ベランダO3撮影再び

小石原で撮ったミルクポット星雲が思いのほかよく写ったので、ベランダでも再度O3で撮影してみました。


EOS6D(SEO-SP4) FSQ106ED+645RD 4min*3 ISO1600
Baader OIII 8.5nm トリミング
SXP+GT40オートガイド 2017.2.28 福岡市内自宅ベランダ

総露出たった12分ですが、「ベランダではO3は悲しいほど何も写らない」前回書いたことは撤回します^^;;
過去ログをひっくりかえしてみると、O3では過去何回かベランダ撮っていましが、ある時の印象がダメダメすぎただけで、それなりに写ってくれるようです。

では、小石原とベランダではどのくらい違うのでしょうか?

 

小石原。Kiss X5のISO6400、10分露光。

 

自宅ベランダ。6DのISO1600、4分露光。

 

どちらもリニア現像で+2EV露光補正、ホワイトバランスは太陽光。
露光とISOの差は3.5EV。ヒストグラムのピークが半段分ほど違うので、ざっくり言ってトータルで小石原はベランダより4EVバックグラウンドが暗いと言えます。

ふーん。思ったほど違わなかったですね。6EVくらい違うかと思っていました。

しかし、たかが4EV、されど4EV。16倍の差ですよ・・
南東向きベランダで南中前の対象を低い高度で1回2時間でねちねち撮るくらいなら、往復3時間かかっても小石原まで行く方が効率的なのは間違いない・・

もうひとつ、淡いのも撮ってみました。

 


ISO1600 4min*12 トリミングなし

悲しい。あまりにも残念な画像・・
本来ならここには「」が描き出されるはずなのに・・(モノクロですけどw)

οSco周辺の青いのは反射星雲なのでナロー向きではないと聞いたことがあるのですが、そのせいなのか?それとも単に淡いだけなのか・・48分でこれではちょっとめげますね–;

しかも使い回しのフラットが合ってません–;
FSQのカメラアダプタ側にO3フィルターを装着しているのですが、若干ケラレている模様。中央部にはフィルターの反射とおぼしき大きな丸い光芒も。

フラットはフィルターも含めて完全に同一の光学系で撮らないとダメですね。がんばれ自分・・

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)