「SIGMA85mmF1.4Art」タグアーカイブ

奥日田(1)夕焼けの鎌月

先週末に奥日田にASPJ九州のメンバーのオフ会に参加してきました。九州でオフ会というのは実に初めてでした。

EOS5D SIGMA85mmF1.4Art F3.5 ISO800 1/2sec
2017.5.27 奥日田・釈迦岳展望台

「スノーピーク奥日田」から車で15分くらいの釈迦岳の展望台から、筑後平野に沈む鎌月。

夕方はこのように薄雲が残っていましたが、夜がふけるにつれ素晴らしい星空になり、満足の人夜を楽しめました。


EOS5D SIGMA85mmF1.4Art F2.8 ISO1600 6sec
2017.5.27 奥日田・釈迦岳展望台

月が筑後平野に吸い込まれるまでずっと撮り続けました。
この写真は肉眼では夕焼けはほぼ見えなくなって、夜景が光を増してきたところ。

地球照をいっぱいにまとった鎌月が、ピンク色の月に吸い込まれる直前。雲が空を夕焼けの顔と夜の顔に二分していました。

iPhone6S

撮影中。SNSにアップしようとして撮ったのですが、圏外で断念^^;
展望台は4Gが入ることもあれば圏外になることもあって不安定でした。

いろいろ撮ったので、未処理の画像もたっぷり在庫中^^
ぼちぼち処理しながら、たぶんあと五回くらい続きます。

夏の銀河Hαナローモザイク途中経過

今取り組んでいる、さそり座からいて座の銀河中心部のシグマ85mm+Hαフィルターによるモザイクですが、若干進展して6コマになりました。


Flickrで大きな画像を見る
α7S(フィルターレス)SIGMA85mmF1.4Art F2.0
Baader Hα7nm
30sec*160コマ前後(一部30コマ)*6モザイク
福岡県小石原ほか スカイメモRS、JILVA-170

前回は右上の1コマだけだったのですが、3行2列の6コマに。
一応ここまででも当初狙いの一部は達成^^

ICEステッチ直後の画像。
これを見ると左側も撮らずにはいられませんね^^
下も、今回条件が良くなくてS/Nが悪く、撮り直したいところ。

というわけで、初志貫徹、さらに左の3*3=9コマを、この夏粛々と撮り増ししていきます^^

ちなみに、この画像も以前撮ったカラー画像とコンポジットしてみました。

煩悩満開!
どうだ、このsh2-27の迫力w
カラー画像は50mmレンズでの撮影なので解像感は今一つですが。

Hαの撮影が終われば次はカラーで。
来年になるかも知れませんが^^;

花見が岩公園(2) 夏の銀河Hαナローバンドモザイク開始

最近とんと更新頻度が下がってます^^;
花見が岩公園続きです。


α7S(フィルターレス) SIGMA85mmF1.4Art F2.0 30sec*180
JILVA-170ノータッチガイド Baader Hα7nm
2017.4.3 福岡県田川郡添田町花見が岩公園

元々この日の目的は、夏の銀河Hαナローバンドモザイクの着手でした。01:00〜04:30までの間にまず2コマ撮りたかったのですが、濃霧に巻かれて撮影地を移動している間に時間が経過し、結局撮れたのはこの1コマだけ。

さそりの上部、へび座〜へびつかい座の領域です。
左下の丸いのがsh2-27。中央右下のへび座μ星付近の淡い部分がなんとか出てきました。

今回撮影したのは、上のざっくりモザイク計画の1枚目、赤色の部分。

85mmレンズの画角は23.9°×16.1°。
なるべくキリのいい角度でモザイクしたいのですが、若干中途半端。赤緯20°単位だとぎりぎりだし、15°単位だとちょっと重なりすぎ・・
適当に引いてみましたが、4*3=12枚。1コマ90分で、総露出18時間になります。

一夏かけて、少しづつ撮りだめしていきたいと思っています。
時間があれば、RGBカラー版も撮影したいのですが、まずはHα版の完成を目指して。。

sh2-310周辺・名付けてメデューサ星雲

2月の連チャン小石原でのリザルト。おおいぬ座のsh-310周辺です。


Flickrで大きな画像を見る
α7S SIGMA85mmF1.4Art F2.0 JILVA-170ノータッチガイド
30sec*75 Dark30 Flat*15、240sec*20 Dark15 Flat*15
Baader Hα7nm 2017.2.18 福岡県東峰村小石原

85mmで、IC2177カモメ星雲からの流れ。左が北です。

Hαナローで撮影すると、おおいぬ座には大きく広がったものから小さく複雑な形状のものまで、様々なHII領域があることがわかります。

カラーでは軸上色収差による青ハロが若干気になるシグマ85mmArtですが、ナローだと無問題。絞りF2.0でも十二分に使え、これから広域ナローの主砲になりそうです。

85mmのモザイクで銀河全体を広く撮っていきたいですね。


Flickrで大きな画像を見る
α7S EF300mmF2.8LIS F2.8
30sec*120*4モザイク (左下コマのみ34枚)Baader Hα7nm
JILVA-170ノータッチガイド 2017.2.21 福岡県東峰村小石原にて

300mmで4枚モザイク。
85mmで撮った後、どうしても長焦点でディテールを描出したくなり、厳しめの天気予報の中出撃して撮ったもの。

左下の4コマ目の撮影途中で雲が湧き出し、他のコマの1/4ほどしか撮れませんでした。ここはリベンジしたいところです。

この領域って、なんだか人の顔に見えますね。
SNSでは「(蛇女の)メデューサに見える」との声が。こんなイメージでしょうか?

美少女のようにも見えますね。
一時期話題になった「声優のア○コ」にもなんか似てる・・・

小石原(9) 85mmでモザイク星野・フラットに苦しむ

最近は何で撮ってもモザイク合成なのですが、85mmでもモザイクを意識した星野を撮り始めています。

ぎょしゃからおおいぬまでを繋ぎたいのですが、時間的にもそろそろ無理っぽいので、まずはオリオンを中心に6枚でのモザイクをやってみました。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA85mmF1.4Art F2.8 ISO1600
上3枚、下右1枚 1min*60 スカイメモRS 2017.2.2福岡県小石原
下左2枚 4min*9 JILVA-170 2016.12.27 和歌山県すさみ町
DSS、PS CC、PhotoMerge、GXT

疲れました。この1枚ができあがるまでに・・
エンゼルフィッシュの胴体が妙に黒いとかベトリックスの右に大きなゴミがあるとかすさみで撮ったコマの方がヌケが良くてアンバランスとかいろいろ突っ込みどころはありますが、とりあえずここまで。はあはあ・・

Camera Rawのプロファイル補正で周辺減光を補正し、コンポジット直後の画像にグラデーションレイヤーでかぶり除去をざっくりかけて、確認用の強調レイヤーを入れた状態。
なんともてんでんばらばらな色と明るさ。

実はこの程度のムラはGXTが「だいたい」は補正してくれるのですが、大きなムラには強いのですが局所的なムラを取るには限界があります(パラメータ調整で消すには消せるのですが、天の川や分子雲まで消えてしまう)。

特に気になるのが大きなリング状のムラ。
めんどくさいのでこれまでごまかしていたのですが、これをなんとかしないと・・・

推測ですが、Camera Rawのプロファイル補正は結構適当。
レンズによって過補正になったり補正不足になったり。

また、ミラーボックスケラレや、上の例のような微妙な内面反射?の加減でできるムラには対処できません。

— — — —

そこで、今回まじめにフラットを作りました。
そのフラット用の元画像にCamera Rawのプロファイル補正をかけてみました。
補正が完全なら、全面ニュートラルになるはず。

まずは補正なし。
このとおり、周辺減光が出てます。

補正100%。
若干補正不足ですね。しかも例のリングムラは消えていません。
上辺と下辺がミラーボックスケラレの逆になってますね。
色むらもあるけどこれはフラット画像の問題なのか、センサー感度のムラなのかは謎・・

補正120%。
このへんがベストエフォートのようですが、各所にムラが残ります。

予想どおりとはいえ、強く強調する星野写真では、Camera rawのプロファイル補正では苦しいということがはっきりしました。
(勿論、レンズによっては手動補正で充分なこともありますが)

— — — —

早速フラットを入れて試してみました。
左がCamera raw プロファイル補正。
右がフラット補正です。

完璧とは言い難いですが、明らかに前進です^^

このフラットを使って、6枚の画像をraw現像から一式やり直し。
フラットを入れてDSSでスタックして、グラデマスクとGXTでかぶり補正し、あれこれ強調処理を入れて、最後にもう一度GXTでかぶり補正を入れた、モザイク直前の状態。

この画像をICEでステッチして、彩度・レベル調整をかけた画像。
うーん、ここまで頑張って合わせたのにまだつなぎ目が・・・

ICEは何も考えずに処理できて便利なのですが、結果に不満がある場合は全てが手作業になってしまいます。
左がステッチ画像を右のようなPSのレイヤー形式でも出力できるのですが、その場合は色・輝度合わせや位置合わせもなされていません。

手作業が入る場合は、実はPhotomergeの方が楽なことがあります。Photomergeだと、位置合わせ・色合わせしたマスク付のレイヤーができるので、こっちの方が楽。

で、レイヤー毎に調子を微修正し、境界はぼかして目立ちにくくして、あれこれやってできたのが先頭の画像でした^^
あー長かった。ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました^^