「トリセツ」様での天体写真入門講座の連載第3回がアップされています!

今回の記事の内容

クリックで「トリセツ」連載記事にジャンプします。

天体写真の敷居を高くしている最大の理由は被写体の暗さ
それならば、まず明るい被写体で練習しよう、というのがねらい。チャンスさえうまくとらえれば、月のある風景はある程度カメラ任せにできる被写体です。

どんなときに月のある風景が絵になるのか、撮りやすいのかをまとめてみました!入門者にはちょっと難しい概念である「月齢」「薄明」とその調べ方についても触れています!

まさに今日から、月と木星を撮るチャンス!

クリックで「トリセツ」連載記事にジャンプします。

ちょうど今日から3日間ほどの間、夕空で木星と細い月が接近しています。「撮影方法」の解説は次回なのですが^^;; ぜひ撮影にチャレンジしてみてください!

ハッシュタグ#天体撮影のトリセツ

Twitterに投稿されたハッシュタグ「#天体撮影のトリセツ」で記事に対するご質問・ご感想をお待ちしています!もれなくリプライさせていただきます。
また、画像を添えていただければアドバイスもさせていただきます!

 

引き続き、「天体撮影のトリセツ」をよろしくお願いいたします!

amazon_ad_tag =”reflexionsjp-22″; amazon_ad_width =”300″; amazon_ad_height =”250″; amazon_ad_price =”retail”;

http://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2017/08/ogp-1024x538.jpghttp://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2017/08/ogp-150x150.jpg編集部天文Joy!天体撮影のトリセツ「トリセツ」様での天体写真入門講座の連載第3回がアップされています! 今回の記事の内容 クリックで「トリセツ」連載記事にジャンプします。 天体写真の敷居を高くしている最大の理由は被写体の暗さ。 それならば、まず明るい被写体で練習しよう、というのがねらい。チャンスさえうまくとらえれば、月のある風景はある程度カメラ任せにできる被写体です。 どんなときに月のある風景が絵になるのか、撮りやすいのかをまとめてみました!入門者にはちょっと難しい概念である「月齢」「薄明」とその調べ方についても触れています! まさに今日から、月と木星を撮るチャンス! クリックで「トリセツ」連載記事にジャンプします。 ちょうど今日から3日間ほどの間、夕空で木星と細い月が接近しています。「撮影方法」の解説は次回なのですが^^;; ぜひ撮影にチャレンジしてみてください! ハッシュタグ#天体撮影のトリセツ Twitterに投稿されたハッシュタグ「#天体撮影のトリセツ」で記事に対するご質問・ご感想をお待ちしています!もれなくリプライさせていただきます。 また、画像を添えていただければアドバイスもさせていただきます!   引き続き、「天体撮影のトリセツ」をよろしくお願いいたします! amazon_ad_tag ='reflexionsjp-22'; amazon_ad_width ='300'; amazon_ad_height ='250'; amazon_ad_price ='retail';編集部発信のオリジナルコンテンツ