曽爾高原(2) 県境の東、稜線の西

この日の天文薄明の終了は18:30。
時間が早いせいか、薄明が終わっても街灯りはまだまだ強く、空は明るく、色づいていました。

 

EOS6D(SEO-SP4) tamron15-30mmF2.8 15mm F5.6 10min ISO400
2017.1.1 奈良県曽爾高原亀山山頂付近にて

 東の空のオリオン。
曽爾高原は亀山峠を境に東は津市、南がみつえ村、西が曽爾村になります。
三重県側の津、松阪、伊勢の三市まで30〜40キロ圏。
けっこう離れているようでも、特に夕刻は都市圏の灯りが強いですね。

オリオンの下の街灯りは津市太郎生(たろお)から美杉町にかけてでしょうか。
このあたりは子供の頃はまごうことなき「山奥の村」だったのですが、平成の大合併で堂々たる県庁所在地である津市となったそうです

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) tamron15-30mmF2.8 15mm F2.8  ISO1600
30sec,15sec,8secの3枚を合成
2017.1.1 奈良県曽爾高原亀山山頂付近にて

西の空の月、金星、火星とはくちょう座。
薄明は終わったはずなのに西の空が赤みを帯びています。
大阪市中心部まで直線距離で50キロほど。
遠くの街灯りが夕焼けのように赤く見えているのでしょうか。

この画像は、露出を変えた3コマを、地上はHDR合成・空は露出補正後メジアン合成し、繋ぎ合わせたものです。
街灯りのある輝度差のある地上風景には多段露出のHDRが有効だと感じました。
空をメジアン合成しているのは、飛びまくっている飛行機を消すためです–;

今回HDR合成はキヤノン純正の現像ソフトDPPのHDR合成ツールを初めて使いました。EOS5D3ではカメラ内でHDR合成ができますが、たぶんそれと同じ処理を行うものです。
目的は極端な輝度差を圧縮するためなので、彩度やディテールの強調は最小にしています。


EOS6D(SEO-SP4) tamron15-30mmF2.8 15mm F2.8  30sec ISO1600
2017.1.1 奈良県曽爾高原亀山山頂付近にて

30秒露出のカラーバランス補正のみの無加工画像。
画像のレタッチの効果は凄いというか、ケバイおねえさんどころの騒ぎではありませんね^^

このbefore/afterの違いを見ると「写真」という日本語の不自由さを感じますね^^;;;;;

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)