「赤道儀」カテゴリーアーカイブ

冬のヒゴタイ公園(2)バラ星雲・風対策

今回の撮影行でも強風に悩まされました。
1月のみつえ高原と同じか、それ以上の強風。
時折かなり強く吹き、
小物が飛ばされないかと心配になるほど。

前回のエントリのバラ星雲も、

全滅しているかと心配だったのですが、
みつえの時から2つ対策をしたので、
なんとか歩留まり50%程度に収まりました。
EOS6D(SEO-SP4) 300mmF2.8 60sec
JILVA-170ノータッチガイド ピクセル等倍
今回のブレ具合。
左が風の弱い状態。
中が捨てたコマの平均的状態。
右が突風にあおられた状態です。

α7S 300mmF2.8 30sec
JILVA-170ノータッチガイド  ピクセル等倍
人工衛星の通過時間は推定10秒
この写真は、前回のみつえ遠征での同じ焦点距離での画像。
このときは300mmでは全滅でした。
人工衛星の軌跡が、延々とブルブルしていますね。
風による震動が減衰せずに延々と続いていると推測。
赤道儀のバランスを正確に合わせてしまっていたので、
ギアの遊びと風によるブレがあいまって、
減衰せずに揺れ続けたのでしょう。
そこで、一つ目の対策として、
今回は赤道儀をかなり強めに(クランプフリーの時に鏡筒が動き出す程度)
「東側荷重」にしました。
バランスをあえて崩すことで、
ギアの遊びを片方にとどめてしまおうという目的です。


EOS6D(SEO-SP4) 300mmF2.8 60sec
JILVA-170ノータッチガイド ピクセル等倍
人工衛星の通過時間は推定60秒
こちらは今回のブレ。
軌跡を見ると、
風が強い時だけ(右側)ぶれていて、
そうでないとき(左側)は安定しているのがわかります。

途中、線が切れたように見えるのは、
かなり強い風に煽られていたためでしょう。
ギアの遊びをなくしても、
強い風が吹くと揺れてしまうのは仕方ありません。



延長筒。
左がbefore 右がafter
二つ目の対策。
三脚の延長筒を外しました。
延長筒自体の強度には特に不安はないのですが、
風による影響を避けるには、
重心が低いほどよいだろうという考えです。
でも、対策を同時に2つやったのは失敗でした。
どっちが効果があったのかがわかりません–;
東側荷重はブレの減衰を早くする効果、
延長筒を外したのはブレの絶対量を減らす効果が、
それぞれあると推測しているのですが。
風はきまぐれ、撮影現場で同じ条件で比較するのはムリなので、
どなたか、風洞実験で評価してほしいものです^^

JILVA170・ベンチバーに穴を空ける

先日の牧ノ戸遠征の際に、

バランスウェイトの取付が悪くてずれてしまった件。
改良してみました。
これが問題の図。
ウェイト軸がベンチバーに一点ネジ止めなので、
重量に負けてずれてしまっていました。
ベンチバーはツルツルなので、
一点止めでは強く締めこんでも滑ってずれてしまいます。

左の穴が今回空けた5mm径のバカ穴。

電動ドリルはIKEAで買った3000円の廉価品ですが、

割と簡単に穴空けに成功。
右が追加した5mmネジ。
タップは持っていないので反対側にナットを付けています。
ここは付け外しはしないのでまあいいか。
ウェイト取付部の2点止め完成図。
安定して固定できるようになりました。
ちなみに、左のレンズ取付部の金具は、
表面がささくれたアルミ板なので一点止めでもとりあえずしっかり固定できています。
ここも決して強固ではないので、いずれ強化を考えないといけないかも。
ドリル1個で自由度が広がりますね。
(ドリルを持っていなくても、最近のホームセンターはボール盤を貸してくれるみたいです)
そのうちにM5,6,8,1/4インチのタップは整備したいところです。

JILVA-170の収納・運搬

JILVA-170の欠点は収納性の悪さ。

ポラリエをミラーレスカメラ級とすると、
スカイメモRSは中判カメラ級。
JILVA-170は小型お掃除ロボット級。。

JILVA-170、面積が広いです。
マチを全部外さないとカメラバッグには入りません。

仕方ないので小型プラケース(40cm×30cm×15cm)を
JILVA専用BOXにすることにしました。

このように、ぺたんと寝かせると以外と場所をとりません。
(というか箱がでかいんですが)

本体だけだとスカスカなので、もろもろパーツ一式も詰め込みます。

バスタオルはこういうときに便利。
いざとなれば夜露も拭けるし、温泉にも使えますw


蓋をしたところ。
宅配便なら100サイズ。沖縄までゆうパック1280円。
次回の波照間ではJILVA投入かな。
中型登山ザックにもなんとか入るので、自転車でもなんとか移動できるでしょう。
この40cm×30cm×15cmのプラケースですが、
段ボールで仕切りを入れて、機材ボックスにしています。
小物が増えると、まとめておかないと忘れ物しちゃいます。
天体写真に忘れ物対策は欠かせませんからね・・・

スカイメモR用専用三脚

少し前になりますが、スカイメモR用の専用三脚をオクで入手しました。

カメラ三脚では若干強度に不満があったのと、JILVA導入で三脚がもう一組必要になるからです。

入手したのは、ひとつ前の「スカイメモR」用の三脚。
最新モデルとは色が異なっています。(最新は白、R用はウグイス色)
脚の長さは実測で縮小時50cm、延長時75cm。
重量は4キロ。
また、ウグイス色モデルも2つあるようで、
これは脚先端と三脚座の金具が長い旧型と思われます。
右上のプレートも旧型のみの付属のようです。
M8のバカ穴が3つ空いていて、カメラ雲台を取り付けられます。



脚の先端。
小さなゴムキャップが付いています。
自分なら間違いなく1年以内になくしてしまうでしょうw
昔の天体望遠鏡三脚を彷彿させる三脚開き止め。
M6のボルトと蝶ネジで止めるのですが、この工程がめんどくさい・・
針の穴に糸を通すとまでは言いませんが。

開き止めに取り付ける物置プレート。
本体駆動の電源、露よけヒーターの電源、取りあえずの小物とかが置けるので、これは重宝しますね。
でも蝶ネジに昭和の香w


 

三脚座。かなり大きいです。しっかり締め上げて固定できます。
カメラ三脚は(GIZZOを除いて)どうしてもこの部分にがたつきが残ってしまいます。

この三脚は微動マウント込みの一体設計となっています。
写真は下から見たところ。
M8の押し引きネジで微動/固定します。強度は十分。
右のネジはスカイメモ本体を取り付けるM8の専用ネジ。


 


組み上がり図。いい感じですね♪
微動台座の可動範囲が大きいのもマル。
赤道直下でもOK。ただし、北側には強くなく、北緯50度くらいまでが上限です。
うーん。でも高さがかなり低いかも・・・

これまで使用していたスリックのカーボン3段(913PRO)と比較してみました。
三脚を目一杯伸ばしても、目一杯縮めたカーボン3段より少し高いくらい・・

これまでは、写真のようにカーボン三脚を1段伸ばして使っていました。
この高さではちょっと構図合わせが大変そうです。。。


 

スカイメモRS本体を取り付けたところ。
一目、色が合わないのはご愛嬌w
本体と微動雲台の接合面はとても広く、専用のM8ネジ二本でしっかり固定できます。

しかし、スカイメモ本体も大概かさばるのですが、この三脚の存在感といったら。
縮めてたたんでも小さくなった気がしませんw

試しにJILVA-170も載せてみました。
ダブル微動雲台という訳の分からない構成ですw
ちょっと重心が高くなりますが、十分実用範囲。
まさかの事態にはこの構成の使用もあるかも。

微動台座への取付は、付属のプレート経由で行います。
写真は1/4ネジでプレートをJILVAに取り付けたところ。
後はスカイメモRS本体同様、M8ネジ2本で取り付けます。
ところで・・
JILVA用の専用三脚BT三脚が間もなく(?)やってくる予定です。
天体撮影用の小型赤道儀にマッチした三脚には、
正直良いモノが少ないのが現状なのですが、
これにはとても期待しています。
到着次第レビュー予定です。


おまけ・「スカイメモRS最強最安入門用写真赤道儀説」
この三脚、最新モデルは実売で新品3万円強。
自分はヤフオクで1万円台後半。
微動雲台も付いていてコストパフォーマンスは高いです。
でもまじめな話、この専用三脚もスカイメモRS本体も、
色々微妙なところがあり、今風ではないです。
しかし、安定度・追尾精度・極軸合わせの精度などの基本性能は一流で、
200mm望遠を余裕で使える高さです。
しかも安い。
三脚も微動雲台も極軸望遠鏡も一式、ヤフオクなら6万以下で入手できるでしょう。
何も機材を持たない人が、初めて本格的に星野写真にチャレンジするには、最安最強の赤道儀ではないでしょうか。
JILVA導入で328担当からは外れてしまったスカイメモRSですが、今後も星野ツインカメラマシンとして活躍させる予定です^^
いずれオクに出品するかも知れませんが・・その時はこの記事をご参考に。

JILVA-170の追尾精度

JILVA-170ですが、ようやくファーストライト。

チャリで5分の自宅近くの海岸で。
EOS6D(SEO-SP4)と328の組み合わせで、目標であるノータッチ2分歩留まり80%が達成できるかの検証です。

JILVA-170のウォームホイルの歯数は216枚。288枚(訂正しました)
ウォームギア起因のピリオディックモーションの周期は60/9=7分弱60/12=5分になります。



EOS6D(SEO-SP4) EF300mmF2.8L IS
F3.2 60sec ISO1600
JILVA-170ノータッチガイド 等倍トリミング
まずは60秒露出で9コマ。
合格!!
最後のコマが少し流れているのはレリーズケーブルに触れたせいと思われます。



EOS6D(SEO-SP4) EF300mmF2.8L IS
F3.2 120sec ISO1600
JILVA-170ノータッチガイド 等倍トリミング

続いて120秒露出で5コマ。
これも合格!!
最初のコマが少し流れていますが、残り4枚はほぼ点像。
厳しく見ると赤経方向にわずかだけ星像が延びているようにも見えますが、
全く問題ないでしょう。



EOS6D(SEO-SP4) EF300mmF2.8L IS
F2.8 120sec ISO400
JILVA-170ノータッチガイド 等倍トリミング

対象を変えて120秒をもう1セット。
ぎょしゃ座の勾玉星雲付近です。

こちらはちょっと流れていますね。
画面上では斜めに流れていますが、垂直の方向なので、
カメラが重みでたわんだのかも知れません。

今回のシステムは、
レンズと赤緯軸がアルカスイスプレート経由の1点止めなので、
そこが弱点になっているのでしょうか。
ここは強化を考えなくてはいけないかも。

いずれにせよスカイメモRSによるサドル付近の作例と比較すると精度は段違いです。
駆動系の追尾精度としては300mmでは十分と言えるでしょう。
むしろそれ以外のガイドエラーの要素に注意が必要ですね。

特に、今使っているカメラ三脚は天体用には強度不足。
少し風が吹くとこまかなブレを拾ってしまいます。
輝星周辺がいびつなのはこれが原因かも知れません。



おまけ。
望遠+6Dはフラット要りそうですね。
EOS6D(SEO-SP4) EF300mmF2.8L IS
F2.8 120sec ISO400
JILVA-170ノータッチガイド Light×5

勾玉星雲付近をコンポジットしてみました。
強調してみるとこのとおり・・・ひどいムラです。

前回のサドルではあまり気にならなかったのですが、
6Dは、camara rawで周辺減光を補正しても、
望遠ではミラーボックスのケラレがけっこう大きいです。

さすがにこのムラはフラット当てないと補正が難しそうです。