アストロアーツHPで、星ナビ2019年9月号の内容が告知されています。発売は8月5日月曜日です。

今月の内容は!?

いよいよ夏のイベントシーズン到来。星まつりも夏から秋にかけて各地で開催されます。特別付録の「夏から秋の星空&星まつり」では、ペルセウス座流星群から中秋の名月までたっぷり紹介します。特集の「使って楽しい星のスマホアプリ」でこの夏は充実の星見ライフを楽しみましょう。

アストロアーツ・月刊星ナビ 2019年9月号
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10763_hoshinavi

■表紙

友澤敬一さんによる7月2日(現地時間)に起こった南米での皆既日食連続写真です。ラ・セレナの記念灯台と、海岸に集まる人々が印象的です。ニュースウォッチで南米皆既日食報告記事を掲載しています。

7月2日の南米日食。各地で好天に恵まれ、また南米の透明な空気の中、地平高度が低いにもかかわらず美しいコロナと素晴らしい「日食劇場」が満喫できたようです。この人だかり・・・すごいですね。自分なら、海に浮かんでコロナを眺めたり、水中から皆既の太陽を撮ってみたくなりますね^^

■綴じ込み特別付録「夏から秋の星空&星まつり」

夏から秋にかけての天文現象を網羅した、1週間で1ページ形式のダイアリーです。天文に関する基礎用語や星まつりなどの楽しみ方も紹介しています。天体写真初心者におすすめの一冊です。

2015年からほぼ夏の恒例となっている企画。8月から10月までの10週間、日々の天文現象とイベントの「ダイアリー」形式にまとめたビジュアルな小冊子(16ページ)です。

こちらは9月の第1、2週の見開き。「初めて天文雑誌を買った」「毎日でも星空を眺めたい」というフレッシュな読者には、こういう日々のトピックとtipsの情報はありがたいものです。

天文雑誌には毎号「今月の星空」「今月の天文現象」のようなお約束的なガイドが掲載されています(星ナビ8月号は9ページ)。その内容とある意味(というか大きく)かぶりますし、経験の長いベテランにとっては読み流してしまうような情報かもしれませんが、逆に改めて「こよみ」としての天文界の「季節感」とベーシックな天文現象を見直してみるよい機会かもしれません。

■使って楽しい星のスマホアプリ 室内篇(構成・紹介/中野太郎)

室内で「見て楽しめる」天文・宇宙アプリを紹介します。アプリで星座や天文現象を探したり最新の天文学を学んだり。アプリで「手のひらの上の宇宙」を楽しんでみませんか。

2018年12月号の「星のスマホアプリ」の続篇。今回は野外でのツールだけではなく、室内だけでも「見て楽しめる」アプリが中心。

定番の星空・星図アプリに加えて「ビジュアルな月球儀(Moon Globe)」「太陽の表面を歩き回ってみる(国立天文台 太陽回遊VR)」「3D地球版お天気アプリ(Living Earth)」「天文宇宙検定公式問題集」「古典的星座早見をそのままアプリ化したもの(星座早見)」「重力波イベントを通知してくれるアプリ(Gravitional Wave Events)」「NASAのAPODを鑑賞するアプリ」など、8ページを割いた充実した内容。これは面白い!的なアプリの情報が満載です。

■国境を超えたサイエンス IAU発足100年(解説/小林仁美)

1919年7月28日の発足から100年、国際天文学連合(IAU)では「Under One Sky(ひとつの空の下)」のスローガンのもと、各所でイベントを行っています。2006年の「惑星の定義」決定など、天文学で重要なことを決定する組織だと知られていますが、実際にIAUではどのような活動をしているのでしょうか。

アポロ月着陸から50年、「国際天文連合(IAU)」は発足100年を迎えました。名前は知っていても実体を知らない方は筆者も含め多いのではないでしょうか?人口100万人あたりのIAU会員数は「約4.5名」。これは日本の人口100万人当たりの国会議員数約5.7人よりもやや少ないくらいです。

そんなごく狭い世界ですが、その歴史と現在の活動についての淡々としながらも鋭い視点からの解説です。情報化社会の中で「国際学会」が持つ意義も今後は変容していくのでしょうか。

◎広告ピックアップ

■モンゴル「星空」ゲル・キャンプツアー

ほんと、くどくてすみません^^

ワイルドナビゲーション社の「モンゴル「星空」ゲル・キャンプツアー」の広告が今月も掲載されています。9/1〜7日、9/21〜25日のコースにはまだ空きがあるようです。ぜひふるってご参加ください!1〜7日のツアーには「天リフ編集長」のエスコート付です!(必死だな・・・)

「星空」ゲル・キャンプツアー2019 in モンゴルのご案内

◎天リフ独断ピックアップ

■「恋する小惑星(アステロイド)」News Watch(P10)より

月刊誌に連載中の同名作が、来年1月にテレビアニメ化されるそうです。

星空関連の作り込みが超本格的であることにも感嘆の声が上がっているようです。放送が楽しみですね!

■由女(ゆめ)のゆるゆる星空レポ「プラネタリウムでHappy Wedding」

こ、これは・・・現役プラネタリアンの新婦、貸し切りドーム内で結婚式。星空の下で指輪交換、花嫁自らが星空案内。

筆者は次の結婚式はもうないのですがw生まれ変わったら検討してみたいと思います!

■ネットよ今夜もありがとう

今月はたっくんさんの「たっくんのブログ」とmikunicalさんの「Miku-nical-宇宙館-つかさの星の部屋」です。どちらも筆者は初見。

たっくんさんは、2014年のラブジョイ彗星をきっかけに天体撮影を始められたそうです。アーカイブを拝見すると、記事数は決して多くはないながらも安定したペースで活動されているようで、おなじ頃におなじような形で始めた筆者の眼から見ると「そうそう!」と同意することが多数。「明日も普通に仕事というのに、夜更かしをしてしまいました」とか^^;;

mikunicalさんはリアルでは何度もお会いしている方なのですが、こんなHPを持たれているとはノーチェックでした。20年の歴史と情報が詰まったホームページです。「最近は細々と続けています」とのことですが、ぜひブログもいかがでしょうか?!

星ナビギャラリー

「今月のトップページにはユニークな星景写真を掲載しました」とのことで、意欲的な作品が並んでいます。先々月号のトップ下メッセージで「星景系でも目を引きつけるような作品を期待しています」と書かれたことに読者が反応されたのでしょうか!?

個人的イチオシはトップ下!今回初めてイチオシが一致したかも!?草を照らす一匹の蛍と玉ボケのさそりと木星。蛙の鳴き声も聞こえてきそうなステキな風景です。

■Deepな天体写真「都会で星雲を撮る2」(画像・解説/根本泰人)

都会での星雲撮影といっても、輝線を選択的に透過するQBPフィルターを使用する以外、光害の少ない遠征地での一般的な撮影方法と変わりません。しかし、光害のひどい都会の空ならではの特別な苦労があります。都市部ならではの諸問題にどう対処しているかを解説します。

アポロ関係の特集が続いたせい?で2号お休みだった「Deepな天体写真」ですが今月号は復活。

天体写真の基本技術〜機材の設置・導入・ピント合わせ・カメラの設定・露出とコマ数・ディザリング・ダーク/バイアス/フラットなど〜が、「都会での撮影」の文脈で解説されています。

■「太陽系の歴史」を手に入れた!第2回着陸成功(報告/中野太郎)

7月11日に「はやぶさ2」の第2回タッチダウンは無事成功し、「リュウグウ」の地下物質のサンプル採取にも成功したとみられます。しかし、成功の裏には再び降りることへの葛藤がありました。「100点満点中1000点」のミッションの裏側と、興奮に包まれたタッチダウン当日の様子をお伝えします。

大成功の第2回タッチダウン。「きちんとした技術はドラマにならない」。カッコイイですねえ。一度でいいからそんな風に言ってみたいものです^^

次はいよいよ来年末に予定されている地球への帰還。「他の国では20年は行われないのではないか」という貴重なサンプルが、どんな成果をもたらすか楽しみですね。

まとめ

いかがでしたか?
毎日暑い日が続きますが、星ナビ9月号のダイアリーが終わる頃には次の秋がやってきます。体調に気を付けて、夏を思いっきり楽しんでくださいね!

そんな中でも毎日一度は天文リフレクションズ。そして毎月5日は天文雑誌!9月号も楽しみですね!

 

アストロアーツ・月刊星ナビ 2019年9月号
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10763_hoshinavi


※アストロアーツ様より告知文・内容サンプル画像の転載許可をいただいています。

天文ガイドも合わせて読みたいですね!!

http://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2019/08/710QIkNSfOL-776x1024.jpghttp://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2019/08/710QIkNSfOL-150x150.jpg編集部新着星ナビ最新情報アストロアーツHPで、星ナビ2019年9月号の内容が告知されています。発売は8月5日月曜日です。 今月の内容は!? いよいよ夏のイベントシーズン到来。星まつりも夏から秋にかけて各地で開催されます。特別付録の「夏から秋の星空&星まつり」では、ペルセウス座流星群から中秋の名月までたっぷり紹介します。特集の「使って楽しい星のスマホアプリ」でこの夏は充実の星見ライフを楽しみましょう。 アストロアーツ・月刊星ナビ 2019年9月号 http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10763_hoshinavi ■表紙 7月2日の南米日食。各地で好天に恵まれ、また南米の透明な空気の中、地平高度が低いにもかかわらず美しいコロナと素晴らしい「日食劇場」が満喫できたようです。この人だかり・・・すごいですね。自分なら、海に浮かんでコロナを眺めたり、水中から皆既の太陽を撮ってみたくなりますね^^ ■綴じ込み特別付録「夏から秋の星空&星まつり」 2015年からほぼ夏の恒例となっている企画。8月から10月までの10週間、日々の天文現象とイベントの「ダイアリー」形式にまとめたビジュアルな小冊子(16ページ)です。 こちらは9月の第1、2週の見開き。「初めて天文雑誌を買った」「毎日でも星空を眺めたい」というフレッシュな読者には、こういう日々のトピックとtipsの情報はありがたいものです。 天文雑誌には毎号「今月の星空」「今月の天文現象」のようなお約束的なガイドが掲載されています(星ナビ8月号は9ページ)。その内容とある意味(というか大きく)かぶりますし、経験の長いベテランにとっては読み流してしまうような情報かもしれませんが、逆に改めて「こよみ」としての天文界の「季節感」とベーシックな天文現象を見直してみるよい機会かもしれません。 ■使って楽しい星のスマホアプリ 室内篇(構成・紹介/中野太郎) 2018年12月号の「星のスマホアプリ」の続篇。今回は野外でのツールだけではなく、室内だけでも「見て楽しめる」アプリが中心。 定番の星空・星図アプリに加えて「ビジュアルな月球儀(Moon Globe)」「太陽の表面を歩き回ってみる(国立天文台 太陽回遊VR)」「3D地球版お天気アプリ(Living Earth)」「天文宇宙検定公式問題集」「古典的星座早見をそのままアプリ化したもの(星座早見)」「重力波イベントを通知してくれるアプリ(Gravitional Wave Events)」「NASAのAPODを鑑賞するアプリ」など、8ページを割いた充実した内容。これは面白い!的なアプリの情報が満載です。 ■国境を超えたサイエンス IAU発足100年(解説/小林仁美) アポロ月着陸から50年、「国際天文連合(IAU)」は発足100年を迎えました。名前は知っていても実体を知らない方は筆者も含め多いのではないでしょうか?人口100万人あたりのIAU会員数は「約4.5名」。これは日本の人口100万人当たりの国会議員数約5.7人よりもやや少ないくらいです。 そんなごく狭い世界ですが、その歴史と現在の活動についての淡々としながらも鋭い視点からの解説です。情報化社会の中で「国際学会」が持つ意義も今後は変容していくのでしょうか。 ◎広告ピックアップ ■モンゴル「星空」ゲル・キャンプツアー ほんと、くどくてすみません^^ ワイルドナビゲーション社の「モンゴル「星空」ゲル・キャンプツアー」の広告が今月も掲載されています。9/1〜7日、9/21〜25日のコースにはまだ空きがあるようです。ぜひふるってご参加ください!1〜7日のツアーには「天リフ編集長」のエスコート付です!(必死だな・・・) http://reflexions.jp/tenref/orig/2019/05/25/8723/ ◎天リフ独断ピックアップ ■「恋する小惑星(アステロイド)」News Watch(P10)より 月刊誌に連載中の同名作が、来年1月にテレビアニメ化されるそうです。 「恋する小惑星」のティザービジュアルが素敵過ぎたので同じ構図で撮影してみた🌠 アニメ本当に楽しみ😊#koias #恋アス pic.twitter.com/rQ3xEZYdad — うささ (@usasa_moon) July 28, 2019 星空関連の作り込みが超本格的であることにも感嘆の声が上がっているようです。放送が楽しみですね! ■由女(ゆめ)のゆるゆる星空レポ「プラネタリウムでHappy Wedding」 こ、これは・・・現役プラネタリアンの新婦、貸し切りドーム内で結婚式。星空の下で指輪交換、花嫁自らが星空案内。 筆者は次の結婚式はもうないのですがw生まれ変わったら検討してみたいと思います! ■ネットよ今夜もありがとう 今月はたっくんさんの「たっくんのブログ」とmikunicalさんの「Miku-nical-宇宙館-つかさの星の部屋」です。どちらも筆者は初見。 たっくんさんは、2014年のラブジョイ彗星をきっかけに天体撮影を始められたそうです。アーカイブを拝見すると、記事数は決して多くはないながらも安定したペースで活動されているようで、おなじ頃におなじような形で始めた筆者の眼から見ると「そうそう!」と同意することが多数。「明日も普通に仕事というのに、夜更かしをしてしまいました」とか^^;; mikunicalさんはリアルでは何度もお会いしている方なのですが、こんなHPを持たれているとはノーチェックでした。20年の歴史と情報が詰まったホームページです。「最近は細々と続けています」とのことですが、ぜひブログもいかがでしょうか?! 星ナビギャラリー 「今月のトップページにはユニークな星景写真を掲載しました」とのことで、意欲的な作品が並んでいます。先々月号のトップ下メッセージで「星景系でも目を引きつけるような作品を期待しています」と書かれたことに読者が反応されたのでしょうか!? 個人的イチオシはトップ下!今回初めてイチオシが一致したかも!?草を照らす一匹の蛍と玉ボケのさそりと木星。蛙の鳴き声も聞こえてきそうなステキな風景です。 ■Deepな天体写真「都会で星雲を撮る2」(画像・解説/根本泰人) アポロ関係の特集が続いたせい?で2号お休みだった「Deepな天体写真」ですが今月号は復活。 天体写真の基本技術〜機材の設置・導入・ピント合わせ・カメラの設定・露出とコマ数・ディザリング・ダーク/バイアス/フラットなど〜が、「都会での撮影」の文脈で解説されています。 ■「太陽系の歴史」を手に入れた!第2回着陸成功(報告/中野太郎) 大成功の第2回タッチダウン。「きちんとした技術はドラマにならない」。カッコイイですねえ。一度でいいからそんな風に言ってみたいものです^^ 次はいよいよ来年末に予定されている地球への帰還。「他の国では20年は行われないのではないか」という貴重なサンプルが、どんな成果をもたらすか楽しみですね。 まとめ いかがでしたか? 毎日暑い日が続きますが、星ナビ9月号のダイアリーが終わる頃には次の秋がやってきます。体調に気を付けて、夏を思いっきり楽しんでくださいね! そんな中でも毎日一度は天文リフレクションズ。そして毎月5日は天文雑誌!9月号も楽しみですね!   アストロアーツ・月刊星ナビ 2019年9月号 http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10763_hoshinavi ※アストロアーツ様より告知文・内容サンプル画像の転載許可をいただいています。 天文ガイドも合わせて読みたいですね!!編集部発信のオリジナルコンテンツ