「フォトコン」カテゴリーアーカイブ

「バーナードループ」天文ガイド2017年5月号入選

天文ガイド2017年5月号に掲載されました。

ところで・・・ひとつ重大な誤りをしていました。
すさみは村ではなく町です。。

・和歌山県すさみ
・和歌山県すさみ

ごめんなさーい〜〜〜〜〜〜
応募用紙のコピーを確認したらしっかり間違えていました(滝汗


Hαナローバンド+300mmによる、3コマ×3コマのモザイク初チャレンジのバーナードループが右。

掲載画像はちょっと硬調に寄りましたね・・
私のプリント技術がイマイチなのも大きいですが。。
↓この画像の撮影記はこちらです。

小石原(2) バーナードループ9枚モザイク

 

このHα画像を85mmレンズの1枚画像にブレンドしたものが左です。
応募バージョンはLチャンネルにも少しHαを入れたので、このブログ画像よりもピンク寄りになっています。

↓撮影記はこちら。

小石原(3) バーナードループカラー化

今回、どちらを送るか迷ったのですが、ひょっとしたら同時掲載もあるかな?と期待して両方送ってみたらその通りになりました^^
もしかしてもしかしたら、電話がかかってこないかなあとひそかに期待していましたが、番号の前の持ち主宛の通販会社の電話が1本あっただけでしたw(ちょっと焦りましたw)

今年の春・夏は、さそり座から夏の銀河の85mmモザイクに取り組む予定です。誌上で皆様にお見せできるようがんばります^^

2016「絶対的八重山 秋・冬島旅フォトコンテスト」大賞・「星空にうっとり」

「2016絶対的八重山 秋・冬島旅フォトコンテスト(NPO絶対的石垣島主催)」で一位をいただきました^^

Facebookグループの「絶対的石垣島」では、夏のフォトコンでも入賞させていただきましたが、今回はなんと「大賞」です^^

 


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 20sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2016.11.6 石垣島玉取崎展望台東屋

この写真は石垣島有数の展望スポットである玉取崎の東屋で撮影したものです。ここは石垣市街の街灯りの影響も少なく、素晴らしい星空を見ることができました。

何組ものグループが星見に訪れていて、あちこちで「凄い」「ヤバい」の声が^^
そんな中で、静かにじっと星を眺めている人の気配。写真では街灯りがけっこう強く写っていますが、現地ではほとんど真っ暗で、「誰かいるな」くらいしかわかりませんでした。

現像してみると素敵なカップルの姿が。見つめているのはオリオン座の方向ですね^^

カシオペヤ座のwの形が見上げなくても自然に目に入る高さに見えるのは、緯度の低い八重山ならでは。
本土では見られることのできない南天の星空、北天の風情。八重山の豊かな自然と風土、その中でも特筆すべき星空という財産。八重山の星空の魅力を伝えられたらと応募しました^^

それがなんと大賞^^ 嬉しい・・何が一番うれしいかというと副賞のホテル宿泊券でまた石垣に行けること^^

スポンサー様、主催者様、ありがとうございます^^
「ホテルイーストチャイナシー」のリンクを貼っておきます。
石垣港に面した風光明媚な白亜のホテルです。
離島ターミナルにも市街地にもすぐ近くでアクセスも便利。
朝食バイキングの沖縄料理も楽しめます^^
GW前の4月下旬に、週末をはさんで石垣にまた行く予定です。
今回は波照間からの全天パノラマやηカリーナに南十字星など、いろいろ撮りたいテーマがあって楽しみです^^

「分子雲の飛翔」天文ガイド2017年3月号

久しぶりの入選です^^
前回が2016年の4月号だったのでほぼ1年ぶり。

調べてみるとなんと十連敗後の入選^^;;
けっこう自信作も外れてしまい半年ほど天文雑誌には応募していませんでした。

この構図は、カラーで撮るとアンバランスになるのですが、ナローHαで撮るとわし星雲の周辺の淡いスジ状の部分がベールのようになっていいバランスになります。
左下のトールの兜だけでなく、小さくても面白い形の星雲も点在していて、冬のナローバンド撮影の一押し領域だと思います。

タイトルを「分子雲の飛翔」としたのですが、よく考えてみるとHII領域は電離水素の雲なので、学術的には「分子雲」と呼ぶのは間違いでした。天文宇宙検定的にはアウト!です^^;;;;

かといって「イオン雲」「電離水素雲」も変だし・・
「カモメ星雲の飛翔」ですかねえ。。

 


Flickrで大きな画像を見る
α7S (フィルターレス) EF300mmF2.8LIS BaaderHα7nm
ISO12800 30sec*208 JILVA-170ノータッチガイド
2016.12.2 福岡県小石原

こちらはオリジナル画像。
天体の場合、モノクロプリントは青側に振った方が見栄えがしますね。オリジナルプリントがどんな色調だったか忘れましたが、編集部側の配慮かもしれません。

 

α7S EF135mmF2L F2
ISO12800 30sec*200 Baader Hα7nm
スカイメモRSノータッチガイド

こちらは昨年の1月に撮ったもの。
この画像を見て、300mmならこう切り出そうというのを暖めていました。
ナローバンドHαでは、意外なところに面白い領域があるので、あらかじめ広めの画角で撮影しておいて、それを元にクローズアップする対象を選び出す作戦が効果的ですね。

優秀賞・北斗の水くみ写真展2016

ちょっと古くなってしまいましたが、地元福岡県の宗像市が毎年開催している「北斗の水くみ写真展」で優秀賞をいただきました。

http://www.d-munahaku.com/nature/hokutoPhotoReport/2016/2016index.html

Flickrで大きな画像を見る
EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F4 20sec ISO800

8月の信州ツアー一番の思い出かもしれません。
改めてお二人に御礼するとともに幸あらんことをお祈りします^^

「2016絶対的八重山 春・夏島旅フォトコンテスト」一位・星降るマングローブの干潟

「2016絶対的八重山 春・夏島旅フォトコンテスト(NPO絶対的石垣島主催)」で一位をいただきました^^
このフォトコンテストは、
石垣島、八重山諸島を愛する人ばかりの、
3000人ほどのグループ内で開催されたものです。
実は「絶対的石垣島」グループは、
「NPO絶対的石垣島」というNPO法人によって
運営されています。
この法人はFacebookグループと一体化していて、
重要事項はグループ内で図って決定するという
ユニークなシステムです。
この写真は、石垣市街の北、
名蔵湾で撮影したもの。詳しくは以下のエントリをご参照下さい^^
副賞として石垣のホテルの2泊3日宿泊券をいただきました^^
うれしい〜
早速、来月また石垣に行ってきます〜
なお、受賞作のパネルが石垣市の「Bar Second Room」に展示されているそうです。
ぜひ見て来なければ^^
「絶対的石垣島」グループには
石垣/八重山のいろんな情報と、八重山愛が満載です。
八重山の星空は日本の宝。
Facebookをやっていらっしゃる方は是非ご参加下さい^^