「石垣島」タグアーカイブ

八重山の旅(4)石垣島で

波照間から石垣島に戻り、さらに2泊。
でも天気は思わしくなく、最終日にようやくほんの少しだけ星空が。

EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec*8
2017.4.23 沖縄県石垣市玉取崎

玉取崎で。
石垣市の光芒の右にオリオン座。
ガスっぽい空で星の輝きは弱く、あんまりやる気が出なくて水平0°のみのパノラマ。
折角だから上30°、60°も撮っておけばよかった・・

この季節ブーゲンビリアが咲いていて、交点なら冬の天の川とのコラボが楽しめたはず・・・


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 30sec*2
プロソフトンA 2017.4.23 沖縄県石垣市玉取崎

右下に南十字星の一番上の星、ガルックスがかすかに写っています。ここでも南十字星は一部しか見えず・・

左下の大きな灯りは漁船。
LEDライトのお陰で夜間の漁は楽になったことでしょう・・

玉取では星見のカップルが一組。
「南十字星見えませんね〜」とひとしきり会話。
満点の空ならいつものように撮らせていただいたのですが、全く冴えない天気でこちらも見送り。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 ISO400 20min
プロソフトンA 2017.4.23 沖縄県石垣市玉取崎

長秒光跡撮影。
20分開けっ放しておけばなんとか十字が4つ写るかと試しましたが、これもガルックスだけ。右下のほんの淡い赤い光跡です。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 ISO3200 30sec
プロソフトンA 2017.4.23 沖縄県石垣市明石海岸

懲りずに明石海岸に移動。
こちらではなんとか、ガルックスに加えてβ星も写りました・・

ほとんどベタ曇りだったのですが、アンタレスの方向にカメラを向けてタイムラプス。

低層の雲は手前側に、高層の雲は向こう側へと、反対方向に流れています・・晴れそうにないよねw


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 ISO3200 30sec
プロソフトンA 2017.4.23 沖縄県石垣市明石海岸

それでも怒りのアンタレスw

ただでさえ赤いアンタレスが低空でさらに赤く、不気味に光っていました。
写真としてはイマイチ、イマサンですが、印象としてはこの光景が一番心に残りました。


同じく、石垣島で一番心に残った風景。
名蔵湾の干潟を無人島の牧場へと渡る石垣牛。

この無人島は「小島(くすま)」といって、写真のオジイの畑と牧場があるそうです。
春の大潮の干潮の時だけ、歩いて渡れるとか。

泊まった石垣島のホテル、イーストチャイナシー。
3Fのレストランに受賞作が飾ってありました!うれしー。

 

前日の夜には、絶対的石垣島の理事の方とここで夕食。
楽しいひとときをありがとうございました!

今回の八重山行きは天気が良くなくてフラストレーションが溜まりましたが、まあそれも旅の属性。
新しい発見や出会いもあって、楽しめました!

これにて八重山シリーズ終了です。
ごらんいただきありがとうございました。

2016「絶対的八重山 秋・冬島旅フォトコンテスト」大賞・「星空にうっとり」

「2016絶対的八重山 秋・冬島旅フォトコンテスト(NPO絶対的石垣島主催)」で一位をいただきました^^

Facebookグループの「絶対的石垣島」では、夏のフォトコンでも入賞させていただきましたが、今回はなんと「大賞」です^^

 


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎展望台東屋

この写真は石垣島有数の展望スポットである玉取崎の東屋で撮影したものです。ここは石垣市街の街灯りの影響も少なく、素晴らしい星空を見ることができました。

何組ものグループが星見に訪れていて、あちこちで「凄い」「ヤバい」の声が^^
そんな中で、静かにじっと星を眺めている人の気配。写真では街灯りがけっこう強く写っていますが、現地ではほとんど真っ暗で、「誰かいるな」くらいしかわかりませんでした。

現像してみると素敵なカップルの姿が。見つめているのはオリオン座の方向ですね^^

カシオペヤ座のwの形が見上げなくても自然に目に入る高さに見えるのは、緯度の低い八重山ならでは。
本土では見られることのできない南天の星空、北天の風情。八重山の豊かな自然と風土、その中でも特筆すべき星空という財産。八重山の星空の魅力を伝えられたらと応募しました^^

それがなんと大賞^^ 嬉しい・・何が一番うれしいかというと副賞のホテル宿泊券でまた石垣に行けること^^

スポンサー様、主催者様、ありがとうございます^^
「ホテルイーストチャイナシー」のリンクを貼っておきます。
石垣港に面した風光明媚な白亜のホテルです。
離島ターミナルにも市街地にもすぐ近くでアクセスも便利。
朝食バイキングの沖縄料理も楽しめます^^
GW前の4月下旬に、週末をはさんで石垣にまた行く予定です。
今回は波照間からの全天パノラマやηカリーナに南十字星など、いろいろ撮りたいテーマがあって楽しみです^^

洋上のダイヤモンド・石垣島玉取崎(3)

石垣シリーズ最終回。
ここまでおつきあいいただき、ありがとうございますm(_ _)m


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) EF8-15mmF4L F4 ISO3200
120sec*6(固定撮影)、120sec*12(追尾撮影)Lee No3
2016.11.6 石垣島玉取崎にて

洋上の冬のダイヤモンド。
一等星7個に天の川、数多くの星団と散光星雲。
このエリアは星空の繁華街。

旅撮りの場合時間に追われてなかなかできないのですが、雲が晴れたので久々に追尾と固定の合成を、枚数を多くしてやってみました。
さすが、画質が向上しますね^^

 


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2  ISO3200
30sec*2モザイク プロソフトンA 固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎にて

北西の空ではカシオペヤとアンドロメダ大星雲が傾き、北アメリカ星雲が沈むところ。
ここももっと重ねて撮りたいのですが、赤道儀は一つしかないのでこちらは固定撮影^^;

1枚撮りにしては赤い星雲がよく出てくれました。

 

———–

 

長かった石垣ツアーも終了。

 


iPhone6S

石垣空港で少し時間があったので、発着する飛行機を眺めに行きました。
これは着陸した飛行機。
木がなんだかアフリカみたい^^

 


iPhone6S

機上からの夕焼け。
東向きのフライトは夕暮れが早回しです^^

 

 

α7S SIGMA24mmF1.4Art F1.4  1/2秒 ISO51200

那覇空港で乗り次いで福岡に向かう頃には星空に。
窓の外は星空、アルデバランとベラトリックスが。
さすがα7S、手持ちでも星空が写ります。

でも窓の映り込みを避けるためにジャケットをカメラに巻き付けたり必死^^;

 


iPhone6S

どこにも貼れなかったので最後に貼っておきます。
米原ビーチで見かけたカップル。
楽しそうに写真の撮りっこしていました。

洋上の冬の大三角・石垣島玉取崎(2)

展望台についてしばらく後、冬の大三角が昇ってきました。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec ISO3200
プロソフトンA 地上*23、星*3をコンポジット後合成 固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

洋上の冬の大三角。
固定撮影23コマから、星コンポジットと地上コンポジットの合成です。
広角レンズの固定撮影のコンポジットは周辺部が流れてしまうため3枚が限界でした。

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec*23 ISO3200
プロソフトンA 加算平均合成、比較明合成をコンポジット
固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

こちらは全コマの光跡合成。
比較明合成だけだと光跡がきつくなるので、比較明合成の画像をブレンドしています。ただし海は100%加算平均合成です。

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SAMYANG35mmF1.4 F4 11min ISO400
プロソフトンA 固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

こちらは1枚撮り。
ソフトフィルターを入れましたが、光跡撮影の場合はなしのほうが繊細で美しい画像になるような気がします。

 


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200
プロソフトンA  固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

冬の大三角と私^^
ポラリエで冬のダイヤモンドを追尾中。

35度のアングルプレートで三脚に付けているので、石垣だとこの通りナナメになります^^;

 

————–

 

名蔵湾再訪。

 


iPhone6S

前回マングローブと夏の銀河を撮った場所。
天気が悪いとご覧の通り眠たい感じ–;;

 


iPhone6S

最終日の晩はどこにも出かけず、受賞作を飾っていただいている、カクテルバー「Bar 2nd room」さんに行ってきました。

カウンターの下に小さなライトが仕込んであって、下からカクテルグラスをライトアップする仕掛けになっています。
1杯目はバカルディ。


iPhone6S

2杯目は、マスター初オリジナルの復刻版「ノクターン」。
石垣の夜をゆっくりまったり楽しみました^^

石垣随一の星見台・石垣島玉取崎展望台(1)

白保海岸を後にし、さらに北へ移動。
玉取崎の展望台に向かいました。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎展望台東屋

東屋から星を見つめるカップル。
写真ではわずかに表情が捉えられていますが、実際は真っ暗で人がいるなとわかるくらいでした。
特に声をかけずに撮影したのですが、20秒の露出時間の間ふたりは星を見つめたままでした。

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎展望台東屋

東屋が車のヘッドライトで照らされた瞬間。
思いのほか多くの人が星見に訪れていました。
めいめいが、空を見上げては歓声をあげたり、じっと星を見つめたり。

ここは石垣島でも海の美しい展望スポットですが、星見スポットとしても随一です。
駐車場から暗い道を5分ばかり歩く必要がありますが、下見さえしておけばスマホの灯りだけでも充分。半分くらいの人は懐中電灯すら持ってきていない様子でした。

 

 


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎展望台東屋

展望台から南側。
しつこく「南の大三角」を撮りました^^
石垣市街の街灯りはちょうど真南。
白保ほどではありませんが、それでもけっこうな明るさです。

——————

昼間の展望台。


iPhone6S

展望台から北東側。
海岸から見るのと違って、珊瑚礁とその境界線がはっきりわかります。


iPhone6S

南西側。
柵に囲まれたここに向かう遊歩道が見えています。