曽爾高原(6) お亀池で

曽爾シリーズ最終回です。

 


Flckrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) Tamron15-30mmF2.8 15mm F2.8 ISO3200
30sec*7(ポラリエ恒星時追尾)、30sec*6(固定撮影)
2017.1.1 奈良県曽爾高原にて

お亀池に下りてくる頃にはオリオンが南中。
ススキをバックに冬の大三角と天の川。

もう少し山の端が低ければカノープスが見られたのですが。


EOS6D(SEO-SP4) Tamron15-30mmF2.8 15mm F4 ISO400
10min 固定撮影
2017.1.1 奈良県曽爾高原にて

お亀池には印象的な木がありました。
これをバックに1枚撮り光跡撮影。


EOS6D(SEO-SP4) Tamron15-30mmF2.8 15mm F2.8 ISO3200
30sec 固定撮影
2017.1.1 奈良県曽爾高原にて

お亀池を後にし振り向けば、亀山峠から北斗七星としし座が並んで昇ってくるところ。
さらばモヒカン山!

あまり手を加えずに背景も青めにしてみました。
星を強調するときはニュートラルに補正するのですが、無強調のほぼ撮って出しの処理は心が和みます^^
強調やかぶり取りは疲れるんです・・・^^;;;

冬の大三角の光跡も、手をかけずにさらっと処理してみました。
こっちの方が自然でいいかなあ。

夜空の色はどう表現するのが美しいのか。
光害地や月夜、薄明時は肉眼でも色が認識できるので記憶色という指標がありますが、暗い夜空の色ではそうはいきません。

漆黒のニュートラルの天頂付近から、街灯りと低空の赤みがグラデーションを描くのが一つの理想なのですが、なかなか思うようにはいきません^^;;;

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)