ポータブル赤道儀考〜固定撮影で星はどこまで写るか

ポラリエを買ってしまった自分だが、結論から言うと、赤道儀がなくても星空はちゃんとカメラに収められる。

しっかり三脚に固定し、明るめのレンズで感度を上げて星が流れない程度(50mmで10秒前後)で撮影すれば、「そこに見事な星空さえあれば」すばらしい星空が写る。
固定撮影の作例をいくつか。
EOS5D EF50mmF1.8II F2.5,15秒 ISO1600 固定撮影。
北アルプス、唐松岳で撮影した夏の銀河。15秒なら星の流れはさほど気にならない。

EOS5D EF50mmF1.8II F2.2,30秒 ISO1600 固定撮影。
50mmで30秒だと、さすがに星が流れるのが気になってくる。
OLYMPUS EM-5 DG SUMMILUX 1.4/25 ASPH. 解放、10s ISO1600 固定撮影。
暗い空なら、このくらい露出してもOK。逆に、街灯りで背景が明るいと、1秒でも背景が昼間のようになってしまう。
最近のデジタル一眼カメラやレンズは性能が飛躍的に向上しているので、固定撮影でもこのくらいは写る。
特に、地上の風景と星を対象にする星景写真では、固定撮影でほぼ十分。
ただし、微妙に十分でない。「あと倍、露出をかけられればなあ」「あと一段、レンズを絞りたいなあ」くらいかな。
そういうときが、ポラリエのようなポータブル赤道儀の出番。
ポラリエ。この白い箱です。

関連記事

    今回、EOS5D3はポラリエに載せて魚眼レンズ担当。自分の灯りが入らないよう、長めに延ばした三脚を使いました。EOS5D…

    いつもは、ガイド撮影の合間に星景をいろいろ撮るのですが、今回は寒くてあまり撮れませんでした。時折車で暖をとったのですが、…

    遠征撮影の不動のレギュラーレンズ、EF8-15mmF4L。このレンズだけは必ず持参して全天写真を撮っています。他が忙しく…

    今月の5日。宗像に行ってきました。宗像神社の北1.5キロ、釣川の河口にある「北斗の水くみ海浜公園」です。玄界灘と響灘の中…

    九州ではここ数年なかったような好天の連続です。先週の木曜から4日連続の快晴。金曜の夜からどこかに行こうかとも思いましたが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)