「EOS」カテゴリーアーカイブ

改造EOS Kiss x5到着、そしてMagic Lantern導入

ハヤタ・カメララボさんに注文していた天体改造EOS Kiss X5が届きました。

元箱入り付属品完備で32000円。
液晶モニターの隅に擦り傷がある以外は使用感の少ない美品でした。梱包も丁寧で、さすがオクの個人売買とは二味も違います^^

早速試し撮り。

1stショット、IMG_0001です^^
ピクセル等倍、ISO3200。

フルサイズの6Dよりもノイズが多いことは織り込み済みですが、Kissを使うはDN以来なのでノイズの少なさと高画質に隔世の感。

x5のボディは6Dよりもずっとコンパクトですが、OM-Dやα7Sと比べると大きく感じます。三脚取付部も広くて、重量級レンズを付けても安心感が。

バリアングルモニタはピント合わせの際に便利そう。

 

前置きが長くなりましたが、本題は「Magic Lantern」の導入。
6Dにも入れている、3rdベンダー製ファームウェアです。

本稿、以降はすべて自己責任でお願いします^^;

参考:
・Magic Lanternホームページ(英語)
・インストールマニュアル(日本語)

Magic LanternはEOSの純正ファームの機能を拡張するサードベンダ製ファームウェアです。
ビデオ撮影やインターバル撮影、ISO感度やモニターゲインのブースト など実にさまざまな機能が追加されています。

が、自分が使う目的はただ1点、長秒インターバル撮影。
Kissのリモコンは5D/6D系とコネクタ形状が異なり、手持ちのリモコンが付けられません。
アマゾンで2000円出せば買えるのですが、カメラの台数が多くなると持ち運びも接続も面倒だし、節約のためもあってMagic Lanternを使うことにしました。

 

 

Magic Lanternのインストールはとても簡単。
機種に合ったファームをダウンロードし、ファイル一式をSDカードに入れてカメラを起動し、純正と同じようにファームアップデートを実行するだけ。

ただし、インストール前のファームのバージョンが指定されていて、x5の場合は1.02でないとインストールできません。
幸いにも入手したx5のバージョンは1.02だったのでダウングレードせずに済みました^^

ただし、以降はMagic Lanternの起動ファイルの入ったSDカードとセットで使用する必要があります。(6Dの場合は別のSDカードでもMagic Lanternが起動しないだけで問題なく使えているのですが)

 

Magic Lanternを導入後。
ファームのバージョンが1.02-ml-Nightly….となっています。

 

Magic Lanternを入れたEOSは、普通に使っている限りは通常のEOSと同じです。
x5の場合は「ゴミ箱」ボタンがMagic Lanternのメニュー呼び出しになり、このようなメニューが出てきます。

これはDebugメニュー。
メモリ容量やシャッター累積カウント、センサー温度などが表示されています。

 

自分が使うのは取りあえずShootメニューの「Intervalometer」と「Bulb Timer」の二つだけ。

 

Intervalometerの設定画面。
1秒間隔で撮影、開始は半押し、開始時に3秒待ち、2枚撮ったら終了に設定しています。

 

 

Bulb Timerの設定。
2分露出、露出中の液晶モニタ表示はデフォルトママにしています。

 

デフォルト設定で露出中。1分23秒経過。
x5のバルブって背面に経過秒数出るんですね。
6Dでも出せるに違いない・・これまで残り時間がわかりにくくて不便していました^^;;

Magic Lanternについては以上で終了。

天体用のインターバル撮影で2000円のリモコンを使わずに済ます価値は充分にあります。
唯一の懸念は、外付けリモコンよりもセンサーが熱くならないかですが・・

マニュアルには「最悪カメラが壊れることがある」と警告がありますので、あくまでも自己責任で。
幸い、これまでEOS-M、6Dと入れましたが壊れることはありませんでしたが、ISO感度をブーストしたらボディが凄く熱くなって発熱警告マークが点灯したことはありました^^;

さてこれで実戦配備準備終了。
この新月期、晴れてくれるといいのですが。
ファーストライトは・・・バラ星雲が、M81/82あたりを撮る予定です。

改造EOS Kiss x5導入

突然ですが、IR改造機を新規導入することにしました。
EOS Kiss x5です。

Facebookでいつもお世話になっているN本親分の会社がIR改造サービスをこのたび始められました。

天体写真撮影用/赤外写真撮影用デジタルカメラ改造処理のご案内

 

EOSの改造は30000円(税別)。
3/末までならなんと5000円引き。
Kiss x5の改造済み中古品は、なんと32000円〜35000円という安さ!(ボディ込みですよ^^)
(追記)注文した32000円の最安機はもう商品リストからなくなっていました。仕事が早いですね^^

 

現状改造機はEOS6Dとα7Sの二台あるのですが、手持ち赤道儀をフル回転させるともう一台分の余裕があり、以前よりもう一台欲しいと思っていました。
6Dをもう一台!というのも考えたのですが、お値段も張るし躊躇していたところ。

この改造済み中古品Kiss x5なら値段も手頃。
6Dでの画素不足も気になっていたこともあり、長焦点でのDSO撮影用に画素ピッチの小さい(6Dの場合3600万画素相当)Kiss x5を、渡りに船とばかり導入することにしました。

天ガ最優秀2回の分子雲の大家SBMさんの6Dもこちらでの改造機だそうです。実績も充分。

早ければ来週半ばには到着しそう。本格稼働が楽しみです。
まずはFSQ106EDで、春のDSO(M81/82,ししトリオ、M51、黒目銀河とか)を狙ってみたいと思っています。

EOSシリーズの天体撮影・ピント合わせとインターバル撮影

K-ASTECのMFAを導入し、これでピント合わせの歩留まり向上だ、と喜んでいたのだが、実はPCを使えばカメラレンズのフォーカスはステップ実行できることが判明。インターバル撮影ができるのは知っていたが、ピント合わせもできるようになっていたのか・・・ウラシマンだ。

キヤノンの純正ソフトEOS Utility。
リモートライブビュー画面にすると、フォーカスボタンが現れる。
<>ボタンでフォーカスを微調整できる。
げげー。便利じゃないですか。
撮影現場にPCを持ち出すことは絶対したくなかったのだが・・・ここまで便利になるのなら・・・どうしよう・・・
PCを持ち出す前提なら、オートガイドもSXPのビデオガイドではなく高感度のCCDオートガイダーが使えるし・・・
(実はオートガイドは未導入なので、どういうシステムを組むのがあれこれ検討中)
天体撮影におけるピント合わせとインターバル撮影だが、EOSの機種によって微妙に中途半端な現状があるのでそのまとめ。(2014/6/27現在)
・「EOS Utility」でPCからMF操作・インターバル撮影が可能(EOS-Mシリーズを除く)
・「EOS Remote」でスマホからMF操作ができるが、インターバル撮影はできない。
・「EOS Remote」はiPadでも使えるが単に拡大表示するだけなので表示が荒い。
・「EOS Remote」が使えるのはWiFi対応のEOSのみ。
・EOS-M、EOS-M2はリモートコントローラが使用できない(本体に端子がない)
・EOS-M、EOS-M2は「EOS Utility」のリモート操作機能が使えない。
・EOS-M、EOS-M2のインターバル撮影は純正ハード、ソフトでは不可能。
・EOS-M、EOS-M2のインターバル撮影はサードベンダーのファームで可能
 (magic lanternなど)
ライブビュー非対応のEOSはもはや論外として、これから買うのならWiFi対応EOSにしておくのが無難かな。
「EOS Remote」の今後の機能アップに期待。

Magic LanternでM17放置プレイ撮影

少し前のだが、328+ポラリエでのベランダ撮影から。

EOS-M無改造+CLSフィルター EF300mmF2.8LIS
ISO1600 10秒 60枚スタック ポラリエで追尾
M17、通称オメガ星雲。
あんまり空の状態が良くなかったが、Magic Lantern導入でEOS-Mでも放置プレイができるようになったのでその記念に。
EOS-Mはリモートコントローラが使えないので、自動の連続撮影が通常はできない。そこで、Facebookのコミュニティで教えてもらったMagic Lanternを導入した。
参考リンク)
Magic Lanternとは、主にRAWビデオ撮影を目的としたフリーのカスタムファームウェアであるが、おまけ的にインターバル撮影が付いてくる。導入は面倒、シェルのお世話にもなります。(自分はmacなのでwinでどうかは不明)
IS付きEFレンズで誤動作することがあると書いてあったが、自分の328IS初代とEF70-200F4では問題はまだ起きていない。
最新のバージョンではメニューの表示が上のブログに書いてあるものからがらりとかわっているので注意。
インターバル開始のトリガーの初期設定が「メニューを抜けたとき」になっていて、いきなり無限連続撮影が始まってしまい、止め方がわからず電池抜きリセットorz。