編集部ピックアップ、今日の一枚。

撮影:大杉忠夫様

惑星撮影の日本の第一人者のお一人、大杉忠夫さんによる土星です。

この作品の注目は土星の「C環」。
明るい輪の内側にある、とても淡い存在です。左の通常写真では本体の明るさに幻惑されてよくわかりませんが、右の白黒反転画像では存在をはっきり確認することができます。


土星の輪の存在が発見されたのは17世紀。その後間もなく、「A環」と「B環」、そしてその間にあるすき間「カッシーニの空隙」が発見されています。

その「B環」の内側にある「C環」は、その名の通りB環の次に発見されたのですが、輪の発見からさらに約200年後の1850年のことです。

この作品のC環の淡さを見ると、200年間も発見されなかった理由がわかる気がしますね。編集子も、肉眼で確認したことはまだありません。

Wikipedia 土星の輪

惑星探査機によって、土星にはさらに多くの輪が見つかっていて、「G環」まで計7つ命名されているようです。
(このほかにも、アルファベット記号のない輪がいくつもあるようです)

暦と星のお話・土星の輪は誰が見つけたのか

土星の輪の発見者は、あまり明確に定められていない、という話。各環について、発見者に関する諸説がまとめられています。

http://reflexions.jp/tenref/gallery/wp-content/uploads/sites/3/2017/06/d63fcd4ba36839ccf987687c63c55825-1024x492.jpghttp://reflexions.jp/tenref/gallery/wp-content/uploads/sites/3/2017/06/d63fcd4ba36839ccf987687c63c55825-150x150.jpg編集部惑星太陽系土星編集部ピックアップ、今日の一枚。 撮影:大杉忠夫様 惑星撮影の日本の第一人者のお一人、大杉忠夫さんによる土星です。 この作品の注目は土星の「C環」。 明るい輪の内側にある、とても淡い存在です。左の通常写真では本体の明るさに幻惑されてよくわかりませんが、右の白黒反転画像では存在をはっきり確認することができます。 土星の輪の存在が発見されたのは17世紀。その後間もなく、「A環」と「B環」、そしてその間にあるすき間「カッシーニの空隙」が発見されています。 その「B環」の内側にある「C環」は、その名の通りB環の次に発見されたのですが、輪の発見からさらに約200年後の1850年のことです。 この作品のC環の淡さを見ると、200年間も発見されなかった理由がわかる気がしますね。編集子も、肉眼で確認したことはまだありません。 Wikipedia 土星の輪 惑星探査機によって、土星にはさらに多くの輪が見つかっていて、「G環」まで計7つ命名されているようです。 (このほかにも、アルファベット記号のない輪がいくつもあるようです) 暦と星のお話・土星の輪は誰が見つけたのか 土星の輪の発見者は、あまり明確に定められていない、という話。各環について、発見者に関する諸説がまとめられています。読者の傑作画像をピックアップ