カラーでわし星雲・小石原(1)

ようやく記事更新が追いついてきました^^
先月末から小石原に連チャンして撮ってきました。


Flickrで大きな画像を見る
α7S(フィルターレス) FSQ106ED+645RD 30sec*314 ISO6400
Baader B377 SXP+GT40+WAT910HXによるオートガイド
DSS Drizzle 2x処理 2016.11.28 福岡県小石原にて

みんな大好き、色も形も美しいわし星雲IC2177です。
晴れたり(薄)曇ったりの中、ひたすら連写し続けたコマ全部入りです^^;

実はカメラの設定がなんと「APS-Cモード」になっていて、タダでさえ無駄に広いFSQのイメージサークルをさらに無駄にしてしまいました。
構図合わせの際に妙に狭っ苦しいなと思ったのですが・・とほほ・・・

というわけでw、DSSで2x Drizzleをかけて解像度を倍にしました。
Drizzleすると、明るさの最小値やハイパスのようなダメージ系処理の耐性が若干上がる気がします。

DSSのdrizzle処理は、画素が多いとメモリ不足で処理できないのですが、α7SのAPS-Cモード(2768 x 1848、510万画素)の場合、トリミングなしでもDSSでDrizzle処理が可能でした^^


α7S(フィルターレス) FSQ106ED+645RD 30sec*113 ISO6400
Baader B377 SXP+GT40+WAT910HXによるオートガイド
DSS Drizzle 2x処理 2016.11.28 福岡県小石原にて

もう一枚。カリフォルニア星雲。
明るい星雲なのであまり露出をかけなくても写ります。

でも色の変化があんまりなくて、カラーでは撮りがいのやや乏しい対象ですね・・
モノクロでハイパスを効かせた方が面白いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)