショールームに来れば一通りの製品を眼にして実際に触れることができるでしょう。 スカイメモシリーズ ケンコー・トキナー 自動追尾赤道儀スカイメモ https://www.kenko-tokina.co.jp/optics/sky_memo/ 愛用者の多い老舗ブランド、スカイメモ。RS、S、Tと性格の異なる3つのラインナップが。また、右奥に見えるのはスリックブランドのASTRA(アストラ)ECH -630。タイムラプス用のターンテーブルと赤道儀を兼ねた製品。 写真機材・写真用品 フィルター ケンコーといえばフィルター。あらゆる用途、あらゆるサイズのフィルターが揃っているといます(*)。この棚はその一部。天体用の光害カットフィルターももちろんあります。 (*)全商品アイテムがショールームにあるわけではありません。 最近はレンズの前に角形のフィルターをホルダーを使用して装着することも一般的になっています。こちらはCokinの角形フィルター。上下で色や濃さの異なるハーフグラデーションや、中心と周辺で異なるハーフスポットなど多彩。 カメラレンズなど光学製品 トキナー http://www.tokina.co.jp 社名にも入っている「トキナー」の交換レンズ群。高性能なズームレンズを中心にラインナップしています。 ケンコー・トキナー レンズレンタルサービス https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/ ユニークなサービスが「レンズレンタル」。2泊3日でなんと全モデル一律540円(*)。 (*)シネマレンズは対象外。要会員登録。詳細はHPでご確認を。 こちらは一押し商品の陳列棚。サムヤンの明るい広角レンズXP 14mmF2.4やXP50mmF1.2、レンズベビーなどなど。 サムヤン・写真レンズ https://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/camera-lens/samyang/photo/ この画像は、5月18日発売の超明るい50mmレンズ、サムヤンXP50mm F1.2 をお借りしショールーム内で撮影したもの。被写体はXP 14mmF2.4。さすが解放F1.2、ボケがとろけてます^^   こちらはSONY Eマウント用の明るい広角レンズ、FiRIN 20mmF2 FE AF。重量490gとコンパクト、11群13枚の高性能設計。 MILTOL ミラーレンズ400mm F8 https://www.kenko-tokina.co.jp/optics/miltol/miltollens/4961607418901.html こちらはちょっと変わり種。「MIL TOL」シリーズの400mmF8の反射望遠レンズ。カメラレンズとしても、プリズムやアイピースを付けて望遠鏡にもなります。   ケンコー・トキナー 双眼鏡 https://www.kenko-tokina.co.jp/optics/binoculars.html 双眼鏡も多数。観劇・スポーツ観戦向けの小型のものから、天体用の本格的なものまで。 さまざまな写真用品 スリック株式会社 http://www.slik.co.jp 三脚のスリック(SLIK)もケンコー・トキナーグループ。大小様々な製品が展示されています。まったく初めて三脚を選ぶような場合、量販店に行くと種類が多すぎて訳がわからなくなってしまいます(経験者語る)。 このショールームのようにブランドが絞られている方が「三脚とは何ぞや」の全体像を掴むのにはいいかもしれません。 ハイエンドなストロボ、雲台、シネマレンズなど。量販店には置いていないようなプロ用機材も揃っています。 おお、これが本家「アルカスイス」かっ!恥ずかしながら、互換品に染まった編集子は「互換でないホンモノのアルカスイス」をまとまって見るのは初めてでした^^ tamrac(タムラック)、AOSTA(アオスタ)などカメラバッグいろいろ。 他にも、写真に必要なグッズは全方位、一式揃っています。ケンコー・トキナー指名で見に来るも良し、「カメラ用品ってどんなのがあるの?」という初心者にもオススメできると思います。 セミナーや講習会など ケンコー・トキナーサービスショップ イベントカレンダー https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/event/ ケンコー・トキナーサービスショップで扱うのは「モノ」だけではありません。専門家を講師に迎えた様々な講習会、セミナーなどが定常的に実施されています。 サービスショップ内の「ミニギャラリー」では、写真展も行われています。この日は、地元「中野会」有志による「なかののなかの写真展」が開催中(*)。 (*)実は編集子が就職して上京し初めて住んだ街が中野でした。ガード下、サンプラザ、JR線の壁のペイントなど、懐かしいものや新しいものに再会^^ ケンコー・トキナー・オンラインショップ 最後に一つ。ケンコー・トキナー直営のネットショップをご紹介しておきましょう。 ケンコー・トキナーオンラインショップ https://shop.kenko-tokina.co.jp ケンコー・トキナー社で取り扱う製品のほとんどが購入可能。特集コンテンツも充実、天文濃度も高め。 ケンコー・トキナーオンラインショップ アウトレット https://ec1.kenko-web.jp そして知る人ぞ知るのが、アウトレットショップ。時折出てくる「ジャンク品」を天文マニアはひそかにチェックしているとの噂。実は編集子は3年ほど前にスカイメモRSをここで格安で^^買いました。ただし全て自己責任でどうぞ^^;; アクセス ケンコー・トキナーサービスショップの地図。JR中野駅北口から徒歩7分、西武新宿線新井薬師前駅 徒歩15分。駐車場なし。 店舗内の360度VRもGoogle Mapで公開されています。 (定休日/年末年始、夏季休暇、GW:イベント開催日はオープン) 営業:11:00〜19:00 まとめ いかがでしたか?ケンコー・トキナーサービスショップは「写真」と「天文」にかかわる広い分野の製品を取りそろえ、商品を見る・買うだけでなく、サポート・セミナー・講習会などさまざまなアクティビティを提供している、他にはない充実した「フォトライフの殿堂」でした! もうひとつ・・・中野といえば「中古カメラ」。カメラマニアの殿堂「フジヤカメラ」さんもすぐ近くにあります。両方をハシゴすれば・・楽しい1日になること、請け合いです。 中野に出かけたら天文ショップ、天文ショップなら中野のケンコー・トキナーサービスショップをぜひ訪ねたいものですね! フォトギャラリー ※本記事はケンコー・トキナーサービスショップ様に取材協力いただき、天文リフレクションズ編集部が独自に制作したものです。出典のない写真は編集部で撮影したものです。 また本記事に掲載した情報は取材時(2018/7/12)・執筆時のものです。 ・文中の会社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。  編集部発信のオリジナルコンテンツ