「SAMYANG35mmF1.4」タグアーカイブ

奥日田(4) 近赤外線で天の川

パノラマの撮影と並行して、α7Sとポラリエで赤外撮影してみました。

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 固定*30、追尾*30 2017.5.27 大分県奥日田

合計露出15分の固定と追尾を合成。近赤外モノクロ新星景という○態路線です^^;

波長1μ未満の近赤外では、あまり可視光との違いがないのですが、暗黒星雲が可視光よりも明るく、また銀河のハロの広がりが大きく感じられます。(気のせいかもしれませんが・・)

みんな大好きなウ○コ色の暗黒星雲は、赤外寄りの光の星だと推測しているのですが、実際のところどうなのでしょうか。

可視光と赤外の最大の違いは「大気光」かもしれません。
上の動画は、固定撮影の30コマをタイムラプスにしてみたもの。銀河の左側の波打った雲のようなものが大気光と推測。

便宜上「大気光」と書きましたが、実体は不明。低層の雲が何らかの理由で赤外波長で明るく光っているのか、もっと高層の何かなのかはわかりません。

一つ確かに言えるのは、可視光では晴れているように見えても、赤外だと「赤く光るやつ」がはっきりとらえられるということです。

さらにもうひとつ。
赤外だと阿蘇山の火口からの噴気が写っています。
タイムラプス動画だと、この赤矢印の部分が揺らめいているのがはっきりと確認できます。

同じ夜のカラー画像では、この噴気は確認できません(でも心眼でみると気持ち赤いような)。
うーむ、さすが赤外線。 (だからどうなんだ、という突っ込みはナシで^^;;;;)

さらにさらにもう一つ。
上の画像は、薄明中の南の地平線付近を撮ったものですが、明るい白い雲は肉眼では全く確認できませんでした。(比較用のカラー画像を撮らなかったことを激しく後悔)

これ、どのくらいの高さの雲なんでしょうねえ。ネットで調べても、近赤外域の夜の雲についてはほとんど記述が見当たらず、もしご存じの方がいらしたら、ぜひご教授ください。

 

α7S(フィルターレス) サムヤン35mmF1.4 F2.8 SC72フィルター
30sec ISO6400 追尾*60 2017.5.27 大分県奥日田

地上の入らない天の川も撮りました。ちょっと変わり映えしない構図で失敗。銀経0を中心にした縦位置の方がよかったかも。

この写真で見ても、へびつかい座のこの辺で一番暗い暗黒星雲が、真っ黒ではなく少し光っているのがわかります。

でもこちらも、例の大気光?の影響が。
近赤外でスッキリ撮るのは、もっと標高の高い場所の方がいいのかもしれません。

赤外撮影は今後もまったりと続けていきたいと思っています。

 

小石原で・「直焦女子」と遭遇^^

4/27の晩。
先日アップしたさそりのHα撮影のために小石原にでむいたのですが、星景も少し撮りました。

EOS5D(ノーマル) SAMYANG35mmF1.4 F2.8 ISO3200 20sec
18枚パノラマ合成 固定撮影 2017.4.27 福岡県小石原

小石原焼き産業会館の上の天の川アーチ。
この日はごらんのように眠ための空で今一つ冴えませんでした。


EOS5D(ノーマル) SAMYANG35mmF1.4 F2.8 ISO3200 20sec
12枚パノラマ合成 固定撮影 2017.4.27 福岡県小石原

この日の撮影の目的は、サムヤンの35mmで30度刻みのモザイクがうまくいくかどうかでした。

結果は成功。これまで24mmでは30度刻みでやっていたのですが、想像通り細かすぎ^^; 35mmレンズでも余裕でした。

次回からは、24mmを使うときは水平の刻み角は36度刻みの一周10枚で(余裕で^^)いけそうです。
また、35mmの場合、20秒露出でも固定ではかなり流れてしまいます。縮小すれば目立たないのですが、それであれば24mmで十分。
次回やるとしたら、35mmは追尾にすることを考えています。
(もっと早く検証しておくべきでした- -;;;)

ところで・・・この日の小石原ですが、大きな収穫が。
噂の「直焦女子」せぱたんさんと初遭遇^^

暗闇の中からせぱたんさんを炙り出してみた等倍画像^^;
なんだか隠し撮りストーカーみたいですねw

上の画像はこのタイムラプス動画の中からの切り出し^^
流星も飛ばないし雲もないし、地味ーー。

この日の小石原は珍しく3組のみ。
奥の方は夜半前に撤収されていました。

この夜、せぱたんさんとは共通の巨匠である福島のSBMさんや、小石原の主M我U宙さんの話題で盛り上がり、M我U宙さんに「○極星ってどれですか?」と聞きに行った話や、せぱたんさんがSBM巨匠の教えに2つほど背いた行いをしているというひみつを探り当てましたw

お味噌汁ごちそうさまでした。いつかまたお会いしましょう^^

洋上の冬の大三角・石垣島玉取崎(2)

展望台についてしばらく後、冬の大三角が昇ってきました。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec ISO3200
プロソフトンA 地上*23、星*3をコンポジット後合成 固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

洋上の冬の大三角。
固定撮影23コマから、星コンポジットと地上コンポジットの合成です。
広角レンズの固定撮影のコンポジットは周辺部が流れてしまうため3枚が限界でした。

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.5 30sec*23 ISO3200
プロソフトンA 加算平均合成、比較明合成をコンポジット
固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

こちらは全コマの光跡合成。
比較明合成だけだと光跡がきつくなるので、比較明合成の画像をブレンドしています。ただし海は100%加算平均合成です。

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SAMYANG35mmF1.4 F4 11min ISO400
プロソフトンA 固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

こちらは1枚撮り。
ソフトフィルターを入れましたが、光跡撮影の場合はなしのほうが繊細で美しい画像になるような気がします。

 


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200
プロソフトンA  固定撮影
2016.11.6 石垣島玉取崎東屋にて

冬の大三角と私^^
ポラリエで冬のダイヤモンドを追尾中。

35度のアングルプレートで三脚に付けているので、石垣だとこの通りナナメになります^^;

 

————–

 

名蔵湾再訪。

 


iPhone6S

前回マングローブと夏の銀河を撮った場所。
天気が悪いとご覧の通り眠たい感じ–;;

 


iPhone6S

最終日の晩はどこにも出かけず、受賞作を飾っていただいている、カクテルバー「Bar 2nd room」さんに行ってきました。

カウンターの下に小さなライトが仕込んであって、下からカクテルグラスをライトアップする仕掛けになっています。
1杯目はバカルディ。


iPhone6S

2杯目は、マスター初オリジナルの復刻版「ノクターン」。
石垣の夜をゆっくりまったり楽しみました^^

洋上のオリオン・石垣島白保海岸(1)

翌日、宿泊地を明石から石垣市内に移動。
連日の晴天で、夜は白保海岸に出撃しました。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影
2016.11.6 石垣島白保海岸

洋上のオリオン。
月がまだ西天に残っていて、海と空はスカイブルーにマリンブルー。
小さな潮だまりにM42が小さく映っています。

 


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec*3モザイク
ISO3200 プロソフトンA 固定撮影
2016.11.6 石垣島白保海岸

しつこく、オリオンからアケルナルまでをモザイク撮影。
この景色は今回一番印象的でした。
月のない澄み切った空でも、いつか見てみたいなあ。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SAMYANG35mmF1. F2.8 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影
2016.11.6 石垣島白保海岸

オリオンを少し引きで。
水平線上に見える白い筋は、沖合の珊瑚礁に打ち寄せる白波です。
この波が砕ける音が、ゴゴゴと海鳴りとなって浜に響きます。

 

————–

 

今回宿泊したのは「ホテル・イーストチャイナシー」。
「2016絶対的八重山 春・夏島旅フォトコンテスト(NPO絶対的石垣島主催)」の賞品で頂いた宿泊券を利用しました^^

石垣港を見下ろす、絶景のホテルのベランダから撮った写真を何枚か。

ホテルのベランダから、石垣港と月、火星、金星。
いて座の天の川もかすかに写っています^^

 


EOS5D3 EF70-200mmF4L

朝、港で釣りをする人。
カゴ釣り、成果はアジかな。
けっこう入れ食いだったのですが、大きな船が出航するととたんにアタリがなくなっていました–;

 


EOS5D3 EF70-200mmF4L

石垣港に迷い込んだマダラトビエイ。
ゆらゆらと浮いたり沈んだり。

 


iPhoe6S

石垣のサザンゲートブリッジ。
この橋は、夜景や星景の作品でもよく見かける、有名な橋です。