モンキー星雲(NGC2174)

先週の馬の首のノイズ問題が未解決だが、晴れたので別対象にチャレンジ。
モンキー星雲(NGC2174)。南東向きの自宅のベランダからはぎりぎりの位置。これより北の対象は天井に遮られて長時間露出ができない。
FSQ106ED+EX1.6 850mmF8 α7s バーダーHα7nm
ISO8000 light:4min×21、dark×11、flat×20
SXP+GT-40+Watec910HX


位置はオリオン座だが、双子座の足元にあり、中望遠ではM35と一緒に撮られることが多い。
これまで自分は、なぜ「モンキー」なのかをよくわかってなかったのだが、この写真を見てなるほどと納得。
昔は愛称付きの星雲は有名なものしかなかったように思うが、ハッブル望遠鏡や昨今の高性能のデジタル機器のおかげで星雲の微細部をはっきりとらえられるようになったせいか、最近では大抵の星雲に愛称が付いているよう。
縞ノイズ対策として、ISOを8000に下げて、露出時間を倍に延ばしてみた。
途中から曇ってしまったので20枚(80分)の露出。前回の馬の首の半分。ノイズは多くなってしまったが、縞模様は少なくなっている。
10枚目で構図をわずかにずらしたのも有効だったのか?

縞ノイズ現象・DeepSkyStacker(DSS)

短時間露出の多数枚スタックをやったとき、斜め方向に縞々の模様(ノイズ)が出る現象に悩まされている。

DSQ106ED +1.6EX α7s バーダーHα7nm
ISO16000 light:2分×80、dark:20、flat:40
SXP+GT40+watec910EXビデオガイド 自宅ベランダにて
今週末に撮影した馬の首星雲。気合の2時間40分放置撮影だが、ほぼ全面に斜め方向の縞模様が。。。
これまでもこの現象はしばしば起きていて、露出時間が長いほど・スタック枚数が多いほど顕著になる。
決定的な原因と対策はまだ見つかっていない。
しかし困ったナー。

ホット/クールピクセル除去パラメータ・DeepSkyStacker(DSS)

短時間露出の画像を何十枚もコンポジット(スタック)すれば、街灯りの激しい場所でも淡い天体をあぶり出すことができる。
自分はフリーソフトのDSS(DeepSkyStacker)を使用しているが、そのパラメータ設定でハマった話。
スタック前1枚画像がこれ。
Raw80枚スタック画像。んん?星がぼけたようになって微光星が消えている・・


この現象、jpeg/TIFFではなぜか発生しない。jpeg80枚スタック画像。ちゃんと微光星も出ている。
実はこの現象、ダークとフラットを入れるようになってから気になっていた。
さんざん調べた結果、原因判明。
DSSの「ホットピクセル/クールピクセル除去」の設定が悪さをしていた。
ピクセル径1px、しきい値50%に設定していたのだが(これがデフォルトなのかどうかは不明)設定をOFFにすることで解決した。
FBの某グループで詳しい方に尋ねてみたところ、この設定はスタック前の画像のホットピクセルとクールピクセル(センサーの特定の画素が極端に明るくなったり暗くなったりする現象)を除去するためものなのだが、「これらのオプションのチェックは、結果として生じるイメージをひどく変更するかもしれません。ですからそれらを注意して使用してください。これらのオプションのチェックは、結果として生じるイメージをひどく変更するかもしれません。ですからそれらを注意して使用してください。」の旨の但し書きがマニュアルの冒頭書かれているとのこと。
問題は閾値の50%で、数値が低いと検出されるピクセルの数が増え、その分多く修正が行われることになるらしい。つまり、ホット・クールピクセルの誤認識が多発してしまい、画像を損ねてしまっていたのではないか、とのこと。
(N本さん、ありがとうございました!)
DSSは見よう見まねでろくに設定項目の英語の意味もよく考えていなかったのだが、やはりちゃんと設定の意味と目的を理解しなくてはならないと反省。
FSQ106ED 1.6EX α7s LPS-P2
ISO6400 15s L:73枚、D40,F40
で、設定を修正してフラットとダークを入れたM42画像。
露光量が少ない画像を強補正したのでノイズが目立つが、前回よりは進歩したか?
ちなみに、jpegをスタックするときに気がついたのだが、α7sはrawとjpeg・tiffの画素数が微妙に違う。rawの方が縦で48px大きい。
このため、tiffのlight画像にrawのダーク・フラットをかけようとしたが、サイズが違うとのことでDSSにはねられてしまった。
ネットで調べてみたが、理由も含めて言及された記事を見かけなかった。何故なんでしょう?

オートガイド導入 その6)ビデオガイド試運転・WATEC910EX

オートガイドシステム初の実戦投入。

エクステンダーx1.6をつけて、FSQ106ED850mmF8でM42を試写。
Watec910EXでどの程度ガイド星が捉えられるか。
アドバンスユニットに接続すると、画面の右半分にビデオ映像を表示できる。M42がばっちり。
910EX側の設定はほぼ初期設定のママ。積算の指定はカメラ側では行わず、アドバンスユニット側で行う方が良いらしい。
ここまで暗い星が捉えられるのであれば、よほどのことがない限りガイドマウントは不要そうだ。
現在ガイド中。
アドバンスユニット側の設定もデフォルト設定ほぼママ。
画面上で星だと視認できる程度の明るさであれば、かなり暗い星でもガイド星として使える。
SB10の星図上(8等級まで)に表示されていない星でもガイド星に指定できたので、9等星まで使えるというのはまんざら誇大ではなかった模様。
実はキャリブレーションで何度も失敗(エラーコード004 RA方向の動作がtoo slowとのメッセージ)してどうしたらよいのか小一時間ハマったのだが、表示倍率が×0.5(初期状態)になっていたのが問題だった。
画面に表示されている映像ママでガイドしているらしく、ある程度拡大表示してやらないとガイドできない模様。
表示倍率の拡大とガイドエリアの指定はカーソルキーで簡単にできるので、気がついてみれば簡単な話だった。
910EXが期待以上に高感度だったので、ガイドスコープに微動マウントをつける必要はなさそう。
次回からはこの構成でやってみる予定。
トッププレートにK-ASTECのアルカスイスマウントを装着し、ガイド鏡を直付け。
天の川近辺であれば問題なしだろう。
周辺に星が少ない領域の場合には、微動マウントの出番があるかも。
α7S(フィルターレス)FSQ106ED + EX1.6 LPS-P2
ISO6400 15秒 jpeg画像light×75、ダークフラットなし
この日のリザルト。
オートガイドなのに15秒露出??とか、なんでjpeg?とか、ダークフラットがなんでないのかなど、突っ込みどころ満載だが、詳細は次回で。

オートガイド導入 その5)タカハシAZ微動ステージ

オートガイドシステムのファーストインプレッションの最終回です。

今回は、ガイド星を導入するための微動マウント、タカハシAZ微動ステージについてです。
(2015/4/12記)
GT-40+wat910HXの組み合わせの場合、ガイドマウントがなくても全天どこに向けてもほぼガイド星が見つかりました。
よってガイドマウントは現在は使用せず、FSQ106のトッププレートに直づけしています。
ガイド星を導入するための微動付きマウントは、ビクセンや協栄産業オリジナルなどいくつか出ていますが、最も頑丈そうだったのと、タカハシブランドへの信用から、これを選択しました。
この手のガイドマウントの重量はいずれも700g前後あります。
上から見たところ。真ん中のネジが1/4インチネジ。その左右がM8の35mm間隔ねじ穴。
青いローレットダイアルが上下の微動で、逆向きに締め混むことで固定できる。
右の銀色のダイヤルが左右の微動。
中央の1/4ネジは、円形のコマがイモネジで固定されていて、ヘックスキーで取り外すしくみになっています。
コマを取り外したところ。
このコマを、ガイド鏡や雲台の1/4インチメスネジ穴にねじ込んで固定し、ガイドマウントにはめ込んだ後、イモねじで固定します。
1/4インチネジのコマ。コインのようなマイナス工具で回すようになっています。
ここの締め込みは一応なんとかしっかりと締められるのですが。。。

本体とコマのイモネジ固定が強固にできないのが最大の欠点です。

かなり力を入れて締め付けても、ガイドマウントを回転させることができてしまういます。
ちなみに、左の大きなコマは、テレスコ工作工房の微動雲台TK-ALZM2用のコマ。このくらい大きければしっかり固定できるのですが。
なので、M8ネジでA-ASTECのアルカスイスクランプを固定して、アルカスイスプレート経由で行うことにしました。
少し背が高くなるしバランスが悪くなりますが、まあ仕方ありません。

底面部には、中央に1/4インチのネジ穴が一つ、その前後に2つのM6ネジ穴が切ってあります。
FSQ106ED用のK-ASTECのトッププレートに、このネジ穴3本でしっかりと固定できました。
1/4インチネジ穴の周囲の銀色は、3/8インチネジ穴アダプタではなく、強化用のヘリサートスプリュー。
3/8インチネジで取り付ける際には別途アダプタが必要になります。
ガイド鏡マウントとして、強度は十分そうだが、ちょっとバランスが悪かったかもしれません。
そもそもビデオカメラが十分高感度ならガイドマウントは不要になります。
また、一軸の粗動だけでよいなら、カメラ用のパノラママウントという手もあります(HUQ氏に教えていただきました)。
もしガイドマウントとして出番がなかったら・・・高い買い物が無駄になるかもしれません・・・

代替利用として考えていたのがポラリエ用の微動マウントへの転用です。
BORGのアングルプレート経由で装着。M8ネジの1本止めですが、しっかりと装着できます。
BORGのアングルプレートを使用する場合、向きに注意する必要があります。
写真の逆向きだと極軸望遠鏡が取り付けられません。
・・・
今のところ導入が失敗だったのかどうかは未確定ですが、運用開始後、またレポートする予定です。