奥日田(6)林道からの天の川

奥日田シリーズ最終回。

EOS6D Tamron15-30mmF2.8 F2.8 60sec ISO3200
追尾*7、固定*8を合成 2017.5.27 大分県奥日田

釈迦岳山頂を撤収し、林道を下って宿に戻る途中。
時折車を停めてヘッドライトを消して空をチェック。
人工光のない真っ暗な林道で、眼が慣れてくるにつれて浮かび上がってくる天の川を見上げるのは最高の星空体験の一つです^^

EOS6D Tamron15-30mmF2.8 F2.8 60sec ISO3200
ポラリエ1/2恒星時追尾*2モザイク 2017.5.27 大分県奥日田

左右を木立に囲まれた林道から見上げる天の川。
こういう構図で、木立がもっと細く迫った状況の天の川をいつか撮ってみたいんですよね。今回はちょっと空が広すぎ^^;

EOS6D Tamron15-30mmF2.8 F2.8 60sec ISO3200
ポラリエ1/2恒星時追尾 2017.5.27 大分県奥日田

風車と天の川。東の空からは金星が。夜明け間近。
宿の近くには風車が2本あって空に向かって静止していました^^

アングルを変えたりあちこちでいろいろ撮ったのですが、どうもイマイチ。ロケハン不足でした。

左上:カメラ撮って出し
右上:1枚画像レベル補正のみ
左下:合成後最終画像
右下:過剰強調版1枚目の写真の処理経過。

星景写真は多かれ少なかれ後処理を入れるのですが、どちらかといえば強調を控えたこの画像でも、この程度はいじっています。

IRカットフィルターを外したカメラを使用しているので、撮って出しでは大きくカラーバランスが崩れていますが、これはカメラ側の設定を細かく調整すれば、ほぼ右上に近い画像になります。

右上から左下へのプロセスは、主には空のみマスクで輝度を落としたこと、ローカルコントラスト(明瞭度)で天の川を強調したこと、彩度を少し上げたこと。

さらに、左下のコマにはiPhoneでほんのりガードレールを照らした画像が何枚か入っています。
(これはやらなくても充分でした)

これをさらに強調したのが右下。
明瞭度と彩度を上げ、周辺減光を乗せた上で色温度を下げました。
一般ウケはこの方がいいかもしれませんが、「真っ暗な林道、街灯りに照らされた空に浮かぶ天の川」の肉眼体験を重視し、これは没にしました。

追尾・コンポジットなし(左)
追尾・7枚コンポジット(右)

コンポジットの効果、星空編。
当然右のほうが滑らかですが、それほど大きな違いはありません。この程度の強調であれば、1枚でも十分かもしれません。

追尾・コンポジットなし(左)
固定・8枚コンポジット(右)

コンポジットの効果、地上編。
一方で、真っ暗な地上はコンポジットの効果が大きく、かなりノイズが改善されているのがわかります。

また、追尾の場合当然ながら地上は少し流れます。質感を上げる上では、地上はやはり固定で撮りたくなりますね。月や街灯りに照らされていない風景こそ、追尾と固定を別撮りしてコンポジットする意味があるようです。

ただ、難しいのが空と風景の境目。
輝度マスク重ねているのですが、等倍拡大するとこの通り、境目の不自然が目立ちます。

境界のぼかし量をもっと大きくするとディテールの不自然は減るのですが、逆に「いかにもマスク合成です」みたいなグラデーションができてしまうので、今回はディテールの不自然は受け入れることにしました。

さて、これで未処理在庫が尽きてしまいました。
次の更新は7月中旬以降かもしれませんね・・

奥日田(5)天の川・コンポジットの意味

天の川がほどよい高さになってくれた頃を見計らって、昇る天の川を撮りました。

EOS6D SIGAMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 プロソフトンA
60sec 固定*7、追尾*8を合成 2017.5.27 奥日田釈迦岳

複数フレームのパノラマ合成ではなく、24mmの1フレーム撮り。
ただし、追尾と固定を別個に撮って合成する手法です。それぞれ約8コマを撮影し別々にコンポジット、合成しています。

追尾のみ8コマ、median合成

なぜこんなクソめんどくさいことをするかというと「画質」へのこだわりから。星の日周運動を追尾撮影して、画質を上げるためにコンポジットすると、このとおり地上の風景は流れてしまいます。

固定のみ7コマ、比較明合成

一方、固定撮影だと当然ながらこのように星は流れてしまいます。
この2つの良いとこ取りをするために若干「良心の(ないしは純自然派の)の呵責」を感じつつ、合成するわけです。

EOS6D SIGAMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 プロソフトンA
25sec 固定1枚撮り 2017.5.27 奥日田釈迦岳

一方で、こちらは別構図ですが、コンポジットなしの固定撮影1枚撮り。「画質へのこだわり」の結果の先頭の写真と、この写真にどこのくらいの違いがあるのでしょうか?

拡大表示しなければ、違いはわからないでしょう。
画像をクリックすると長辺2048pxの拡大画像が表示されますが、それでもまだわからないかもしれません。

元画像を200%拡大すれば、まあ当然ながら明らかに違うのですが、その差に一体どれほどの価値があるのか、それともないのか。

もちろんそこに価値を感じているからこそ、こんなクソめんどくさいことをしているわけなのですが、カメラの高感度性能がもう2段階(2EV)向上すれば、こういうテクニックの意味はほぼなくなるでしょう。

むしろ、その時間と労力を、様々なロケーション・アングルで撮影する方向に向けた方が良い結果を得られる気がします。

カメラの性能限界ぎりぎりのところで成り立っている星景写真では、美しさを実現するための様々な軸のポートフォリオを時折再点検する必要があると感じています。

6/28追記)
再点検の結果、まだまだひるむことなく「悪行(=マコトから離れる方向の様々なテクニック)」に励むべきだとの結論に至りました。1年くらいしたらまた再点検しようと思います^^

 

奥日田(4) 近赤外線で天の川

パノラマの撮影と並行して、α7Sとポラリエで赤外撮影してみました。

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 固定*30、追尾*30 2017.5.27 大分県奥日田

合計露出15分の固定と追尾を合成。近赤外モノクロ新星景という○態路線です^^;

波長1μ未満の近赤外では、あまり可視光との違いがないのですが、暗黒星雲が可視光よりも明るく、また銀河のハロの広がりが大きく感じられます。(気のせいかもしれませんが・・)

みんな大好きなウ○コ色の暗黒星雲は、赤外寄りの光の星だと推測しているのですが、実際のところどうなのでしょうか。

可視光と赤外の最大の違いは「大気光」かもしれません。
上の動画は、固定撮影の30コマをタイムラプスにしてみたもの。銀河の左側の波打った雲のようなものが大気光と推測。

便宜上「大気光」と書きましたが、実体は不明。低層の雲が何らかの理由で赤外波長で明るく光っているのか、もっと高層の何かなのかはわかりません。

一つ確かに言えるのは、可視光では晴れているように見えても、赤外だと「赤く光るやつ」がはっきりとらえられるということです。

さらにもうひとつ。
赤外だと阿蘇山の火口からの噴気が写っています。
タイムラプス動画だと、この赤矢印の部分が揺らめいているのがはっきりと確認できます。

同じ夜のカラー画像では、この噴気は確認できません(でも心眼でみると気持ち赤いような)。
うーむ、さすが赤外線。 (だからどうなんだ、という突っ込みはナシで^^;;;;)

さらにさらにもう一つ。
上の画像は、薄明中の南の地平線付近を撮ったものですが、明るい白い雲は肉眼では全く確認できませんでした。(比較用のカラー画像を撮らなかったことを激しく後悔)

これ、どのくらいの高さの雲なんでしょうねえ。ネットで調べても、近赤外域の夜の雲についてはほとんど記述が見当たらず、もしご存じの方がいらしたら、ぜひご教授ください。

 

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 追尾*60 2017.5.27 大分県奥日田

地上の入らない天の川も撮りました。ちょっと変わり映えしない構図で失敗。銀経0を中心にした縦位置の方がよかったかも。

この写真で見ても、へびつかい座のこの辺で一番暗い暗黒星雲が、真っ黒ではなく少し光っているのがわかります。

でもこちらも、例の大気光?の影響が。
近赤外でスッキリ撮るのは、もっと標高の高い場所の方がいいのかもしれません。

赤外撮影は今後もまったりと続けていきたいと思っています。

 

奥日田(3)天の川アーチ

天の川が昇ってくるにつれ、透明度が急速に向上してきました。24mmレンズでひたすら天の川アーチ。

EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

 昇り始め。
まだ天の川は弱々しい様子。


EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

昇ってくるにつれてだんたん天の川は濃くなってきます。

EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

カシオペアまで繋がって、アーチ状に。

 

EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

夜半を過ぎて、天の川の輝きは最高潮。
この日のベストリザルト。ナチュラル仕上げ。

Photoshopの豊富な機能を駆使してレタッチw
某カメラ部風のモダン仕上げ^^;;

地上部を思い切って持ち上げる、背景を紫にする、ローカルコントラスト最大、周辺減光を効果的に(笑)適用。

奥日田・天の川 – Spherical Image – RICOH THETA

このパノラマで作った360°VRパノラマ。
PC環境の方は、左のTHETAのアイコンをクリックしてtheta360.c0mのサイトに飛ぶと、右から二個目のアイコンでフルスクリーン表示になります^^

奥日田(2) 銀河が昇るまでの間

最近、本業と化した「天文リフレクションズ」の業務が忙しく、すっかり間が空いてしまいました^^;
放置状態だった奥日田の画像整理を再開。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.8 30sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

日が沈んで、天の川が昇ってくるまでの間は、ASPJの人たちと話し込んだり、地味目な春の星座を撮ったり。

この時間は透明度はあまりよろしくなく、あまりやる気の出ない空でした。

EOS5D3 EF8-15mmF4L F4  30sec ISO3200
Lee No3 固定撮影 2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

円周魚眼で昇り始めた天の川。
低空には薄雲が立ちこめていて、街灯りを反射して今一つ。

 


EOS5D3 EF8-15mmF4L F4  120sec*2 ISO3200
Lee No3 ポラリエ恒星時追尾
2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

2分露出の追尾撮影の2枚コンポジット。
地上と空は別に重ねた新星景風処理。

あえて何かをあぶり出す空ではないのですが、画質は確実に良くなります。コンポジットもPSでやればらくちん。

眩しい木星の輝きも、そろそろ見納めになりそうですね。

銀河が昇るまでの間は、対角魚眼で放置タイムラプス。
おじ(い?)さん6人、わいわいがやがや、楽しいひととき。

星景と天体写真