合成による絶景画像へのお誘い

これまで見たことのないような、凄い景色、眺め。
最近、ネットのそこかしこで見られるようになりましたよね。
例えば、この画像。
「東京カメラ部」に掲載された超人気画像です。
Copyright © 本間昭文・「Tower Dream」
クリックでfacebookページが開きます。
凄いですね!
大都市東京、東京タワーの上空に天の川。
一度見てみたかったけどあきらめていた、夢のような絶景!
もう一つ。
「500px」という画像共有サイトに掲載されている超人気画像。
Copyright © Klaus Kreuzer 「Kaunatal Solden」
クリックで500pxページが開きます。
これも凄いですよね!
濃紺で統一された美しいトーン、
氷河の上には月。星が見えているから夜明け前でしょうか。
タイムラインにこんな凄い画像が流れてきたら、
つい「いいね」しちゃいますね。
ついでに「シェア」しちゃったりもするかも。
「東京でもこんなきれいな星空が見えるのですね、シェアさせていただきます!」とか。
「昼間のような夜のような、奇跡的な瞬間ですね!」とか。
自分も撮って見たいって思いました?
自分の知らない場所なのか、機材なのか、天気なのか、才能なのか、
なにが凄いものがあればこんな「写真」が撮れるんだ!
って思いました?
いやいや、違うんです。
東京で素晴らしい天の川が見えているのは、
氷河の上で星と月がコラボしているのは、
人間の自由な発想力と、確かなデジタル合成処理技術によって、
不可能を可能にしたからなんです。「奇跡」を起こしたんです。
勘違いしないでね。「奇跡」は待っていても起きないんですよ。
これらの画像は、それぞれ別の場所で撮影した星空と地上を合成したものです。
作者のイメージした世界を合成という手法で実現した、「アート」なんです。
東京タワーのこの方角には本当ははくちょう座なんて見えないんですよ。
氷河の上にはオリオン座の三つ星がいくつも写っているでしょ。
すかしのようにマゼラン星雲の画像も隠れているんですよ。
だってこれは写真じゃなくてアートだから。
高度なデジタル合成技術を駆使すれば、貴方のイメージでアートの奇跡を起こせるんですよ。
え、どこにも合成と書いてないって?
合成写真なら「これはかくかくしかじかの手法による合成写真です」って書くべきでは?
いやいや、違うんです。
そんな無粋なことをしたら、せっかくの虚構の夢が壊れるじゃないですか。
ほんの数秒、タイムラインを流れる1枚の写真。
ひととき、美しい世界の夢を見ようじゃありませんか。
そして貴方も、仲間になりませんか?
高度な合成テクニックを身につけて、奇跡を起こしてみませんか?
さあ、「 私 が ち ゃ ん と 話 し て あ げ る 」

という夢を見ました。
そうか。自分も一発やってみるか。
星空:福岡県小石原で撮影。50mmレンズ
 地上風景:福岡市百道浜で撮影。17mmレンズ
花火:福岡市中央区で撮影。200mmレンズ
やってみました。
実は花火って煙と光の入り交じった様が暗黒星雲みたいで、
本物の星とコラボできないかってちょびっと思ってたのですが。
でも、ひどいなあ。。
合成丸出しw
稚拙な合成は、稚拙な「写真」よりはるかに劣りますねw
この合成が違和感なくできる技術が身につけば、
自分の写真も一段階次のステージに行けるかも?!
高度な合成技術はやっぱり凄いですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)