スリックから、水平・高度の2軸微動雲台「SMH-250」が5/19に発売されました。本日のアマゾンプライム価格9,461円。

スリック株式会社
SMH-250

高度微動角度20度(±10度)、方位微動角度16度(±8度)、微動方式押しねじ式(ノブ1回転で1.7度微動)の2軸微動雲台。高度補助ウェッジが付属。

付属の高度調整ウェッジ(写真左)を組み合わせると、ポータブル赤道儀の搭載が可能に。
外した状態なら、接写時における構図の微調整に大変役立ちます。

高度調整ウェッジとポータブル赤道儀の間の取り付けはU1/4インチねじで固定します。

微動は部分微動、高度が20度、水平が16度。
赤道儀に装着する場合は付属の「高度補助ウェッジ」を使用することで大まかに極軸を傾ける構造。

写真で見るかぎり、重量級機材の場合はこの「ウェッジ」の付け根が強度的なネックになるかもしれません。

その分、重量259gと軽量。公称の最大耐荷重は3kg。
専用の微動雲台を使用したスカイメモSの耐荷重が5kgですから、耐荷重3kgのスカイメモTがより適しているかもしれません。

特筆すべきは、三脚側がアルカスイス対応になっていること。
これは大変便利です。

ポータブル赤道儀は、微動雲台などの周辺機器を含め、かなり多くの選択肢が揃ってきました。
これから星景・星野写真を始めようという人にとっては、機材選びが大変な(楽しい?)時代になりましたね。

編集部アクセサリスリックから、水平・高度の2軸微動雲台「SMH-250」が5/19に発売されました。本日のアマゾンプライム価格9,461円。 スリック株式会社 SMH-250 高度微動角度20度(±10度)、方位微動角度16度(±8度)、微動方式押しねじ式(ノブ1回転で1.7度微動)の2軸微動雲台。高度補助ウェッジが付属。 付属の高度調整ウェッジ(写真左)を組み合わせると、ポータブル赤道儀の搭載が可能に。 外した状態なら、接写時における構図の微調整に大変役立ちます。 高度調整ウェッジとポータブル赤道儀の間の取り付けはU1/4インチねじで固定します。 微動は部分微動、高度が20度、水平が16度。 赤道儀に装着する場合は付属の「高度補助ウェッジ」を使用することで大まかに極軸を傾ける構造。 写真で見るかぎり、重量級機材の場合はこの「ウェッジ」の付け根が強度的なネックになるかもしれません。 その分、重量259gと軽量。公称の最大耐荷重は3kg。 専用の微動雲台を使用したスカイメモSの耐荷重が5kgですから、耐荷重3kgのスカイメモTがより適しているかもしれません。 特筆すべきは、三脚側がアルカスイス対応になっていること。 これは大変便利です。 ポータブル赤道儀は、微動雲台などの周辺機器を含め、かなり多くの選択肢が揃ってきました。 これから星景・星野写真を始めようという人にとっては、機材選びが大変な(楽しい?)時代になりましたね。編集部発信のオリジナルコンテンツ