花見が岩公園(3) ラブジョイ彗星C/2017 E4

ナローHαの撮影を薄明開始20分前に切り上げ、328に換装してテイルが伸びてきたとの噂のラブジョイ彗星(C/2017 E4)に向けます。

思った以上に明るく、10秒露光の試写で簡単に見つかりました。青緑の彗星色はいつみてもわくわくします^^


2017/4/3 4:34~4:49
α7S(フィルターレス)Baader赤外カットフィルター
EF300mmF2.8LIS  ISO6400 30sec*29  ダーク30
JILVA-170ノータッチガイド DSS 彗星基準スタック

薄明ちょい過ぎまで、15分30枚勝負。
かなり動きの速い彗星なので、彗星核基準でコンポジットしました。
露出時間が短いので、ダークもしっかり撮って引いています^^;
これくらいの短い総露出時間の場合は、α7Sではダーク減算にはそれなりに効果があると感じています。

テイルが細く長いですね〜
同じ夜に撮影された他の方の作品を見ると、この画面のさらに右、倍以上伸びていたようです。

上の画像の等倍切り出し。
面白いのは、彗星のコマがスライムのような水滴状になっていること。他の方の画像でもそうだったので、たぶんその通りなのでしょう。

さらに拡大して顔を描いてみました^^;
色もまさにスライム色w

 

こちらは星&彗星基準でのコンポジット。
元画像では、テールがやや太くなってしまったので、テール部分だけを彗星基準の画像のもので切り貼りしました。
なので、若干?テール付近に流れた星の跡が残っています^^;;

いつも思うのですが、彗星の撮影は一期一会。
今回は「もう10分早く撮影を始めるべきだった」とやや後悔。
でも、ここ数年、6等級の彗星が毎年のようにやってきてくれるので、いい練習になります。

早くウエスト・百武・へールホッブ級の大彗星が来てほしいものです。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)