白山再び(1)市ノ瀬キャンプ場その1

9月の下旬に再び白山に行ってきました。

8月に行ったときは体調不良で頂上まで登れなかったので、
そのリベンジです。
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200 固定撮影
プロソフトンA 2枚モザイク

夕方市ノ瀬に着いたときはあいにくの小雨。
翌日の昼間の間だけは好天との天気予報で、
星が見られることはほとんど期待せず就寝。

23時ごろ目が覚めると、晴れ間から星が。
あわてて準備して撮影開始。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200 固定撮影
プロソフトンA 2枚モザイク

市ノ瀬のキャンプ場は大きな木が何本もあって、
星景のロケーションには事欠きません。
一方で、作品として仕上げるにはセンスが求められます–;

何となく撮っただけになってしまいましたが、
今回は広角のモザイク星景に初トライ。
重ねしろが足りないせいか、
地上部をうまくPhotomergeが認識してくれなかったり、
もっと経験値を重ねる必要がありそう。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200 固定撮影
プロソフトンA

こちらは1枚撮り。
30秒の固定撮影でもそこそこ星が写ってくれます。
星が流れてしまうのは仕方ないですが・・



予報通り翌日は好天に恵まれ、
無事白山のピーク(御前峰)まで登ることができました。

予定では室堂付近で2−3泊したかったのですが、
翌日からまた雨の予報で、
あっさり日帰り登山に予定変更。
iPhone6S

御前峰から、大汝峰と剣ヶ峰。

iPhone6S

御前峰から北アルプスを望む。


iPhone6S

御前峰から、室堂と別山。
すでに低い雲が湧いてきて、別山を覆ってしまっています。

この日は昼前からはガスの多い天気になってしまいました。

星の撮影的には欲求不満でしたが、
登山としては充実。
往復7時間半みっちり歩いて、今はしっかり筋肉痛です^^

遠賀川の上流で

小石原の帰り道、嘉麻市役所近くの遠賀川の上流で。

雲が多い上に街灯りが強くてコンディションは良くありませんでしたが、
「星の見える人里」の雰囲気が伝われば。

EOS5D3 SIGMA24mmf1.4Art F2.8 15sec ISO1250
固定撮影

遠賀川とこと座。
九州で唯一鮭が遡上すると言われている遠賀川。
ここはその上流部。
筑豊を流れて響灘に注ぎます。
EOS5D3 SIGMA24mmf1.4Art F4 30sec ISO3200
固定撮影

雲間のフォマルハウト。
ただでさえ寂しい一等星が、
雲に囲まれてますます独りぼっち。

EOS5D3 SIGMA24mmf1.4Art F4 15sec ISO3200
固定撮影
北天に目を向けると、電柱の上にカシオペア。
たんぼの稲には、ほんの少し秋色が。


EOS5D3 SIGMA24mmf1.4Art F2.8 15sec ISO3200
固定撮影

小石原からここまで、LED街灯の多いこと。
ここ数年、郊外の街のLED化の勢いには凄いものがあります・・
あんまりまぶしい街灯は、白内障気味の年寄にとっては、
まぶしくて車の運転が辛いんですけど・・

ようやく在庫終了。

明日からネタがない・・・



雲の小石原

ようやく記事の更新が追いついてきました^^;

8月最後の日、小石原に行ってきました。
家を出るときはいい天気だったのですが、
着いて見るとこのとおりベタ曇り・・・
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.0 30sec ISO3200

この日の小石原は、平日にもかかわらず3組が出撃中でした。
小石原では有名な、NJP+C14の巨砲のM我U宙さんと初遭遇。
薄明終了から1時間ほどは晴れたそうです。



EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.0 30sec ISO3200
こちらはGS250RCをファーストライト中のK田さん。



EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.0 30sec ISO3200

FSQ106+SXPセットを設置して、
いざカメラを取り付けようとすると、
なんとカメラ接続リングがない・・
リングを付けると防湿庫に入らないので外していたんだった・・・
気を取り直してJILVA-170を設置したものの、
すっかりやる気なしモード。
23時過ぎまで粘りましたが晴れる兆候がなく、
撤収して家路へ。
ところが嘉麻市あたりで少し雲が晴れてきたので星景撮影を開始。
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.0 10sec ISO3200
生コン車とフォーマルハウト。
小石原から北へ15キロほど、さすがに空は明るくなってきています。


久住(5)月夜の徘徊

三脚にカメラを載せて、脇道を徘徊。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 ISO3200 15sec
固定撮影 プロソフトンA

林の中から見上げたはくちょう座。
枯れ枝に月光が射し込んでいい感じ。




EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 ISO3200 15sec
固定撮影 プロソフトンA

月夜でもはくちょう座からカシオペア座の天の川がくっきり。


EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 ISO3200 15sec
固定撮影 プロソフトンA
フォマルハウトを追いかけて道をずんずん上っていきました。




EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 ISO3200 15sec
固定撮影 プロソフトンA

やまなみハイウェイに戻った頃には、
夏の大三角は林に吸い込まれる寸前。
標識がぼけてしまいました。
こういう場合は別ピンで撮って合成ですね。
次回の課題です。





久住(4)月と遊ぶ

長者原からやまなみハイウェイを北へ数キロ。

林に囲まれた脇道に入りました。
車を路肩に停め、カメラに三脚を載せてテクテクと散歩。
下弦を少し過ぎた明るい月が煌々と光っていましたが、
積極的に月を画面に入れて撮影してみました。
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 15sec ISO3200
固定撮影 プロソフトンA
煌々と月が空と木々を照らし、
葉っぱが月光を反射しています。
星々と天の川も踏ん張っている状態。

さすがに直接月を画面に入れると、
ゴーストとフレアが大きいので、
木の枝をマスクにして月光をガード。



EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 15sec ISO3200
固定撮影 プロソフトンA
月のすぐ上にアルデバランがあるのですが、
月を木で隠すとアルデバランも隠れてしまう・・・
もうちょっと粘って最適位置を探してみるべきでしたか。



EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 15sec ISO3200
固定撮影 プロソフトンA

すぐ近くに明るい月があるにもかかわらず、
15秒露出で淡いながらもカリフォルニア星雲が。

逆光性能の高さといい、
最近のデジタル一眼レフの天文適性の高さには、
涙がチョチョ切れんばかり^^