「彗星・流星」カテゴリーアーカイブ

花見が岩公園(3) ラブジョイ彗星C/2017 E4

ナローHαの撮影を薄明開始20分前に切り上げ、328に換装してテイルが伸びてきたとの噂のラブジョイ彗星(C/2017 E4)に向けます。

思った以上に明るく、10秒露光の試写で簡単に見つかりました。青緑の彗星色はいつみてもわくわくします^^


2017/4/3 4:34~4:49
α7S(フィルターレス)Baader赤外カットフィルター
EF300mmF2.8LIS  ISO6400 30sec*29  ダーク30
JILVA-170ノータッチガイド DSS 彗星基準スタック

薄明ちょい過ぎまで、15分30枚勝負。
かなり動きの速い彗星なので、彗星核基準でコンポジットしました。
露出時間が短いので、ダークもしっかり撮って引いています^^;
これくらいの短い総露出時間の場合は、α7Sではダーク減算にはそれなりに効果があると感じています。

テイルが細く長いですね〜
同じ夜に撮影された他の方の作品を見ると、この画面のさらに右、倍以上伸びていたようです。

上の画像の等倍切り出し。
面白いのは、彗星のコマがスライムのような水滴状になっていること。他の方の画像でもそうだったので、たぶんその通りなのでしょう。

さらに拡大して顔を描いてみました^^;
色もまさにスライム色w

 

こちらは星&彗星基準でのコンポジット。
元画像では、テールがやや太くなってしまったので、テール部分だけを彗星基準の画像のもので切り貼りしました。
なので、若干?テール付近に流れた星の跡が残っています^^;;

いつも思うのですが、彗星の撮影は一期一会。
今回は「もう10分早く撮影を始めるべきだった」とやや後悔。
でも、ここ数年、6等級の彗星が毎年のようにやってきてくれるので、いい練習になります。

早くウエスト・百武・へールホッブ級の大彗星が来てほしいものです。

 

 

信州ツアー(17)ペルセウス座流星群

8/11の晩の白山室堂ではペルセウス座流星群はボーズでしたが、

前日と翌日ではいくつかの流星の姿を捉えることができました。
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200
固定撮影 9コマ合成
(加算平均画像)と(背景を暗くした比較明合成画像)を比較明で合成
8/12の晩、白峰温泉で駐車場にねころがって皆で流星見物。
そのときの70分間140枚の画像から、流星の写っていた画像を合成しました。
合成には新技の、PSによる自動位置合わせを使用しています。
Photoshopにはモザイクやレイヤー合成用の
自動位置合わせの機能が搭載されていて、
周辺部の歪みも含めてきれいにコンポジットすることができます。
ファイル/スクリプト/ファイルをレイヤーとして読み込み で
ソース画像を自動整列をチェック。
Photomergeでも位置合わせは同等ですが、
「画像を合成」のチェックを外さないと
切り貼りモザイクのレイヤーマスクが生成されてしまいます。
読み込んだ各レイヤーをどう合成するかは、
各レイヤーの不透明度や描画モードを設定しないといけないので
そこはちょっと面倒くさいです。
コンポジット直後、トリミング前の画像。
DSSのコンポジットは各コマの画像を平行移動と回転だけで合成するのですが、
こちらの場合は変形も加えて重ねてくれていることがわかります。
この方法を使用すると、固定撮影の連続撮影の場合でも、
周辺部の星が流れずにコンポジットできることがわかりました。
これは福音。新星景のバリエーションが広がりますね。
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec*140 ISO3200
固定撮影 比較明合成
実は当初の構想は比較明合成だったのですが、
流星に対しては大失敗。
長い軌跡が重なり合って、
銀河の中の流星がほとんど消えてます。
固定ではなく追尾で撮影するべきでした。
α7S SIGMA24mmF1.4解放 ISO10万
動画も撮影してみました。
放射点付近に現れたかなり明るい流星で、
3分以上痕が残っています。
これを動画で撮れるとは、さすが超高感度α7S。
ただ、流星本体を動画を生かして撮るのなら、
もっと1フレームの露出時間を短くするべきでした。
この画像は最も感度が高くなるように動画の最長設定1/4秒で撮影したのですが、
これだと流星が緑色の尾を引きながら流れる様子が捉えられません。
逆に痕を狙うなら、もっと長い露出(数秒くらい?)で
静止画で撮影してタイムラプス動画にすべきでした。
α7S EF8-15mmF4L解放 15mm ISO10万
こちらは8/12の晩、対角魚眼で撮影。
解放F4の暗いレンズなので、暗いです–;;
F1.4との3絞り・光量8倍の差は、
星景動画の場合、あまりにも大きいですね・・

白樺湖から白山への移動の際、
安房峠の旧道を通ってみました。
安房峠からみる穂高は、なんだか秘境をのぞき見しているような感じがして大好きです^^
安房峠から穂高岳沢。
若者のグループがカップラーメン食ってました。
何か懐かしい気分^^

リニア彗星(252P)・白木峰(5)

リニア彗星(252P)が大きく明るくなっているらしいことは聞いていました。
月明かりもあり、尾がないぼんやりした彗星だということで、
特に撮影予定には入れていませんでした。

同行したHUQさんが「リニアすごくでかいですよ!!」と、
撮影したばかりのモニターを見せてくれたのですが、
月が昇ってきたので桜星景を優先して望遠での撮影は見送りました。

ところが・・どうやら思った以上に大きく明るく、
しかも淡いテールが延びていたようです。
うーんちょっと(かなり?)惜しいことをしたかも。

EOS5D SIGMA24mmF1.4Art F2.8 30sec
ポラリエ恒星時追尾 トリミング

1枚撮り星景にもばっちり写っています。
でかいですねえ・・・
トリミングしていますが、月は画面左に既に昇っています。



OLYMPUS EM-5 M.ZD ED 12-50mm F3.5-6.3
F4.5 480sec 固定撮影

こちらは月が昇る前の画像です。
ノイズの多さ故最近お留守番が多かったOM-Dで撮影。
画面中央のやや左、
青緑色のぼんやりした光跡がリニア彗星。

比較明でない1枚撮りなので、光跡の色がよく出ています。
比較明合成は光害地では光跡が強調されて良いのですが、
非光害地では星の色がよく出ません。
これから1枚撮り固定撮影ももっと試してみたいと思っています。

OM-Dはレンズをあらかた手放してしまい、
残るレンズは17mmF2.8とこのキットズームだけ。
8分露出だとホットピクセルが目立ちますが、
軽量でもあり、ISOを落とした長時間固定撮影専用機として、
復活させますかね^^

冬の久住へ(5)カタリナ彗星

今回の遠征の大きな目標の一つがカタリナ彗星。
地球に接近し地平高度も高くなり、
イオンテールの複雑な流れが撮りたくて、
ひたすらコマ数を撮って動画にしようと考えていました。
夜の2時半ごろからは、延々カタリナ彗星を撮影。
動画にするので、デザリングもなしでひたすら放置撮影です。
薄明まであと1時間となった頃、
さすがにレンズが凍っていないかとか心配になって、
一旦撮影を中断し各所をチェック。
すると・・なんとレンズが少しずつずれてしまっていて、
彗星が写野の端っこにまでずれていました・・
ガイドもその方向に流れまくり。
EOS6D(SEO-SP4) EF300mmF2.8LIS F2.8
LPS-P2 ISO3200 60sec*20
DSS恒星モードでコンポジット
JILVA-170ノータッチガイド 大分県牧ノ戸峠
仕方なく後半の、流れが酷くない20コマだけで合成。
画質は満足できないのですが、明るい彗星なので、
明るいコマと長いイオンテール、
太くゆるく曲がったダストテールを映し出すことができました。
上の写真は恒星で位置合わせをしているので、
動きの速いこの彗星の場合、
撮影中にかなり移動するため、
テールの細かな様子はぼやけてしまっています。

DSS彗星モードでコンポジット
DSSには、このような場合のために、
「彗星核で位置合わせする」オプションがあります。
上の写真はそれでコンポジットしたもの。
恒星は流れてしまいますが、何条にもわかれたイオンテールの状態が浮かび上がっています。

DSS恒星・彗星モードでコンポジット
もう一つ、DSSには、
彗星と恒星を、
それぞれ別に位置合わせして
合成してくれるモードがあります。
ところがこれ、うまくいかないことも多いんですよね・・
上の例では、恒星の影のようなムラが全面に出てしまっています。
テールの微細部も、彗星モードよりはぼやけた感じです。

折角なので、後半のコマを動画にしてみました。
イオンテールの細かい動きは、この動画ではよくわかりませんね。
残念。
カメラが左下にずれてしまっているのが今回の問題。
しかし、原因は何だろう?
赤道儀の問題ではないのは明らかなんですが、
パノラマ雲台か、バランスウェイトの固定金具の
締め付けがゆるかったのではないかと推測しています。

近赤外でカタリナ彗星

しつこくカタリナ彗星撮ってます。
光害地バージョンの近赤外で。

12/20 5:20ごろ
α7S EF300mmF2.8LIS 30sec*23 ISO8000 SC72
JILVA-170ノータッチ 福岡県糸島市


今朝は糸島まで行ってきました。
東天は福岡市内の灯りが結構強いです。
極望忘れて流れているしピントの追い込みも甘かった・・

でもさすがに自宅で撮るよりはノイズ感が少ないです。



12/18 5:30ごろ
α7S FSQ106ED F5 30sec*70 ISO8000 SC72
SXP+GT40 自宅ベランダ


こちらは自宅ベランダから。

無理矢理強調なのでまだらのノイズがひどいですね。
そろそろ月が太くなってくるので、次の好機は1月中旬ごろでしょうか。
地球に今よりも接近するらしいので楽しみですね。
空の暗いところで、30sec*120くらい撮って、イオンテールの動きを動画にしてみたい。。