ナローバンドフィルター追加導入

改造デジカメとHαのナローバンドフィルターで、
散光星雲の撮影をしていますが、
モノクロではやはり寂しい・・

ということで、
ナローバンドの疑似カラーにチャレンジしようと、
追加発注していたフィルターが届きました。
Baaderの03,S2のナローバンドフィルターです。
左がS2(676.5nm/半値幅8nm)、
中央がO3(506.2nm/半値幅8.5nm)、
右がこれまで使っていたHα(656nm/半値幅7nm)フィルターです。




特定のごく狭い波長の光しか通さず、
それ以外の光を反射するようになっています。
写真に撮るとどれも真っ暗ですね。



O3フィルターをiPhoneにかざして撮ってみました。
肉眼では少し青みがかった濃い緑に見えますが、
写真にすると青っぽくなりますね。

S2フィルターは、Hαよりさらに波長の長い赤なので、
肉眼では暗赤色に見えます。

この3枚のフィルターで撮影したモノクロ画像を、
RGBそれぞれの色に割り当てて合成するのがSAO合成。

ナローバンドのカラー合成は、
デジカメのベイヤーセンサーは
冷却CCDに比べて圧倒的に不利なんですが、
光害地や月明かりがあってもある程度撮影できます。

まずは明るい天体で、自宅ベランダか30分くらいで行ける、
近場で試してみようと考えています。


ところで重要な残作業。
バーダーのフィルターはフィルター枠が厚くて(写真左)、
328のフィルターボックスにも、
α7Sの光映舎改造マウントにも、
そのままでは装着できません。

フィルター枠をヤスリで地道に削って薄くしなければなりません(写真右)。
これまで手作業でやってるんですが、
フィルター枠が熱持って指先がやけどっぽくなるんですよね・・・
気が重いなあ・・




関連記事

「ナローバンドフィルター追加導入」への3件のフィードバック

  1. こんばんは
    Canonの300mmF2.8のフィルターboxの件で途方に暮れていたところに、Kojiroさんの記事を見つけました!申し訳ありませんがアドバイスいただけないでしょうか。(以下・・・)
    先日300mmF2.8の中古を購入(ISⅡというほうなのですが)、今あるastronomicのHαフィルター(枠の厚さ実測5.4mm、ねじ部分2.2mm)をメインで使う予定ですが、厚いフィルターは入らないという情報があちこちに。キャノンに枠の厚さが何mmまで入るか聞きましたが、不親切で「Canonのフィルターを基準に設定している」しか教えてくれず困っています。(これからフィルターboxを買います)
    もしわかれば枠の厚さが何ミリくらいまでなら入りそうですか?(たぶんIS ⅠもⅡも同じですよね?)
    もし入らない場合で枠を削るという考えは全く浮かばず、中古の薄型の52㎜フィルターを買ってきて、それにフィルターのみを入れ替えようとしてますが、フィルターを枠から外す方法もよくわからず、傷つけたりしたら高いものなので不器用な私はとても躊躇しています
    Kojiroさんの場合、一度フィルターを外してから枠を削って、フィルターを再格納したのですか?またフィルター枠は弱そうで削るときに歪んでしまいそうで怖いです。 よろしくお願いします

    キャノン

    1. おはようございます。
      ・I型とII型のフィルターボックスはたぶん互換です。EF400mmF2.8L IS IIとEF300mmF2.8 L ISのフィルターボックスはどちらも相互に装着できました。

      reflexions.jp/blog/star/archives/65
      ・上の別記事にあるとおり、ステップアップリング経由で装着しているのですが、この状態で3.4mmまで削っています(ネジ部除く)。Barrderの場合2mm削ったことになります。

      ・52mmフィルターを普通に装着するならもう少し厚くても入ると思いますが、52mmのフィルター枠に48mmのフィルターはスカスカで固定できないのではないでしょうか・・・

      ・ネジ式の固定のフィルターの場合は「カニ目レンチ」で簡単に外せます(上記別記事参照)。でも最近のフィルターはネジ式の固定ではないのも多くて(バネのようなリングで固定されている)その場合の脱着はよくわかりません。ネットで売られている安価なフィルターはたぶんネジ式(その代わり厚枠)です。

      ・フィルター枠はガラスを枠から外して、持ちやすくするために48-52のステップダウンリングに装着して、大型の平ヤスリで削りました。削るのはかなり根気が要りますが(所用時間30分程)ひずむことはありませんでした。

      不明な点があればまたどうぞ^^

  2. コメントありがとうございました。ステップダウンではなく46-48のステップアップを使うとはびっくりです。とてもいいアイデアです。参考にさせていただきたいと思います。あとは、Astronomicをどうするか考えます。オプトロンもIDASもネジ式でしたが、Astronomicはいくら見ても構造がわかりません。仮に外せたとしても戻せなくなったら大変です。思い切ってHαをBadderかオプトロンに変えてしまうか?でもastronomicだけ6nmなんですよね。高かったし。
    少し悩んでみます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)