FTフード

レンズの露よけ&迷光対策の決定版、FTフード。

自分も一昨年、FSQ106ED用のものを入手し愛用しています。
これまで、FTフードを装着して曇ったことは一度もありません。
はっきり言って高いのですが、大変な優れものです。
最近は製造が追いつかず注文休止中になってしまっていますが、
某筋から、高橋50mmファインダー用のものを入手しました。

右が今回入手したFTフード。
左の50mm7倍ファインダー用のものです。
中央のGT-40にも装着したいのですが、やや径が細くてぶかぶか。
そこで、鏡筒にボール紙を巻き付けてぴったりはまるように工作しました。

薄手のボール紙を2cm幅に切り、
木工用ボンドで貼り合わせて、7重くらいに巻いています。

GT-40に装着したところ。
ちょっと長すぎですかねえ。
風が強い日はブレの原因になりそうです。
まあ、風が強い日は露も付きにくいので、
そのへんは気象状況次第での判断ですね。
露よけ対策はヒーターを付ければほぼ問題ないのですが、
電源や結線など、何台も機材を並べて使用するときは、
いろいろ面倒になります。
FTフードなら、つけっぱなしの放置ができるのでとても楽。
製造元によると、類似品は自作含めていろいろあるが、
本家の品質には及ばないとのこと。
その秘密を自分なりに分析すると・・・
  • 外周のアルミ箔、透明テープ巻。放射冷却と外周からの湿気を防止している。
  • 厚みのある段ボールを、吸湿性のある接着剤で何重にも巻くことで吸湿効果を高める
  • 何重にも入れられた吸湿性のある遮光リング
  • 鏡筒ママの太さではなく、遮光リングの分太くする。
  • 丁寧な吸湿性のある黒塗装による内面反射防止(理想は墨ですかね)
これらを全て満たせば、自作でもそれなりの品質のものができそうに思います。
外周をウレタン巻にすればさらに断熱効果が増すでしょうし、
遮光リングの密度もさらに倍くらいにすれば曇り止め効果も上がるでしょう。
でも・・・自作するとすごーく大変そうですね。
吸湿性のある接着剤を使用すると
貼り合わせを一気にやるわけにはいかず、
貼り合わせては乾燥、を繰り返す地道な作業が必要そう。
遮光リングをはめ込むのも結構技がいりそうだし・・
どなたか生産革命を実現して、
せめて半額くらいの製品だしてくれないですかねえ。

JILVA170・ベンチバーに穴を空ける

先日の牧ノ戸遠征の際に、

バランスウェイトの取付が悪くてずれてしまった件。
改良してみました。
これが問題の図。
ウェイト軸がベンチバーに一点ネジ止めなので、
重量に負けてずれてしまっていました。
ベンチバーはツルツルなので、
一点止めでは強く締めこんでも滑ってずれてしまいます。

左の穴が今回空けた5mm径のバカ穴。

電動ドリルはIKEAで買った3000円の廉価品ですが、

割と簡単に穴空けに成功。
右が追加した5mmネジ。
タップは持っていないので反対側にナットを付けています。
ここは付け外しはしないのでまあいいか。
ウェイト取付部の2点止め完成図。
安定して固定できるようになりました。
ちなみに、左のレンズ取付部の金具は、
表面がささくれたアルミ板なので一点止めでもとりあえずしっかり固定できています。
ここも決して強固ではないので、いずれ強化を考えないといけないかも。
ドリル1個で自由度が広がりますね。
(ドリルを持っていなくても、最近のホームセンターはボール盤を貸してくれるみたいです)
そのうちにM5,6,8,1/4インチのタップは整備したいところです。

冬の久住へ(5)カタリナ彗星

今回の遠征の大きな目標の一つがカタリナ彗星。
地球に接近し地平高度も高くなり、
イオンテールの複雑な流れが撮りたくて、
ひたすらコマ数を撮って動画にしようと考えていました。
夜の2時半ごろからは、延々カタリナ彗星を撮影。
動画にするので、デザリングもなしでひたすら放置撮影です。
薄明まであと1時間となった頃、
さすがにレンズが凍っていないかとか心配になって、
一旦撮影を中断し各所をチェック。
すると・・なんとレンズが少しずつずれてしまっていて、
彗星が写野の端っこにまでずれていました・・
ガイドもその方向に流れまくり。
EOS6D(SEO-SP4) EF300mmF2.8LIS F2.8
LPS-P2 ISO3200 60sec*20
DSS恒星モードでコンポジット
JILVA-170ノータッチガイド 大分県牧ノ戸峠
仕方なく後半の、流れが酷くない20コマだけで合成。
画質は満足できないのですが、明るい彗星なので、
明るいコマと長いイオンテール、
太くゆるく曲がったダストテールを映し出すことができました。
上の写真は恒星で位置合わせをしているので、
動きの速いこの彗星の場合、
撮影中にかなり移動するため、
テールの細かな様子はぼやけてしまっています。

DSS彗星モードでコンポジット
DSSには、このような場合のために、
「彗星核で位置合わせする」オプションがあります。
上の写真はそれでコンポジットしたもの。
恒星は流れてしまいますが、何条にもわかれたイオンテールの状態が浮かび上がっています。

DSS恒星・彗星モードでコンポジット
もう一つ、DSSには、
彗星と恒星を、
それぞれ別に位置合わせして
合成してくれるモードがあります。
ところがこれ、うまくいかないことも多いんですよね・・
上の例では、恒星の影のようなムラが全面に出てしまっています。
テールの微細部も、彗星モードよりはぼやけた感じです。

折角なので、後半のコマを動画にしてみました。
イオンテールの細かい動きは、この動画ではよくわかりませんね。
残念。
カメラが左下にずれてしまっているのが今回の問題。
しかし、原因は何だろう?
赤道儀の問題ではないのは明らかなんですが、
パノラマ雲台か、バランスウェイトの固定金具の
締め付けがゆるかったのではないかと推測しています。

冬の久住へ(4) 星景

いつもは、ガイド撮影の合間に星景をいろいろ撮るのですが、
今回は寒くてあまり撮れませんでした。
時折車で暖をとったのですが、それでも手足がじんじんと冷えてきます。
次回からはもっと積極的な防寒対策が必要ですね。。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec ポラリエ恒星時追尾

1枚撮り星景。沈むカシオペアとペルセウス。

このレンズは優秀で、F2.5でも星景には十分の画質です。
固定撮影だと24mmでは15秒が限界なので、ポラリエで追尾しました。
前景がシルエットであれば、恒星時追尾の30秒では流れはほとんど気になりません。


EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec ポラリエ恒星時追尾

さらに北側を。
カシオペアとこぐま座。



EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec*15 ポラリエ恒星時追尾

沈むぎょしゃ座。
こちらは、星は追尾のコンポジット、背景の1枚画像との合成です。
赤い星雲をはっきり出すには15枚ではまったく不足ですが、
星の画質を上げるのが目的であれば、
15枚コンポジットすればかなり満足のいく画質になります。

左の灯りは、たぶん九重森林公園スキー場の灯り。
かなり強烈でした。



EOS5D3 EF8-15mmF4L F4 30sec ポラリエ恒星時追尾

こちらは全天写真。朝の4時頃。
全天写真は、コンポジット画像に地上画像を合成するのが難しいので1枚画像で。
賑やかな冬の星座はあらかた沈んでしまい、星空はすっかり春。


冬の久住へ(3) 135mmでナローバンド・わし星雲

328でオリオンを撮りつつ、
スカイメモには135mmを載せてα7Sでナローバンドです。
今日の標的はIC2177、わし星雲です。
Flickrで大きな画像を見る
α7S EF135mmF2L F2
ISO12800 30sec*200 Baader Hα7nm
スカイメモRSノータッチガイド

前回、中華リモコンが接触不良で使い物にならなかったので、
今回は「タイムラプスアプリ」で連続撮影。
最低30コマなのでディザリングにはちょっと長いのですが、
2時間8セット撮影できればまあ十分でしょう。

ぶれたコマをのぞいたので200枚スタックの総露出1時間40分。
ノイズは相当減ってくれました。

ただ、相変わらずレンズのたわみによるスケアリング不良が。
強調しているので、ピンぼけ星像は、
やや大きな丸い星像になっています。
ブログの縮小画像ではわからないのですが。
何かいい方法を考えなくてはなりません。