いて座M8,M20・ローカルコントラストとコンポジット処理の順番

前回の記事の最終画像です。

ナローバンドではこれまでで一番ノイズ感の少ない仕上がりになりました。
FSQ106ED 530mmF5 α7s(改) ISO3200 BaardarHα7nm
Light 2:30×20(50min total) Dなし Fなし
実はこの画像は、ダークもフラットも入れていません。
元raw画像をPhotoshopで読み込み、Topaz adjustで
ローカルコントラスト(HDR)をかけてTIFF出力したものを
DSSでコンポジットしました。
ダークノイズ低減はPSのcamera-raw現像頼み、周辺減光も
同じくcamera-rawの周辺減光補正です。
ローカルコントラスト処理の場合、周辺減光や傾斜かぶりのような、
大域的なレベル差を強調することなく、星雲のディテールを強調する
ことができ、光害ムラなどに神経質にならなくてもそこそこ仕上がる
メリットがあります。
その代わり・・・センサーのゴミは取れません(涙
左:HDR処理後DSSでコンポジット
右:DSSでコンポジット後HDR処理(F、D,FDあり)

今回驚いたのは、ローカルコントラスト処理後にコンポジットした方が、
はるかに暗部のノイズが少ないことでした。
一つの仮説は、「ノイズレベルの高い状態でのローカルコントラスト処理では、
ノイズレベルが高いゆえ、ソフトウェア的なノイズ除去がより効果的に効く」
のではないか、というものです。
コンポジットでノイズが少なくなってしまってからでは、ソフトウェアは
逆にノイズと判断できなくなり、そのまま残ってしまうのではないか、
という訳です。
正しいのかどうか・・・そもそも右側の処理には何か別の問題があるのか・・
謎は深まるばかりです。
もしこの仮説が正しいのであれば、考えられる最強の処理フローは次のような
ものになります。
(今回の処理では2)を省略しているということになります)
1)撮像
2)DNG変換してRAP2でダーク減算、フラット補正
3)1枚ぬきだしてPSでcamera raw現像、
 アクションの記録をONにして16ビットモード化、HDR処理、TIFF保存
4)記録したアクションを使用してRAW画像をバッチ処理現像
5)出力されたTIFFファイルをDSSでスタック
6)スタックした画像をPSで最終調整
というわけで、RAP2を導入してみようと思います。
追記2015/5/12
RAP2を導入したのですが、残念ながらα7sのrawには未対応でした。
気長に対応される日を待ちたいと思います。

DSSのsuper pixelモード・デジタルカメラのナローバンド撮影

Hαのナローバンドをベイヤー配列のデジタルカメラで撮影する場合、

RGGBの4つの素子のうち、実質的にはRしか機能しません。
このため、Deep Sky Stacker(DSS)には「Super pixelモード」という
ものがあって、4つのRGGB素子のピクセルを一つのピクセルにまとめて
しまうことができます。
Hα撮影を始めたころ、抽象画のようなとんでもないスタック結果が
出てしまったことがあって、以来この「Super pixelモード」を使用して
きました。
しかし・・・・
検証してみると、ファイルサイズが小さくなる以上のメリットはなく、
逆にデメリットのほうが多いではないかとの仮説を持つに至りました。
FSQ106ED 530mmF5 α7s(改) ISO3200 BaardarHα7nm
Light 2:30×20(50min total) D×15,F32,FD32

左がsuper pixelモード200%表示、右が通常モード100%等倍です。
DSSの出力ママで特に調整はしていません。
解像感、ノイズ感ともに大差です。これでは、super pixelモードを選ぶ理由がありません。

もう一つ問題があります。
DSSの星認識の差です。

通常モードの星認識結果 閾値8%

DSSは自動で星の位置を検出して多数枚の画像をコンポジットしてくれるのですが、
実際にどの星が星として認識されたかを表示することができます。
(右下のアイコンのピンクの手裏剣のようなボタン)

通常モードの場合、このように画面全体に平均的に認識してくれていました。

super pixelモードの星認識結果 閾値3%

ところが、super pixelモードの場合、
「何故か」このように画面の左上が極端に少なくなっています。
理由は思いつきません・・・なぜなんでしょう??
左上は地平線に近い位置なので星が少ない??

光害地のHαでの撮影の場合、画面内の星の数が極端に少なくなるため
DSSの位置合わせの誤動作が発生しやすいのではないか?
と推測しているのですが、
だとすると星認識にこのようなムラがあると何らかの悪影響が
ありうるのではないでしょうか。
ナローバンドでのDSSスタックは、いつもがっかりする結果が多く、
かなりめげていました。
抽象画に始まり、星がにじんだり流れたり、うまくいっても
ザラザラ、つぶつぶになってしまうのです。
左:jpeg1枚画像(100%) 右:20枚スタック結果(Super pixel200%)
スタックなしのカメラ内jpeg現像画像と、rawの20枚スタックを比較してみました。
何なんでしょう・・・スタックした方がノイジーではないですか。
ダーク・フラットが合ってないのでしょうか??
検証は続きます。

Lフィルター導入・光害カットフィルター比較

牧ノ戸でアンタレス付近を撮影したとき、黄色の星雲の写りが若干悪いように感じました。

光害カットフィルターが、黄色のナトリウム輝線付近をカットすることが
影響しているのでしょうか。
これまではベランダが中心だったので光害カットフィルター常用でした。
条件のよい撮影地ではできるだけ光量を稼ぎたいものです。
自分のα7sは、赤外カットフィルターも外してしまっているので、
赤外線・紫外線をカットするLフィルターを導入しました。
左上が今回導入したLフィルターバーダーB366です。
肉眼ではただの透明なフィルターに見えます。
上列中央が光害カットフィルターLPS-P2。
ナトリウム、水銀などの光害輝線をカットします。
最も一般的な光害カットフィルターです。
上列右がネビュラフィルターLPS-V4。
水素のHα輝線付近と、460nm〜540nmくらいまでの青・緑を透過します。
赤い星雲を特に強調してカラー撮影するためのもの。
非改造機にAstronomik CLSをつけたものに近い特性です。
下段左がR2フィルター。右はHα7nmフィルター。
共通データ:α7s SIGMA 50mmF1.4解放
各種フィルターを比較してみました。
左の列はカメラのホワイトバランスカスタム設定、右が太陽光です。
天体改造すると赤の感度が極端に高くなりホワイトバランスが大幅に狂うのですが、
カスタム設定(白い紙を写してホワイトバランスを自動調整する)すると、
少しはましになります。
カスタム設定した方が飽和しにくいかもしれませんね。
露出時間を比較すると、LPS-P2よりもLフィルターの方が約二倍感度を稼げていることがわかります。
LPS-V4はLPS-P2の半分の感度。
逆にHαの赤い星雲の写りは、LPS-P2の2倍強調されることになります。
ノーフィルターにすると、Lフィルターの2倍強の感度にもなります。
あまり波長レンジが広いとレンズの収差やフレアが問題になりますが、無公害地で一度ノーフィルターで試してみたいものです。
赤〜赤外の感度も試してみました。
意外なことに、R2フィルターをつけた場合でも、十分な感度があります。
生のセンサーでは、赤〜赤外線の感度が結構あるのですね。
光害地の系外星雲や星野写真では、光害をカットしつつ感度を高くできるので、
Hαナローバンドよりも有効かもしれません。
Hαだと、Lフィルターの約1/8の感度。
公称半値幅7nmなら1/20以下になるのかと思いましたが、B、GバンドよりもRバンドの感度が高いからでしょうか。
IR86だと、さらに弱くなってLフィルターの約1/32の感度です。
IR86での星野写真はベランダで試写はしたことはあるのですが、
いつか本格的に試してみたいと思っています。
昨夜は一晩中よい天気だったようです。
昼間はPM2.5でひどい透明度だったのですが、今は割とさわやかな青空です。
出撃するつもりだったのですが、仕事疲れで起きられず。。。
仕方なくこんなエントリ書いてましたorz

スカイメモRS導入

出会い頭で・・ぽちってしまいました。
ケンコー・スカイメモRS。
巷では、赤い「スカイメモS」が話題になっていますが、
こちらは名前は同じですが似て非なるものです。
初代の富士電子製を知るOssanには感慨深い逸品。

ポラリエでの重量級機材のガイドには

ちょっと無理を感じていて(不可能ではないのですが)、
328を搭載できる小型の赤道儀を物色中でした。

SWAT350かAP赤道儀が最有力候補だったのですが、
10万円を軽く越えてしまいます。

また、赤緯軸とかアクセサリを加えると、
さらに高くなってしまうため、躊躇していました。

そんなとき・・Facebookのグループにスカイメモが
アウトレットで安く出ているとの情報があり、
ついぽちってしまいました。
amazon価格56000円のところが、税込で48406円、ポイント10%付き。

本体だけで3kgの重量級。
若干無駄に重い気もしなくはないですが、ポラリエよりはるかに安定しています。
カメラやウェイトを含めると4キロを越えるので、三脚と三脚側の雲台は十分強度のあるものが必要です。


本体の裏側。
左右の端はM8のネジ穴。純正の三脚はこのネジ穴で装着します。

中央は1/4インチネジ穴。この左右の穴はネジ穴ではなくただの凹みです。
汎用のプレートが装着できるように、35mm間隔のネジ穴があるとよいのですが。


赤緯体は極軸にクランプで単に締め付けるだけの構造ですが、
緩めたときの動きはまあまあスムーズです。



赤緯体とカメラは、専用の真鍮のコマで取り付けます。
半径がやや小さく不安を感じましたが、実用上は問題なさそうです。



今回のスカイメモの導入の目的は、重量級望遠レンズでの運用。
328を載せてみました。
SXPには当然負けますが、強化版ポラリエと比べると抜群の安定感です。

バランスウェイトとシャフトはオプションでこれが結構なお値段がするのですが、
本体のポイントを使ったので実質2000円強でした。



赤緯軸には、パノラマ雲台経由でレンズを装着。


1.7kgのウェイトでは、328+5D3だとやや重量が足りません。
そこで、アルカスイスプレート経由で継ぎ足せるようにしました。

純正バランスウェイトのシャフトの先のネジ穴が、M6ではなく1/4インチなら話は早かったのですが・・
(これはSXPにも言えます。なんでM6なんでしょうね・・・)
純正のバランスウェイトのシャフトの反対側(赤緯体側)は、M12になっています。
スカイメモRSの弱点、というか今風でないところは電源。
6V、単2電池4本で駆動しますが、シブイ電池ボックスが付属します。
単2なので緊急の時に入手しにくいかも。
ニッケル水素電池だと5Vになってしまうんですが、
はたしてちゃんと使えるのでしょうか。
充電式の外部バッテリーが使えるとよいのですが、
コネクタがセンターマイナスなので、
手持ちのものはそのままでは使えませんでした。
内蔵の極軸望遠鏡は対物・接眼レンズともマルチコートです。
(ポラリエはコーティングなしでした)
暗視野照明付きでパターンも見やすく、合わせやすい。美点!
極軸の先はステンレスの筒になってプラのキャップをかぶせるので
すが、
赤緯体を装着するとキャップができません。
撮影中の夜露や海岸の潮風を考えるとそれではちょっと問題。
そこでネット情報を参考にamazonで30.5mmプロテクターフィルターを買って装着しました。1000円。
こちらは30.5mmのレンズキャップをはめたところ。


スカイメモRS+328用機材一式。

スカイメモの欠点は重い以上に、収納性が悪いこと。
白い本体は長方形ですっきりしているのですが、極軸の前後の出っ張りがかなり邪魔。
バッグの中での収まりがよくありません。

総重量12キロ。レンズなど込みとはいえ、思った以上に重い・・
これに加えて三脚(雲台込みで3.2キロ)カメラボディ(500g)が加わるので、16キロ弱。
これはなかなか大変そう。結局は車移動用ですね。

今年の夏も波照間に行く計画を立てているのですが、この重量では別送ですね。
ちなみに、ヤマトの宅配便は離島でも特に追加料金はなく、15キロ以下なら3000円弱でした。
機内持込よりは安そうですね。

牧ノ戸遠征(6)星景その2

夜半を過ぎ、はくちょう座が昇ってきました。

EOS5D3 EF8-15mm4L 15mm F4 ISO3200 90秒
LeeNo3ソフトフィルター topaz adjustでHDR処理
ポラリエで恒星時追尾

HDR処理をかけると、高感度の1枚撮影ではどうしてもノイズが目立ってしまいますね。


EOS5D3 EF8-15mm4L 15mm F4 ISO3200 90秒×6
LeeNo3ソフトフィルター topaz adjustでHDR処理
ポラリエで恒星時追尾

夏の銀河が昇ってきました。

こちらは6枚コンポジットしてみました。たった6枚でもコンポジットの威力は絶大。
銀河がくっきりと浮かび上がりました。
今回ポラリエは、極軸望遠鏡+テレスコ工作工房の各種強化キット(微動雲台、雲台ベース)のフル装備でしたが、魚眼レンズの場合、そこまでしなくてもガイドエラーの心配はほぼありません。
次回からはポラリエは小型三脚+本体のみの軽装備で魚眼専用で撮るのが主力になりそうです。
(実はスカイメモRSを買ってしまったのです・・)