ベランダでナローバンド・いて座M16,M17

近赤外に続き、HαナローバンドでM16/M17付近を撮影。
FSQ106ED+645RD(380mmF3.6) α7sフィルターレス改造
Baadar Hα7nm ISO1600 L150s×16(40min total) フラット、ダークなし
PS-CC camera rawでTIFF変換後、DSSでスタック、topaz adjust5でHDR処理
SXP+GT40+WAT910HX 自宅ベランダ

ISO1600に落として撮影したのですが、
2分30秒の露出ではかなり少なかったようです。
カメラの液晶モニタ上では十分な写りに見えたのですが、
だまされてはいけませんでした(笑
5分露出だと雲やガイドエラーのリスクも増えてしまうので、
次回からはISOは3200でしょうか。
淡い領域を狙うには、枚数が少なすぎたようです。
次回はもう倍くらいはかけないとですね。
PS-CC camera raw現像、topaz adjust5でHDR処理、
TIFF変換後、DSSでスタック

こちらは別バージョン。
同じ元raw画像群を、コマ単位でHDR処理後、
DSSでスタックしたものです。

このような、
「コマ単位で強めの画像処理を行ってから多数枚をコンポジットする」手法を、
便宜的にコマ単位プレ処理後スタックと勝手に呼ぶことにします。

前回のM8でもそうだったのですが、
「コマ単位プレ処理後スタック」は、
スタック
後に画像処理するようにも、
はるかにノイズ感が少なくなるようです。

(2015/10/25追記)
その後何度も試してみたのですが、
HDR後のスタックにあまりメリットはないとの結論に達しました。
前回のM8はなんでかすごく具合良かったんですけどねー。

HDR後スタックの最大の欠点は、
パラメータを調整するためには各コマの処理まで戻らないといけないことです。
いまひとつ具合が悪かったときのやり直しの手間が最大。
この方法は封印です。


でも今回の例では、ティテールがのっぺりとしてしまい、
強画像処理感・嘘くささ満点になってしまいました。
HDR処理のパラメータが悪かったのかも知れません。
(デノイズを強めにかけた)

コマ単位プレ処理後スタックでは、
スタック後の画像処理移行はほぼ後戻りできないので、
プレ処理の際のパラメータの追い込みやノウハウが
重要になりそうです。





ベランダ近赤外線撮影・べびつかい座B78暗黒星雲

赤外撮影なら、光害地ベランダからでも割とましな銀河が撮れることがわかり、

続いて暗黒星雲を撮影してみました。
FSQ106ED+645RD(380mmF3.6) α7sフィルターレス改造
SC72フィルター ISO1600 L30s×40 フラット、ダークなし
PS-CC camera rawで現像後topaz adjust5でHDR処理、
TIFF変換後、DSSでスタック
SXP+GT40+WAT910HX

へびつかい座の暗黒星雲b78です。
さそりといての間にある、この付近では最も深い暗黒部。
右上にS字状暗黒星雲が見えます。

可視光ではほとんど星が写らなかったのですが、
近赤外だと意外と多くの星や、細かな暗黒部の構造が見えてきているようです。

ベランダ20分露出でこれは楽しい^^
ほかにもいろいろ撮ってみたくなります。
露出を120分くらいかけたらどうなるだろうとか、
空の暗いところだとどこまで写るんだろうとか。

他のナローバンドフィルターと組み合わせて、
I/Hα/O3疑似カラーとかやってみたらどうなるんでしょうか?

銀河中心部・ベランダで赤外撮影

台風一過の快晴でしたが、寝たのが23時、
目が覚めるとすでに2時40分。
あわててセッティングしたのですが、
PM2.5のため星がろくに見えておらずアライメントに手間取り、
1枚撮影しかできませんでした。

前回はR2フィルターで近赤外撮影をしたのですが、
より可視光域をカットするSC72フィルターを試してみました。

FSQ106ED+645RD 380mmF3.6 α7s(フィルターレス)
20秒 ダーク、フラットなし CameraRaw+Topaz adjust5
SC72フィルター ISO3200 SXP+GT40+WAT910HX

M8から銀河中心部にかけての暗黒帯。
ISO3200の20秒だと、ヒストグラムの山は中央やや左寄り。

さすが、赤外撮影は光害に強いです。
HDRをかけているのもありますが、
1枚撮影でここまでディテールが出るのであれば、
100枚くらいコンポジットすれば、
それなりに見られるものにかるかも?!

FSQ106ED+645RD 380mmF3.6 α7s(フィルターレス)
20秒 ダーク、フラットなし CameraRaw+Topaz adjust5
SC72フィルター ISO3200 SXP+GT40+WAT910HX

バンビの鼻。

左下のでかいゴミが目立ちます(TT)
RAP2に期待していたのですが、α7sに未対応と判明したため、
ゴミ取りをするのをどの工程でどうやるのか、考え中です・・

時を越えて復活・自作ポタ赤用パーツ

今年の正月に帰省した際に、昔自作したポタ赤用のパーツをいくつか回収してきました。

ポラリエ+テレスコ工作工房の雲台ペース+
BORGアングルプレートの組み合わせの場合、
赤経軸のクランプネジとアングルプレートが
微妙に干渉してしまいます。
雲台ベースのクランプ穴が90度ずれていれば
問題ないのですが・・・
そこで、自作ポタ赤の極軸の先端に装着していた、
アルミ製の立方体を使ってみました。
ばっちり干渉回避です。
タカハシのAZ微動ステージと併用するとこのとおり。
激しいアンバランス感ですが(笑
こちらは三脚アジャスタ風赤緯微動装置。
AZ微動ステージを使わない場合は、これが1軸型の簡易極軸微動になります。
さすが自作品、手作り感満点(笑
40年近く経ってもエポキシ接着剤は立派に役目を果たしてます。

微動雲台TK-ALZM2をグリスアップ

小ネタです。

テレスコ工作工房の微動雲台TK-ALZM2ですが、微動部のネジはグリスアップされてしません。

購入からほぼ一年、微動部のネジを回すとキコキコ音がするようになってきました。
これでは、まるで手入れの悪い自転車のようです。
ちなみに、タカハシのAZ微動ステージは可動部には全て粘度の高いグリスが埋められていて、これが実精度以上に仕上がり感の高さを醸し出しているようです。

そこで良いモノはないかと探してみたところ、アマゾンでGITZOの三脚用のグリスが見つかりました。1000円ちょっと。うーん、安いのか高いのか・・・
使用してみると、タカハシ製品で使われているグリスと比較してかなりゆるめです。
三脚の開閉部とか、エレベーターに使うためのものでしょうか。
もっともっと粘度の高いものが欲しかったのですが・・・
それでも、キコキコ音はなくなり、具合良くなりました。
もう少し探してみないといけませんね。