月夜・襟裳岬(1)

12月上旬。北海道に行ってきました。
スカイマークのバーゲン割引で、往復1万円ぽっきりの激安チケットで^^

今回は日高・十勝方面を廻りました。襟裳岬では曇ったり晴れたりでしたが、星景撮影を楽しむことができました^^

 

 

EOS5D3 Tamron15-30mmF2.8 F4.5 1/250sec ISO400
2016.12.6 北海道襟裳岬にて

宿に入った後、周辺を偵察。
崎のはしっこあたりから。

日高山脈は襟裳岬で終わり、海へと続きます。
まさに「ここに地終わり海始まる」です。

初めて襟裳を訪れたのはもう25年近く前。
以来この風景が心に焼き付いています。
今回初めて襟裳で星を見ることができました^^

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS5D3 Tamron15-30mmF2.8 F2.8 3.2sec ISO3200
2016.12.6 北海道襟裳岬にて

冬の北海道の日没は早く、夕方4時前には沈んでしまいます。
夕食前にカメラをかついで再度撮影に。
襟裳岬の月と金星。

すごい風で、三脚に載せたカメラが強風で倒されないように、
全体重を三脚にかけて必死で支えていました—;;;;;

 

———————

 

昼間の襟裳岬。

 

灯台付近から。
左の碑には「襟裳岬」の歌詞が彫り込んでありました。

襟裳岬は南北に走る日高山脈に遮られた季節風の通り道となり、風速10m以上の日が年間260日もあるという強風地帯。

この日は瞬間的に体が飛ばされそうになったくらいで風上に向かって歩くことはなんとか可能でした。風速15mくらいでしょうか。

 


iPhone6S

岬のはしっこから。
以前来たときはここからアザラシの群れが見えたのですが、今回は発見できず。

 


EOS5D3 Tamron15-30mmF2.8

夕暮れ時。小さく月が見えています。

 


EOS5D3 Tamron15-30mmF2.8

この道を進むと少し広い場所に出ます。
1枚目の写真はそこで撮ったもの。
10年ほど前にもこんな記事を書いていました^^

 

EOS5D3 Tamron15-30mmF2.8

いつも白波がしぶきをあげている襟裳岬。
無風の襟裳岬は味気ないんでしょうね^^

ところでどうでもいい話なんですが、アラフィフ世代は皆知っているグリコの「知床しぶき」は、なぜ「襟裳しぶき」にしなかったのでしょうか。森進一の歌とかぶるのを避けたから?

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)