「星野写真」カテゴリーアーカイブ

奥日田(4) 近赤外線で天の川

パノラマの撮影と並行して、α7Sとポラリエで赤外撮影してみました。

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 固定*30、追尾*30 2017.5.27 大分県奥日田

合計露出15分の固定と追尾を合成。近赤外モノクロ新星景という○態路線です^^;

波長1μ未満の近赤外では、あまり可視光との違いがないのですが、暗黒星雲が可視光よりも明るく、また銀河のハロの広がりが大きく感じられます。(気のせいかもしれませんが・・)

みんな大好きなウ○コ色の暗黒星雲は、赤外寄りの光の星だと推測しているのですが、実際のところどうなのでしょうか。

可視光と赤外の最大の違いは「大気光」かもしれません。
上の動画は、固定撮影の30コマをタイムラプスにしてみたもの。銀河の左側の波打った雲のようなものが大気光と推測。

便宜上「大気光」と書きましたが、実体は不明。低層の雲が何らかの理由で赤外波長で明るく光っているのか、もっと高層の何かなのかはわかりません。

一つ確かに言えるのは、可視光では晴れているように見えても、赤外だと「赤く光るやつ」がはっきりとらえられるということです。

さらにもうひとつ。
赤外だと阿蘇山の火口からの噴気が写っています。
タイムラプス動画だと、この赤矢印の部分が揺らめいているのがはっきりと確認できます。

同じ夜のカラー画像では、この噴気は確認できません(でも心眼でみると気持ち赤いような)。
うーむ、さすが赤外線。 (だからどうなんだ、という突っ込みはナシで^^;;;;)

さらにさらにもう一つ。
上の画像は、薄明中の南の地平線付近を撮ったものですが、明るい白い雲は肉眼では全く確認できませんでした。(比較用のカラー画像を撮らなかったことを激しく後悔)

これ、どのくらいの高さの雲なんでしょうねえ。ネットで調べても、近赤外域の夜の雲についてはほとんど記述が見当たらず、もしご存じの方がいらしたら、ぜひご教授ください。

 

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 追尾*60 2017.5.27 大分県奥日田

地上の入らない天の川も撮りました。ちょっと変わり映えしない構図で失敗。銀経0を中心にした縦位置の方がよかったかも。

この写真で見ても、へびつかい座のこの辺で一番暗い暗黒星雲が、真っ黒ではなく少し光っているのがわかります。

でもこちらも、例の大気光?の影響が。
近赤外でスッキリ撮るのは、もっと標高の高い場所の方がいいのかもしれません。

赤外撮影は今後もまったりと続けていきたいと思っています。

 

小石原(9) 85mmでモザイク星野・フラットに苦しむ

最近は何で撮ってもモザイク合成なのですが、85mmでもモザイクを意識した星野を撮り始めています。

ぎょしゃからおおいぬまでを繋ぎたいのですが、時間的にもそろそろ無理っぽいので、まずはオリオンを中心に6枚でのモザイクをやってみました。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA85mmF1.4Art F2.8 ISO1600
上3枚、下右1枚 1min*60 スカイメモRS 2017.2.2福岡県小石原
下左2枚 4min*9 JILVA-170 2016.12.27 和歌山県すさみ町
DSS、PS CC、PhotoMerge、GXT

疲れました。この1枚ができあがるまでに・・
エンゼルフィッシュの胴体が妙に黒いとかベトリックスの右に大きなゴミがあるとかすさみで撮ったコマの方がヌケが良くてアンバランスとかいろいろ突っ込みどころはありますが、とりあえずここまで。はあはあ・・

Camera Rawのプロファイル補正で周辺減光を補正し、コンポジット直後の画像にグラデーションレイヤーでかぶり除去をざっくりかけて、確認用の強調レイヤーを入れた状態。
なんともてんでんばらばらな色と明るさ。

実はこの程度のムラはGXTが「だいたい」は補正してくれるのですが、大きなムラには強いのですが局所的なムラを取るには限界があります(パラメータ調整で消すには消せるのですが、天の川や分子雲まで消えてしまう)。

特に気になるのが大きなリング状のムラ。
めんどくさいのでこれまでごまかしていたのですが、これをなんとかしないと・・・

推測ですが、Camera Rawのプロファイル補正は結構適当。
レンズによって過補正になったり補正不足になったり。

また、ミラーボックスケラレや、上の例のような微妙な内面反射?の加減でできるムラには対処できません。

— — — —

そこで、今回まじめにフラットを作りました。
そのフラット用の元画像にCamera Rawのプロファイル補正をかけてみました。
補正が完全なら、全面ニュートラルになるはず。

まずは補正なし。
このとおり、周辺減光が出てます。

補正100%。
若干補正不足ですね。しかも例のリングムラは消えていません。
上辺と下辺がミラーボックスケラレの逆になってますね。
色むらもあるけどこれはフラット画像の問題なのか、センサー感度のムラなのかは謎・・

補正120%。
このへんがベストエフォートのようですが、各所にムラが残ります。

予想どおりとはいえ、強く強調する星野写真では、Camera rawのプロファイル補正では苦しいということがはっきりしました。
(勿論、レンズによっては手動補正で充分なこともありますが)

— — — —

早速フラットを入れて試してみました。
左がCamera raw プロファイル補正。
右がフラット補正です。

完璧とは言い難いですが、明らかに前進です^^

このフラットを使って、6枚の画像をraw現像から一式やり直し。
フラットを入れてDSSでスタックして、グラデマスクとGXTでかぶり補正し、あれこれ強調処理を入れて、最後にもう一度GXTでかぶり補正を入れた、モザイク直前の状態。

この画像をICEでステッチして、彩度・レベル調整をかけた画像。
うーん、ここまで頑張って合わせたのにまだつなぎ目が・・・

ICEは何も考えずに処理できて便利なのですが、結果に不満がある場合は全てが手作業になってしまいます。
左がステッチ画像を右のようなPSのレイヤー形式でも出力できるのですが、その場合は色・輝度合わせや位置合わせもなされていません。

手作業が入る場合は、実はPhotomergeの方が楽なことがあります。Photomergeだと、位置合わせ・色合わせしたマスク付のレイヤーができるので、こっちの方が楽。

で、レイヤー毎に調子を微修正し、境界はぼかして目立ちにくくして、あれこれやってできたのが先頭の画像でした^^
あー長かった。ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました^^

小石原(4) 全天パノラマ(追尾版)に着手

最近モザイク合成(パノラマ合成)にはまっています。
広角で360度パノラマに望遠での高精細の星野。

さらに、広角レンズによる「全天追尾版360度パノラマ」を始めました。
24mmで全天を30度刻みに30分〜1時間程度の追尾画像を撮影し、最終的には「地上風景のない」360度パノラマ画像を仕上げようという目論見です。

30度刻みの場合、赤緯0度、±30度、±60度で5枚、赤経0時から2時刻みで12枚の、計60枚に分割して撮影します。
総露出時間は30時間から60時間程度。南-60度を除けば48枚、うまくいけば快晴3晩で完成かなと思っていたのですが・・・


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8
1min*20〜40、4モザイク
スカイメモRSノータッチガイド
2017.1.25,1.27 福岡県東峰村小石原にて

赤経06時/赤緯0度、30度、 赤経08時/赤緯0度、30度の4コマを合成してみました。全天ではなくてただの広角星野ですが、これくらいの星像クオリティで、全天球360度をパノラマで見たいとは思いませんか?

 

今回は2晩で7コマ撮影しました。
スタック直後のレベル調整だけの画像です。

撮ってみていろいろわかったことがありました。
予想はしていたのですが、かぶり補正が大変です。
広角24mmだと、たとえ天頂付近であっても背景は平坦になってくれません。

 


左:補正前
中:手動かぶり補正後
右:さらにGradientXTerminatorで補正後

左が補正前。これをグラデーションマスクで地道に補正します。
自分の技量では頑張っても中の画像程度までしか補正できません・・特に色むらと、最周辺部が難しい・・

そこで、ある程度補正したら、さらにPSのプラグインGradientXTerminator(GXT)で補正します。
補正後の画像が右。お、かなりいい線まできましたね。

 

GXTの使い方は簡単。
補正したい範囲を指定して(補正されたくない範囲を除外して)ダイアログでパラメータを3つ指定するだけ。


左:Detail=Fine
右:Detail=Coarse

今回、Detailの指定を「Fine」にしましたが、これは「Coarse」にするべきでした。

Fine/Midium/Couaseの指定は、かぶり補正する際の背景のグリッドの切り方の違いになるようです。Fineの方が細かく切られるため、より局所的なムラがとりのぞかれます。
このため、天の川のような大きく広がった輝度差が補正されてしまい、薄くなってしまいました。

 

1連のかぶり補正の操作は、アクションを登録して自動化しました。
少ない操作ではありますが、枚数が増えてくるとこういう地道な効率化も重要になってきますね。

 

GXTで補正後の画像。
まあまあいい感じに揃いましたね。
これならICEがちゃんと背景を揃えてくれるかな??

 

ICEでモザイク合成した画像を強烈に強調したもの。
つなぎ目が残りますね・・・
実はこの左の10時のコマはもっとひどくて、それが理由でトリミングしています- -;;

やはり、もう一段階強調してからICEで合成した方が良いのかも知れません。
このプロセスを60枚やるのか・・・

 

ICEの位置合わせも完璧ではありません。
ICEは何も考えず合成できるのがいいところですが、逆に自動でうまくあわせられない場合は、全て手作業でやらなくてはなりません。

ICEはPSのレイヤー形式でも出力できるのですが(上の画像)、この場合つなぎ目の濃淡・位置合わせともに細かくは行ってくれないようで、ここから手動で合わせる必要があります。

位置合わせの問題は、さすがにこれは大変すぎるので、PTGuiを導入するしかないかなと考えています。

 

全天撮影では雲の影響も問題。
撮影中にこのように雲が通ることは普通にあるので捨てればいい話なのですが、タイマーで同じ枚数だけ機械的に撮影すると、雲の通過した領域は他の領域よりもクオリティが落ち、全体の均一性が下がってしまいます。

当初は1コマ1分30コマで、ひとつの赤経座標当たりちょうど2時間と考えていたのですが、倍くらいにしたほうが良さそうです。

さらに、撮影残が歯抜けになると次の撮影の効率も悪くなる・・
理想は、地平線付近まで空の暗い場所で雲のない日に一気に全部撮りきることなのですが。

ちなみに小石原では、林にけられてしまうため+60度と-30度の撮影はつらそうです。これも大きいなあ・・いったい何晩かかることやら^^;;

しかし!
なんとかして今年中にコンプリート(-60度除く^^;)したいと思っています。
全天球星パノラマ、お楽しみに^^

すさみ遠征(2)オリオン座とバラ星雲

この晩は事前の天気予報が今一つだったこともあり撮影に出る予定はありませんでしたが、GPVで見ると南紀付近が夕方になるにつれて晴れそうな状況になり、19時過ぎに思い切って出発。

片道200キロ、高速代5000円超。九州でいうと五ヶ瀬よりも遠くて高いです^^


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA85mmF1.4Art F2.8 4min*8 2モザイク
ISO1600 JILVA-170ノータッチガイド
2016.12.27 和歌山県すさみ町日本童謡の園にて

和歌山を通過した時点では強い雨と風。
ホンマに晴れるんかいな状態でしたが、南に行くにつれ晴れ上がり、撮影ポイントに着いたときは満天の星空。
ヤッター!

早速機材を組み立てて撮影開始。
最初の対象は85mmでオリオンです。

画像は2枚モザイクで思いっきり強調してみました^^;
薄雲が斜めに流れたこともあり、赤いもわもわが宇宙のものなのか雲の跡なのか微妙です- -;;
バラ星雲とバーナードループの間は暗黒帯だったような気がするのですが(大汗

それにしてもシグマ85mmArtの星像は尖鋭です。微光星は周辺までかっちり点像。
しかも輝星がほどよく大きくなるのも個人的には○。
ベテルギウスに芯まで赤が残るのはとても嬉しいです^^

今回は主にカラーの85mmで、冬の大三角から南をモザイクするつもりだったのですが、2枚撮った時点で徐々に雲が増えてきて、星野写真的には×な状況に・・うーん残念。。

仕方なくこの後は、雲入り星景wの撮影に転向しました- -;;
85mmの冬銀河のモザイク、全く進捗しませんねえ・・

 

シグマ85MMF1.4ART導入(2)試写編

シグマ85mmArt、早速実戦投入してみました。
いろいろ細かな評価ポイントはさておき、まずは作例から。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA85mmF1.4Art F2.8 120sec*30
スカイメモRSノータッチガイド 2016.12.2 福岡県小石原

カリフォルニア星雲からM45周辺。
この付近は分子雲だらけで、強調厨wの聖地?です。
恒星の色や輝きが足りないとか、強調しすぎで荒れているとか、作品としては不満点たらたらですが、この画角で60分で得られる画像としては大満足。

 

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA85mmF1.4Art F2.8 120sec*30
スカイメモRSノータッチガイド 2016.12.2 福岡県小石原

オリオン座中心部全景。
エンゼルフィッシュにバーナードループ、三ツ星に馬の首、オリオン大星雲、魔女の横顔までを一網打尽。
85mmは広く対象をおさめることができるので、銀河域の広がった星雲・分子雲の撮影に威力を発揮しそうです。

焦点距離が短い分、ガイドエラーにも寛容になるので、風の強い日のレギュラーですかね^^

ところで、気になる画質ですが、1枚目の作例画像の中心部を1600%で切り出してみました。レベル調整のみの補正です。

 

こちらはコンポジット前の1枚画像。星像が小さいですね〜
最小星像は5ドットの+字状。
このレンズの解像度の優秀さがわかります。
ローパスなしのIR改造機なので、星の回りに赤と緑の偽色が出ています。センサーがレンズの解像度に完全に負けていますね。

 

こちらはコンポジット直後の画像。
偽色が平均化されてなくなり、最小星像も若干大きく2ドット角から3ドット角になりました。

ただ、中間輝星の周りの紫ハロが気になります。
一方で輝星の周りの光条(いわゆるウニ)はさほどきつくなくていい感じです(筆者の主観^^)

さらにDSSで2x Drizzle処理したもの。
解像度不足でギザギザだった星がまるくきれいな形になります。
縮小画像では全く違いがわからないのですが、「明るさの最小値」のようなダメージ処理を行う場合には解像度が高い方が画像を汚しにくいようです。
この手法はちょっと試行錯誤中。成果がでたらまたレポートします。

輝星のまわりのハロは、ライブビューでピント合わせをしてみてもはっきりわかります。
F2.0で、ピント位置を少しずつずらして撮影した画像の中心(最上段)かと四隅(下四段)の拡大画像です。
(Canon純正のCamera Connectアプリで、2ステップ刻みで焦点位置を変えました)

合焦位置が中心と周辺、周辺でも4隅それぞれで微妙に異なるようですが、中心部はフォーカス移動につれて赤紫ハロ→青紫ハロ(ジャスピン)→青紫ハロ減少、星像肥大と変わっていくようです。

周辺部のサジタル方向の流れは、ジャスピン前の赤紫ハロ状態の方がより大きいため、実戦的にはこの状態を避けて、赤紫ハロが青紫になったジャスピン位置ないしはそこからわずかにズレたあたりが最適そう。
(まあ1回だけの検証なんであまりあてにしないでください^^;)

青紫のハロは、絞ることで若干改善します。
上の作例は左がF2.0、右がF2.8。
絞りによる改善は明白ですね。
プレアデス周辺は青い星が多く、特にハロが目立ちます。

最周辺の結像状況の比較。左がF2.0、右がF2.8。
レベル補正のみ、F2.0は周辺減光の影響も出ています。
絞ることでずいぶん改善されますね。

ただし、ピクセル等倍でなければ、周辺画質の悪化はほとんどわかりません。また、同じシグマの50mmArtと比較して、流れは圧倒的に少ないように思われます。

ずいぶんとハロが目立つこのレンズですが、画像処理でかなり改善することができます。

PhotoshopのCamera raw現像の収差補正のフリンジ軽減を使います。上の状態がデフォルト。「適用量」は2から4程度が良さそうに思いました。4より大きくするとハロは減少するものの、過補正になって逆に不自然になります。

フリンジ軽減をどの工程で行うかによっても結果が異なりました。結論から言って、個別のraw画像をフリンジ低減ありで現像し、その画像をコンポジットしてさらにフリンジ低減をかけるのが一番良好な結果が得られました。

適用量4のフリンジ低減では星のまわりに四角い補正痕が残るのですが、コンポジットすることでそれらが平均化されて自然になるように思えました。

———

なお、このレンズに関しては、以下のyoutube動画(トーク)もぜひご参照ください。このトークの前あたりから、85Artに対する期待感が異常に盛り上がっていたのですが、いざ実写してけっこうハロがでかいとわかって少し巻き戻した状態がこれらのトークです^^;

このトークの後、補正後画像のハロ部分以外をマスクしてフリンジ軽減の副作用を局所化するなど、様々な技を駆使すればフリンジ問題はかなり押さえ込めるのではないか、というのが現在のよっちゃんさんの見解で、ファイナルアンサー作例待ちになっています^^
よっちゃんの天体写真トークに出させていただきました!
このレンズについて(主によっちゃんさんが^^;)語っています。

 

883 enif さんのレビュー動画に作例提供させていただきました。
それまで過剰な期待感を込めてしまっていたことを実直に懺悔?されています^^;;
でもすごくいいレンズですよー。