編集部ピックアップ、今日の一枚。

撮影:駒井隆広様

一昨日の8月19日、夜明け前の琵琶湖畔から観た、細い月と明けの明星の共演。
赤く染まった暁の地平線には霊峰伊吹山がそびえ、長浜市街の夜景から水面のリフレクションへと続きます。

長めの露出時間のせいでしょうか、流れる雲が点描画のような軌跡を描き、絵画的な雰囲気を交えているのも印象的です。

特に夏場は、かなり早起きしなければ見られない暁の空ですが、まさに「早起きは3文の得」。このプライスレスな美しさをより多くの人に実際に見ていただきたいものです。

月は約一ヵ月弱で空を一周するので、金星などの惑星と月は毎月接近するチャンスがあります。

一方で、地球と金星の相対位置は約19ヶ月で一周し、宵の明星・明けの明星の期間はそれぞれその半分の約9ヶ月半。今年いっぱいは明けの明星の状態が続きます。

今年の月と金星の接近は、9/18、10/18、11/17のあと三回。
(12月16日にも接近するのですが、太陽に近すぎて観察困難)その度に弊サイトでもご案内しますので、ぜひご覧になってください。

 

http://reflexions.jp/tenref/gallery/wp-content/uploads/sites/3/2017/08/0821komais-1024x538.jpghttp://reflexions.jp/tenref/gallery/wp-content/uploads/sites/3/2017/08/0821komais-150x150.jpg編集部星景月景金星,リフレクション,薄明編集部ピックアップ、今日の一枚。 撮影:駒井隆広様 一昨日の8月19日、夜明け前の琵琶湖畔から観た、細い月と明けの明星の共演。 赤く染まった暁の地平線には霊峰伊吹山がそびえ、長浜市街の夜景から水面のリフレクションへと続きます。 長めの露出時間のせいでしょうか、流れる雲が点描画のような軌跡を描き、絵画的な雰囲気を交えているのも印象的です。 特に夏場は、かなり早起きしなければ見られない暁の空ですが、まさに「早起きは3文の得」。このプライスレスな美しさをより多くの人に実際に見ていただきたいものです。 月は約一ヵ月弱で空を一周するので、金星などの惑星と月は毎月接近するチャンスがあります。 一方で、地球と金星の相対位置は約19ヶ月で一周し、宵の明星・明けの明星の期間はそれぞれその半分の約9ヶ月半。今年いっぱいは明けの明星の状態が続きます。 今年の月と金星の接近は、9/18、10/18、11/17のあと三回。 (12月16日にも接近するのですが、太陽に近すぎて観察困難)その度に弊サイトでもご案内しますので、ぜひご覧になってください。  読者の傑作画像をピックアップ