「赤外」カテゴリーアーカイブ

奥日田(4) 近赤外線で天の川

パノラマの撮影と並行して、α7Sとポラリエで赤外撮影してみました。

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 固定*30、追尾*30 2017.5.27 大分県奥日田

合計露出15分の固定と追尾を合成。近赤外モノクロ新星景という○態路線です^^;

波長1μ未満の近赤外では、あまり可視光との違いがないのですが、暗黒星雲が可視光よりも明るく、また銀河のハロの広がりが大きく感じられます。(気のせいかもしれませんが・・)

みんな大好きなウ○コ色の暗黒星雲は、赤外寄りの光の星だと推測しているのですが、実際のところどうなのでしょうか。

可視光と赤外の最大の違いは「大気光」かもしれません。
上の動画は、固定撮影の30コマをタイムラプスにしてみたもの。銀河の左側の波打った雲のようなものが大気光と推測。

便宜上「大気光」と書きましたが、実体は不明。低層の雲が何らかの理由で赤外波長で明るく光っているのか、もっと高層の何かなのかはわかりません。

一つ確かに言えるのは、可視光では晴れているように見えても、赤外だと「赤く光るやつ」がはっきりとらえられるということです。

さらにもうひとつ。
赤外だと阿蘇山の火口からの噴気が写っています。
タイムラプス動画だと、この赤矢印の部分が揺らめいているのがはっきりと確認できます。

同じ夜のカラー画像では、この噴気は確認できません(でも心眼でみると気持ち赤いような)。
うーむ、さすが赤外線。 (だからどうなんだ、という突っ込みはナシで^^;;;;)

さらにさらにもう一つ。
上の画像は、薄明中の南の地平線付近を撮ったものですが、明るい白い雲は肉眼では全く確認できませんでした。(比較用のカラー画像を撮らなかったことを激しく後悔)

これ、どのくらいの高さの雲なんでしょうねえ。ネットで調べても、近赤外域の夜の雲についてはほとんど記述が見当たらず、もしご存じの方がいらしたら、ぜひご教授ください。

 

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 追尾*60 2017.5.27 大分県奥日田

地上の入らない天の川も撮りました。ちょっと変わり映えしない構図で失敗。銀経0を中心にした縦位置の方がよかったかも。

この写真で見ても、へびつかい座のこの辺で一番暗い暗黒星雲が、真っ黒ではなく少し光っているのがわかります。

でもこちらも、例の大気光?の影響が。
近赤外でスッキリ撮るのは、もっと標高の高い場所の方がいいのかもしれません。

赤外撮影は今後もまったりと続けていきたいと思っています。

 

久々のベランダ撮り(2) M42の近赤外カラー合成

ベランダ撮りでもうひとつ。
以前からやってみたいと思っていた、近赤外線でのM42の疑似カラー合成です。

左:EOS kiss X5(HKIR改造)FSQ106ED+645RD ISO400 15sec*15
右:左のRをIR画像(IR86フィルター)に置き換え
α7S  FSQ106ED+645RD ISO12800 30sec*30、270sec*4

左が通常の改造機によるカラー画像。
右がIR86を付けた近赤外画像をR成分に置き換えたものです。

M42の近くに、近赤外でより強く光っている星が多いのがわかります。また、暗黒星雲がより赤く見えていて、暗黒星雲は近赤外光ではより強く光っていることがうかがえます。

IR86を付けると実効感度が著しく下がってしまうため、30秒露出ではかなり露光不足。淡い部分はほとんど出ていません。

1枚画像のjpeg撮って出し。色温度電球色。
ヒストグラムを見ると、もう倍くらいは露出できそう。
860nmより長い波長では、センサーのB画素もけっこう感度があることがわかります。

でも、この程度の波長の近赤外線では、宇宙の様相は可視光とそんなに大きくは変わらないのが寂しいところ。
非光害地でもっと露出して、淡いところも描出するとどのくらい違いが出るのでしょうか。

以前撮影したときは、暗黒星雲が「透けて」見えるような兆候がありました。b78に再チャレンジしてみたいですね。

実は今回の撮影では、α7Sの30秒縛りを外して撮影した270秒露出のコマも使用しています。30秒では淡い部分の描出に限界を感じていて、「星喰い」現象を無視して撮ってみるとどうなるかの試行です。

その結果は次回に^^

ベランダからDSO 近赤外撮影

二日連続でベランダ撮影。

前回アップした、JILVA-170+328と、
今回アップするFSQ106EDの2台体制です。
FSQ106EDでは、DSO(Deep Sky Object)を撮影しました。
光害対策として、SC72フィルターを付け、
近赤外域での撮影です。
α7S(フィルターレス) FSQ106ED F5 ISO3200
30sec * 162 SC72 SXPオートガイド
DSS Drizzle 2x
しし座のトリオ銀河、M65/M66/NGC3628。
空の条件の良いところで長時間露出すれば、
NGC3628はもっと淡い広がりが写るのですが、
ベランダでは光害に強い近赤外といえどもここまで。

赤しか通さないはずのSC72を付けているのですが、
ヒストグラムを見るとGもBもある程度(-2EV〜-4EV程度)
感度があるように見えます。
この画像は、モノクロ化せず、山を揃えてカラーで処理しました。
有意な色があるようには思えないのですが、
銀河の色がそれっぽかったので^^



α7S(フィルターレス) FSQ106ED F5 ISO12800
30sec * 58 SC72 SXPオートガイド
DSS Drizzle 2x

しし座のNGC2903。
比較的大きく、はっきりとした腕のある銀河です。
眼視でも、ここまでははっきりは見えませんが、
日本の腕を見ることができます。(20cmの場合)

この日はISO12800で撮ったのですが、
ダークを引かない場合は、
ISO3200の方がノイズ感が少ないように思えました。



α7S(フィルターレス) FSQ106ED F5 ISO3200
30sec * 180 SC72 SXPオートガイド
DSS Drizzle 3x
ソンブレロ星雲、M104。
以前も近赤外で撮ったことがある対象ですが、
今回は気合の総露光90分、Drizzle 3x。


こちらはカラーバージョン。
ノイズ覚悟で背景を持ち上げると、
ハロが外部まで広がっているのがわかります。




α7S(フィルターレス) FSQ106ED F5 ISO3200
30sec * 114 SC72 SXPオートガイド


おとめ座銀河団。通称マルカリアンチェーン。
この付近は大小様々な系外星雲が密集しています。
それにしても、綺麗なループに並んでいるものですね。

近赤外のDSO撮影、
100万都市福岡のど真ん中でも
けっこう写ってくれますね。
南東向きベランダなので、
かみのけ座やおおぐま座あたりの対象が撮れないのが残念。
次回の遠征では、
FSQの直焦点でDSOを狙ってみたいですね。

近赤外でM104ソンブレロ星雲

赤外線で天体を見ると、
可視光では分からなかった宇宙の姿が見えてくる、らしいです。

例えば、wikipediaには赤外線で撮影したM104の写真があります。
デジタルカメラでもこんな写真が撮れたりするのか??
試してみました。

赤外カットフィルターを外したα7Sに、SC72フィルターを装着。
0.72μm〜0.95μmくらいまで感度があるものと思われます。
赤外線天文学でいうところのIバンドになります。
FSQ106ED F5 α7S(フィルターレス改造)
ISO8000 SC72フィルター
30sec*64枚 SXP + GT40 福岡市内自宅ベランダ

うーん。あんまり可視光と変わらないですね。。
気持ち、球状のハロの部分が可視光より暗い(円盤部が明るい)
気がしなくもないですが。。

Wikipediaによると、
一般に赤外線と呼ばれる電磁波の波長域は結構広く、
0.75μm〜1000μmくらいまでになっています。
可視光が0.38μm〜0.75μmですから、桁違いに広いですね。
1000μm=1mm、この領域になると「サブミリ波」、つまり電波です。

デジカメで撮れるIバンドは、
赤外線の中でもほとんど可視光に近い領域。
もっと長い波長ならともかく、この程度の赤外線では、
可視光とあまり違わないのかもしれません。


FSQ106ED F5 α7S(フィルターレス改造)
ISO8000 IR86フィルター
30sec*10枚 SXP + GT40 福岡市内自宅ベランダ

IR86フィルターに換装し、もうすこし長い波長でも試してみました。
うーん。さらに円盤部が明るい気がしなくもないけど、
ノイズがひどくてなんともいえません・・

IR86だと、SC72と比べて感度が1/4くらいになってしまいます。
30秒縛りのα7Sではもはや限界。10枚撮ったところで断念。
次回、100枚くらい撮って重ねて見ますか・・

ちなみに、上がIR86フィルター、下がSC72フィルターでの
撮って出しjpegのヒストグラムです。
この間の、IR76かIR80あたりがいいのかも。

近赤外で天体を撮るメリットがひとつあります。
近赤外だと、ナローバンド並に光害の影響を受けにくくなります。
また、ナローバンドほど絶対光量が少なくならないので、
割と普通の露出時間で撮影ができます。

感覚的には、SC72でLPS-P2と同じか、1/2くらいの光量です。
R2(=SC62)だと、フィルターなしLフィルター付きの場合と同じくらいの光量になります。
(Lフィルター導入・光害カットフィルター比較参照)

でもしょせんモノクロですからね・・
可視光のカラーにIバンドの赤外成分を合成して
疑似カラー化するとどうなるか?
気長に試してみたいと思っています。

ベランダから赤外撮影・NGC253とM42

平日(木曜)の晩でしたが、良い天気だったので久々にベランダにFSQを出して撮影。

今回は光害を回避する意味で赤外で撮影しました。
α7s(フィルターレス) FSQ106ED F5 530mm 30sec×81 ISO3200
SC72フィルター SXP+GT40+WAT810HX DSS Drizzle 2×
ちょうこくしつ座のNGC253です。
南に低いのであまり条件の良くない対象ですが、
明るくて大きな撮りごたえのある系外星雲です。
最初はR2(SC62相当)で撮影してみたのですが、
かぶりが酷いのでSC72に換装。
200コマほど撮影したのですが、
結局前半の分は高度が低いためかぶりが大きく、
後半の80枚だけを採用しました。
この写真は左から開始時、100枚目、200枚目です。
光害地では地平高度の差によるかぶりの違いが顕著です。

α7s(フィルターレス) FSQ106ED F5 530mm
30sec×51 ISO3200 、30sec×21 ISO800
SC72フィルター SXP+GT40+WAT810HX DSS Drizzle 2×
続いてオリオン大星雲M42です。
赤外で撮ると、星雲のガスが晴れたような感じになって星の数が多くなりますね。
M42は明るいので、次回はより長波長側だけを通すIR86で撮ってみたいと思います。