写真展・見てほしい 守ってほしい 私たちの大切な風景 50 [九州・沖縄]

写真展に行ってきました。

写真展・見てほしい 守ってほしい
私たちの大切な風景 50 [九州・沖縄]
https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/fukuoka/17032401.html

現在福岡市博多区の富士フイルムフォトサロンで開催されています。
九州・沖縄の様々な美しい風景が一堂に会した様は圧巻。
作品のクオリティもプリントも素晴らしく、大いに楽しめました。

作品が展示されているASPJのS村さんとTN内さんともお会いすることができました。その節はありがとうございましたm(_ _)m

隔月刊「風景写真」編集長・石川薫氏によるギャラリートーク。
この写真展に対する熱い思いを語られていました。

石川氏によると、日本のアマチュア風景写真愛好家は地元の風景を軽視?する傾向があって、フォトコンの応募作品に信州の風景が2割以上を占めた時期もあったそうです。

マスメディアの情報や先入観?にとらわれて、いわゆる「有名」な絶景を追いかけるのではなく、地元ならではの自然や風土、人々の暮らしにもっと目を向け、多くの人に未来に残す価値のある作品に触れてもらいたい、何よりも九州にはそれに値する対象が数多くあって、この写真展でそれを示すことができたのではないか、とのことでした。

全くもって同感。
自分も昨年はいろんな場所に行きましたが、そこで感じたのは「有名なスポットを数多く訪れても、結局通り過ぎるだけで消化不良になってしまう」ような感覚でした。

大事なのは、既存の「風景の情報」をなぞるのではなく、自分の足と眼で見つけた風景を自分の感性で表現すること。

そう思いつつ、今年になって星景はほとんど撮っていないのですが^^;;これからの桜のシーズンは地元をあちこち回ってみたいと思っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)