α7Sファーストライトat波照間島(7) ・ケンタウルス座α星

波照間最終回。
波照間では、本州では見ることのできない数多くの一等星を見ることができる。
ケンタウルス座のαとβもその一つ。
α7S EF24mmF1,4L F2、13秒

右下の明るい星がケンタウルス座α。
今回は低空に雲が多かったのが残念。

α7S EF24mmF1,4L F2、13秒

南の水平線のすぐ上がケンタウルス座α。その右下の雲に隠れた青い星がケンタウルス座β。さらにその右の水平線下に南十字星がある。7月下旬では南十字星は見られない。
撮影中、地面をごそごそ歩くヤドカリみたいなやつに遭遇。
ヤドカリにしてはえらくでかい。帰ってから調べてみると、ヤシガニの子供らしい。
爪がうまそうだな・・惜しいことをしたw

続きを読む α7Sファーストライトat波照間島(7) ・ケンタウルス座α星

α7Sファーストライトat波照間島(6) ・続・サトウキビ畑と星の道

昔、天体写真を撮っていたころは、いかに暗く淡い星を捉えるかしか考えていなかった。
街灯りはもとより、雲や月は邪魔者としか考えられなかった。
雲もいいね。月夜もいいね。街灯りも・・・許す。
そこにあるものをそこにあるように撮ろう。
α7S EF24mmF1.4L  F2.8 20秒 ISO3200 固定 プロソフトンB

北側。
カシオペアと北極星。波照間の北極星は低い。
道の向こうには町の灯りが。


α7S EF24mmF1.4L  F2.8 25秒 ISO3200 固定 プロソフトンB

南側の海へと続く道。
右上の明るい星がみなみのうお座のフォーマルハウト。海の上の左側の明るい星が、エリダヌス座のあアケルナル。内地からでは見ることができないが、波照間では以外にも高く見える。
α7S EF8-15mmF4L  F4 30秒 ISO4000 固定 Lee No3.
対角線魚眼で、北の道と西の道。
月夜なのに天の川がちゃんと見えていた。

α7Sファーストライトat波照間島(5) ・サトウキビ畑と星の道

北斗七星を撮影後、雲が増えてきたため一旦宿に戻って食事、就寝。

夜中過ぎに目を覚ますと、月夜の星空があった。
α7S EF24mmF1.4L  F2.8 15秒 ISO3200 固定 プロソフトンA

サトウキビ畑に囲まれた交差点のど真ん中に三脚を置いて撮影。西側。
夏の大三角と白い雲、昼のような夜のような光景。
ゴッホの「糸杉と星の見える道」のイメージが頭に去来する。
α7S EF24mmF1.4L  F2.8 6秒 ISO3200 固定 プロソフトンA

東側には下弦を過ぎた月。
おうし座のヒアデス星団、プレアデス星団が昇ってきている。空の景色は初冬なのに、地平の上には入道雲。夏のような冬のような光景。

沖縄県波照間島(2)・撮影地魚眼コレクション

同一条件による撮影地の魚眼画像シリーズ。
撮影地の空の暗さ・状態の記録のためのエントリーです。
この場所の公開に問題がある場合は、鍵コメントにてご指摘下さい。
連絡先付きで非公開の要請があれば、地図リンク・住所表示を削除します。

下弦を少しを過ぎた月が出ていたが、参考記録ということで。
波照間島の中心部から300mほど南に下がったところ。北にあるナトリウムランプと東の灯台以外に人工光は皆無。
無光害地なら、半月程度までなら十分普通に天体撮影が楽しめることがわかった。
また、月がある方が星景撮影にとっては絵になることも多い。
α7S 月齢22.8

<特に記載のない場合は下記の条件で撮影、処理しています>
EOS5D3 EF8-16mmF4L 絞り開放、30秒、ISO1600
ポラリエ恒星時モードで追尾
ピクチャースタイル風景、トーンカーブ・レベル補正なし、収差補正なし、スタックなし
ソフトフィルター LEE No3

α7Sファーストライトat波照間島(4) ・北斗七星夕照

薄明がだんだん暗くなるにつれ、星の輝きが増してゆく。
暗くなると肉眼では夕照の赤色が分かりにくくなるが、写真ではしっかり色が乗っている。
α7S EF24mmF1.4L F2.0 8秒 ISO1600

夕照の北斗七星。
20分ほどの間で7EVほど明るさが変化した。その間ずっと北斗七星を撮り続けたが、この時間帯が高層の雲の赤みが残る最後のあたりだった。
α7S EF24mmF1.4L F2.0 1/8秒 ISO6400

まだ空が明るい時間帯。雲に一部隠れているものの、北斗七星が写っている。
手持ちで撮ったのでISOは6400。


α7S EF24mmF1.4L F2.0 15秒 ISO3200

さらに暗くなった状態。
高層の雲から夕照が消えている。

α7Sがすごいのは、この一連の撮影でずっと自動露出が使えたこと。
最後のショットがF2.0 15秒 ISO3200、アンダー補正-1.7なので-5.3EVまで追従したことになる。
ほぼ仕様通りの高感度性能だ。素晴らしい。