Twitterアカウント「毎日宇宙」からのご紹介。

画像は、探査機カッシーニによる、土星の北極の六角形模様の変化の様子。土星の夏至前後に相当する、2013年6月から2017年4月までのものです。

ツイートの元記事はこちら。(英語)
NASA
https://www.nasa.gov/feature/jpl/cassini-looks-on-as-solstice-arrives-at-saturn

探査機カッシーニは2004年に土星に到着して13年。
その間、継続的に行われた観測の中で、様々な「季節変化」が捉えられたとのことです。

編集部サイエンスTwitterアカウント「毎日宇宙」からのご紹介。 これは面白い発見!土星の北極付近にある六角形の渦のような領域は、季節によって色が変わると。大気の成分が季節変化するのかな。土星は公転周期が約30年と長く、季節変化を観測するのは大変なのですが、長生きのカッシーニ探査機、素晴らしいです→https://t.co/Xi9pvIQi0q pic.twitter.com/bXlOGM58VS — 毎日宇宙 (@mainichi_cosmos) 2017年5月25日 画像は、探査機カッシーニによる、土星の北極の六角形模様の変化の様子。土星の夏至前後に相当する、2013年6月から2017年4月までのものです。 ツイートの元記事はこちら。(英語) NASA https://www.nasa.gov/feature/jpl/cassini-looks-on-as-solstice-arrives-at-saturn 探査機カッシーニは2004年に土星に到着して13年。 その間、継続的に行われた観測の中で、様々な「季節変化」が捉えられたとのことです。編集部発信のオリジナルコンテンツ