京都大学大宇陀観測所の思い出

京都大学大宇陀観測所の60cm望遠鏡が、香川の天体望遠鏡博物館に寄贈されたそうです。

参考リンク)
天体望遠鏡博物館に口径60cm反射望遠鏡がやってきた!@多和http://sanuki-asobinin.seesaa.net/article/448159041.html

大宇陀観測所には古い思い出があります。

 

1978年ごろ。
背景左奥の四角い建物が大宇陀観測所。
手前の広場が現在廃校になった大宇陀町立守道小学校の校庭。
当時、この校庭をお借りしてよく天体写真の撮影をやっていました。

 

大宇陀観測所は一度だけ見学させていただきました。
当時設置されていた40cmのシュミットカメラ。
望遠鏡博物館に寄贈された機材ではなく、そのひとつ前の機材です。赤道儀は写真で見る限りこれが寄贈されたものと思われます。

ということは、大宇陀観測所は閉所になるのでしょうか。

 

当時の撮影仲間たちと。
中2から高1。なんかかわいいですね^^

 

もう一人。
写真界では知らぬ人がいないであろうとある事件ですっかり有名になってしまった彼ですが、人なつっこい愉快なヤツでした。

 

このジャリ共、もといお子様たちは、昼間テントで寝ていたらちょっかいを出してきて、上のホンダのジャンパーのおにいさんにすっかりなついてしまい、観測所の門の前で撮った記念写真。
もうええおっさんになっているはずです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)