奥日田(4) 近赤外線で天の川

パノラマの撮影と並行して、α7Sとポラリエで赤外撮影してみました。

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 固定*30、追尾*30 2017.5.27 大分県奥日田

合計露出15分の固定と追尾を合成。近赤外モノクロ新星景という○態路線です^^;

波長1μ未満の近赤外では、あまり可視光との違いがないのですが、暗黒星雲が可視光よりも明るく、また銀河のハロの広がりが大きく感じられます。(気のせいかもしれませんが・・)

みんな大好きなウ○コ色の暗黒星雲は、赤外寄りの光の星だと推測しているのですが、実際のところどうなのでしょうか。

可視光と赤外の最大の違いは「大気光」かもしれません。
上の動画は、固定撮影の30コマをタイムラプスにしてみたもの。銀河の左側の波打った雲のようなものが大気光と推測。

便宜上「大気光」と書きましたが、実体は不明。低層の雲が何らかの理由で赤外波長で明るく光っているのか、もっと高層の何かなのかはわかりません。

一つ確かに言えるのは、可視光では晴れているように見えても、赤外だと「赤く光るやつ」がはっきりとらえられるということです。

さらにもうひとつ。
赤外だと阿蘇山の火口からの噴気が写っています。
タイムラプス動画だと、この赤矢印の部分が揺らめいているのがはっきりと確認できます。

同じ夜のカラー画像では、この噴気は確認できません(でも心眼でみると気持ち赤いような)。
うーむ、さすが赤外線。 (だからどうなんだ、という突っ込みはナシで^^;;;;)

さらにさらにもう一つ。
上の画像は、薄明中の南の地平線付近を撮ったものですが、明るい白い雲は肉眼では全く確認できませんでした。(比較用のカラー画像を撮らなかったことを激しく後悔)

これ、どのくらいの高さの雲なんでしょうねえ。ネットで調べても、近赤外域の夜の雲についてはほとんど記述が見当たらず、もしご存じの方がいらしたら、ぜひご教授ください。

 

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 追尾*60 2017.5.27 大分県奥日田

地上の入らない天の川も撮りました。ちょっと変わり映えしない構図で失敗。銀経0を中心にした縦位置の方がよかったかも。

この写真で見ても、へびつかい座のこの辺で一番暗い暗黒星雲が、真っ黒ではなく少し光っているのがわかります。

でもこちらも、例の大気光?の影響が。
近赤外でスッキリ撮るのは、もっと標高の高い場所の方がいいのかもしれません。

赤外撮影は今後もまったりと続けていきたいと思っています。

 

奥日田(3)天の川アーチ

天の川が昇ってくるにつれ、透明度が急速に向上してきました。24mmレンズでひたすら天の川アーチ。

EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

 昇り始め。
まだ天の川は弱々しい様子。


EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

昇ってくるにつれてだんたん天の川は濃くなってきます。

EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

カシオペアまで繋がって、アーチ状に。

 

EOS6D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec プロソフトンA
2017.5.27 大分県奥日田釈迦ヶ岳

夜半を過ぎて、天の川の輝きは最高潮。
この日のベストリザルト。ナチュラル仕上げ。

Photoshopの豊富な機能を駆使してレタッチw
某カメラ部風のモダン仕上げ^^;;

地上部を思い切って持ち上げる、背景を紫にする、ローカルコントラスト最大、周辺減光を効果的に(笑)適用。

奥日田・天の川 – Spherical Image – RICOH THETA

このパノラマで作った360°VRパノラマ。
PC環境の方は、左のTHETAのアイコンをクリックしてtheta360.c0mのサイトに飛ぶと、右から二個目のアイコンでフルスクリーン表示になります^^

奥日田(2) 銀河が昇るまでの間

最近、本業と化した「天文リフレクションズ」の業務が忙しく、すっかり間が空いてしまいました^^;
放置状態だった奥日田の画像整理を再開。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.8 30sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

日が沈んで、天の川が昇ってくるまでの間は、ASPJの人たちと話し込んだり、地味目な春の星座を撮ったり。

この時間は透明度はあまりよろしくなく、あまりやる気の出ない空でした。

EOS5D3 EF8-15mmF4L F4  30sec ISO3200
Lee No3 固定撮影 2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

円周魚眼で昇り始めた天の川。
低空には薄雲が立ちこめていて、街灯りを反射して今一つ。

 


EOS5D3 EF8-15mmF4L F4  120sec*2 ISO3200
Lee No3 ポラリエ恒星時追尾
2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

2分露出の追尾撮影の2枚コンポジット。
地上と空は別に重ねた新星景風処理。

あえて何かをあぶり出す空ではないのですが、画質は確実に良くなります。コンポジットもPSでやればらくちん。

眩しい木星の輝きも、そろそろ見納めになりそうですね。

銀河が昇るまでの間は、対角魚眼で放置タイムラプス。
おじ(い?)さん6人、わいわいがやがや、楽しいひととき。

奥日田(1)夕焼けの鎌月

先週末に奥日田にASPJ九州のメンバーのオフ会に参加してきました。九州でオフ会というのは実に初めてでした。

EOS5D SIGMA85mmF1.4Art F3.5 ISO800 1/2sec
2017.5.27 奥日田・釈迦岳展望台

「スノーピーク奥日田」から車で15分くらいの釈迦岳の展望台から、筑後平野に沈む鎌月。

夕方はこのように薄雲が残っていましたが、夜がふけるにつれ素晴らしい星空になり、満足の人夜を楽しめました。


EOS5D SIGMA85mmF1.4Art F2.8 ISO1600 6sec
2017.5.27 奥日田・釈迦岳展望台

月が筑後平野に吸い込まれるまでずっと撮り続けました。
この写真は肉眼では夕焼けはほぼ見えなくなって、夜景が光を増してきたところ。

地球照をいっぱいにまとった鎌月が、ピンク色の月に吸い込まれる直前。雲が空を夕焼けの顔と夜の顔に二分していました。

iPhone6S

撮影中。SNSにアップしようとして撮ったのですが、圏外で断念^^;
展望台は4Gが入ることもあれば圏外になることもあって不安定でした。

いろいろ撮ったので、未処理の画像もたっぷり在庫中^^
ぼちぼち処理しながら、たぶんあと五回くらい続きます。

残雪の立山連峰(3) 弥陀ヶ原で

雷鳥平の翌日は弥陀ヶ原へ移動。
徒歩1時間、バス1時間の超余裕日程だったのですが、あいにく朝から強めの雨・・・

何かと待ち時間ばかりの一日でしたが無事弥陀ヶ原着。
晴れる期待はほとんどしていなかったのですが、翌朝まあまあの晴れ、出動。

EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 20sec ISO3200
4枚パノラマ合成 固定撮影 2017.5.7 富山県立山町弥陀ヶ原

道路沿いの雪の壁にかかる夏の銀河。
ナナメの木がなんとなく気に入って天の川に重ねてみました。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 20sec ISO3200
36枚パノラマ合成 固定撮影 2017.5.7 富山県立山町弥陀ヶ原

パノラマ撮影で天の川アーチ。止まっているバスは、待合室になっています。
ご覧の通り薄雲もあって星の輝きは今一つでしたが、それでも背景が青い。大気光のムラをあまり感じませんでした。

翌朝、ここでバスを待っていたら、バスのすぐ右の道から外人グループが大騒ぎで走ってきました。
なんと熊がでたそうな。
ホテルの窓を壊して血を流していたらしく、林の中に逃げ込んだとか・・

最近熊はどこにでも現れる印象。
危うきに近づかないか、万一の覚悟をして臨むか・・ですねえ・

魚眼にもしてみたのですが・・・
なんとベガが増殖して夏のミニ大三角にw
うーん・・このへんがICEの限界なのでしょうか。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 20sec ISO3200
4枚パノラマ合成 固定撮影 2017.5.7 富山県立山町弥陀ヶ原

雪の壁の向こうの天の川。

深く積もった雪を除雪してできた道は、角度によってはホテルの灯りを遮ってくれるのですが、直射するとこのように光り輝きます^^;
これで在庫がいったん尽きてしまいました。
最近「天文リフレクションズ」で忙しく、晴れても出撃できない状態が続いています・・
もう少し軌道に乗るまでは、星撮りの優先度は最下位になるかも・・まあぼちぼちやっていきます^^

星景と天体写真