久々のベランダ撮り(1) IC2177

満月も過ぎ、久々の好天。
久々にベランダで撮影しました。


α7S(フィルターレス) FSQ106ED+645RD 30sec*60 ISO12800
Baader Hα7nm SXPオートガイド
2017.2.15 福岡市内自宅ベランダ

IC2177、カモメ星雲。30分露出です。
ナローとはいえ、さすがに自宅からこの露出時間では、ここまでが精一杯。

ベランダが東南向きなので、南中前に撮るしかなく、あまり長時間露出できないのが悲しいところです。

 


左:フラットあり
右:フラットなし

今回はまじめにフラットを入れました。
α7Sでこの構成の場合、最周辺部以外は素直な周辺減光なのでCamera rawの補正でやることが多かったのですが、ごらんの通りフラットなしだとゴミだらけ^^;;;;
仕方なくフラットを撮って入れたのですが、ゴミがほとんど消えて感動^^;; 今さら感満載ですがw

フラット画像もライト画像もTIFF現像してスタックしたのですが、周辺減光はやや過補正、ゴミはやや補正不足でした。
最終画像はGXTとマスクで修正しています。

やっぱりフラットはないよりあったほうがずっと結果がいいですね。遠征の場合は帰宅後フラットを撮るとゴミの位置が変わっていたりするのがイヤなんですが、フラットも現地で撮るべきかな〜

ちなみに、フラットはISO200で16枚、PSでスタックして、Camera rawで強めにノイズ補正し、ヒストグラムの山の位置を合わせています。
フラットもISOを合わせてフラットダークを引くというのが正統な?やり方なのですが、そこまでやらなくてもこの程度の効果はあるようです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)