冬の久住へ(3) 135mmでナローバンド・わし星雲

328でオリオンを撮りつつ、
スカイメモには135mmを載せてα7Sでナローバンドです。
今日の標的はIC2177、わし星雲です。
Flickrで大きな画像を見る
α7S EF135mmF2L F2
ISO12800 30sec*200 Baader Hα7nm
スカイメモRSノータッチガイド

前回、中華リモコンが接触不良で使い物にならなかったので、
今回は「タイムラプスアプリ」で連続撮影。
最低30コマなのでディザリングにはちょっと長いのですが、
2時間8セット撮影できればまあ十分でしょう。

ぶれたコマをのぞいたので200枚スタックの総露出1時間40分。
ノイズは相当減ってくれました。

ただ、相変わらずレンズのたわみによるスケアリング不良が。
強調しているので、ピンぼけ星像は、
やや大きな丸い星像になっています。
ブログの縮小画像ではわからないのですが。
何かいい方法を考えなくてはなりません。

関連記事

「冬の久住へ(3) 135mmでナローバンド・わし星雲」への1件のフィードバック

  1. Commented by HUQ at 2016-01-22 08:02 x
    光映舎マウントアダプターならレンズ側とボディ側に分離できるので、その隙間の鉛直下方側に0.05mm厚のシムを噛ます、というのはどうでしょう。

    それから中華リモコンの接触不良ですが、電池ボックスの中で乾電池が踊って、端子から外れかけていませんか?
    私は電池ボックスのカバーに3mm厚のネオプレンゴムを貼って、中で電池が動けないようにしています。

    HUQさん そうですね・・構図合わせの度にシム調整が要るのが面倒そうですが、アダプタの構造は単純なので実用になるかもですね。
    中華リモコンですが、リモコン自体の電源は普通に入っているんです。カメラ本体をmacにつなぐ時も普通につながるようなんで(あんまり回数試してないですが)リモコン側の端子かケーブルが悪いのかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)