京都大学大宇陀観測所の思い出

京都大学大宇陀観測所の60cm望遠鏡が、香川の天体望遠鏡博物館に寄贈されたそうです。

参考リンク)
天体望遠鏡博物館に口径60cm反射望遠鏡がやってきた!@多和http://sanuki-asobinin.seesaa.net/article/448159041.html

大宇陀観測所には古い思い出があります。

 

1978年ごろ。
背景左奥の四角い建物が大宇陀観測所。
手前の広場が現在廃校になった大宇陀町立守道小学校の校庭。
当時、この校庭をお借りしてよく天体写真の撮影をやっていました。

 

大宇陀観測所は一度だけ見学させていただきました。
当時設置されていた40cmのシュミットカメラ。
望遠鏡博物館に寄贈された機材ではなく、そのひとつ前の機材です。赤道儀は写真で見る限りこれが寄贈されたものと思われます。

ということは、大宇陀観測所は閉所になるのでしょうか。

 

当時の撮影仲間たちと。
中2から高1。なんかかわいいですね^^

 

もう一人。
写真界では知らぬ人がいないであろうとある事件ですっかり有名になってしまった彼ですが、人なつっこい愉快なヤツでした。

 

このジャリ共、もといお子様たちは、昼間テントで寝ていたらちょっかいを出してきて、上のホンダのジャンパーのおにいさんにすっかりなついてしまい、観測所の門の前で撮った記念写真。
もうええおっさんになっているはずです。

写真展・見てほしい 守ってほしい 私たちの大切な風景 50 [九州・沖縄]

写真展に行ってきました。

写真展・見てほしい 守ってほしい
私たちの大切な風景 50 [九州・沖縄]
https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/fukuoka/17032401.html

現在福岡市博多区の富士フイルムフォトサロンで開催されています。
九州・沖縄の様々な美しい風景が一堂に会した様は圧巻。
作品のクオリティもプリントも素晴らしく、大いに楽しめました。

作品が展示されているASPJのS村さんとTN内さんともお会いすることができました。その節はありがとうございましたm(_ _)m

隔月刊「風景写真」編集長・石川薫氏によるギャラリートーク。
この写真展に対する熱い思いを語られていました。

石川氏によると、日本のアマチュア風景写真愛好家は地元の風景を軽視?する傾向があって、フォトコンの応募作品に信州の風景が2割以上を占めた時期もあったそうです。

マスメディアの情報や先入観?にとらわれて、いわゆる「有名」な絶景を追いかけるのではなく、地元ならではの自然や風土、人々の暮らしにもっと目を向け、多くの人に未来に残す価値のある作品に触れてもらいたい、何よりも九州にはそれに値する対象が数多くあって、この写真展でそれを示すことができたのではないか、とのことでした。

全くもって同感。
自分も昨年はいろんな場所に行きましたが、そこで感じたのは「有名なスポットを数多く訪れても、結局通り過ぎるだけで消化不良になってしまう」ような感覚でした。

大事なのは、既存の「風景の情報」をなぞるのではなく、自分の足と眼で見つけた風景を自分の感性で表現すること。

そう思いつつ、今年になって星景はほとんど撮っていないのですが^^;;これからの桜のシーズンは地元をあちこち回ってみたいと思っています。

「天文リフレクションズ」始めました。

しばらく更新を休んでいました。
月も大きかったし撮影もあまりしていなかったのもありますが、ここしばらくはこんなものを作っていました。

「天文リフレクションズ」
http://reflexions.jp/tenmon/articles.html

天文関係のブログ・ニュース・動画・SNSなどの様々な情報を一覧できるニュースサイトのようなものです。

上の画面はMac/Safariですが、このように様々な情報をびっしりと4列(列数は窓の大きさで変わります)のグリッドで一覧表示します。
記事数は現状は最大50件。もっと多くすることもできますが、まだテスト運用と言うこともあり少なめにしています。

グリッドをクリックすると、元記事のサイトにジャンプします。
(動画だけは今のところ別のビューア画面が起動します)
ここは重要で、このサービスはいわゆる「パクリサイト」を狙ったものではありません。あくまで情報をインデックスするだけで、興味を持った情報は直接そのサイトに飛んで見てもらうという考え方です。

 

左上の丸いアイコンをクリック(タップ)するとメニューが現れます。
ざっくり、自分が見やすそうなカテゴリに分類しています。このメニューはかなり柔軟に変更できるので、将来的にはカスタマイズも可能なのですが、最終的にどうするかはまだわかりません。こんなものはないほうがいいのかもしれませんし。

 

メニューの中にはさらに「カテゴリ」に分かれていて、タブの切替で表示する情報を切り替えることができます。
このへんの操作感は「Yahoo! ニュース」や「SmartNews」なんかと同じ(細かいところはいっぱい負けてますけど^^;;)です。

それぞれの記事はサーバ上で4時間毎に収集し、全て自動でタグ付けし、分類しています。詳細は企業秘密wです。
当初、この自動分類がけっこう鍵になるのではないかと思っていたのですが、実際のところ自動分類の精度が少々上がったところで、このサービスの付加価値が大きく向上するものでもないという気がしていて、自動分類のアルゴリズムの改良にどこまで力を入れるかどうかはまだわかりません。(現状ではけっこう阿呆な動きもあるのですが- -;;)

 

スマホ・タブレットにも対応しています。
この画面はiPhone6Sからのキャプチャ画面。
小さい画面ですが2列表示しています。沢山の情報を一度にブラウズすることに重点を置きました。

iPad縦表示のキャプチャ画面。
iPadの場合は3列になります。

 

上の画面はFacebookグループとTwitterの記事配信の例。
この2つには「埋め込みHTML」という便利な形式があって、その情報をそのままHTMLに埋め込むだけで、いいねやFavなどができるようになっています。

サイトに表示される情報は、RSSフィード、Youtube、Facebook、Twitterに現在対応していて、今のところ自分が通常参照しているものを一式設定しています。
それだけではまだまだ不足している上に偏りもあるので、今後拡大していく予定です。


このサービスは、実は1年以上前から着手していて、細々と開発を続けていました。
なぜこんなことを始めたのか、この後どういう方向に進めていこうとしているのかについては、簡単には書き尽くせないものもあるのですが、ここでは一つだけ書きます。

インターネット・スマートフォンの時代に一番取り残されているものは、いわゆる「専門誌」と呼ばれていたメディアではないでしょうか。「天文ファン」のことを一番に考え、今の時代で可能な手段や技術を駆使したメディアは、まだどこにも存在しないように思います。

というわけで、もう少し「天文リフレクションズ」を続けていきたいと考えています。

メジャー領域のマイナー対象・さそり座δ星付近

月が大きいこともあってここ数日は夜明け前にベランダでナロー撮影中。
今朝はかなり淡いマイナーな領域を試写してみました。


EOD6D(SEO-SP4) FSQ106ED+645RD ISO1600 4min*14
Baader Hα7nm SXP+DT40オートガイド
2017.3.12 福岡市内自宅ベランダ

中央がさそり座δ星。その周りに漂うHII領域です。
この領域の左下には有名なアンタレス周辺の、左上に青い馬星雲があるのですが、ここだけを切り取った作例はあまり見かけません。

それもそのはず、ここはとても淡くて広がっていて、なかなかの難物。無謀にもベランダで狙ってみたものの、ごらんの通りどうしようもない仕上がり^^;;
これをさらに10夜撮って重ねればもう少し見られるものになるでしょうが・・・そこまでの根性は・・・


上:強調後
下:コンポジット済みフラット調整後の無強調画像

どのくらい淡いかというと、このくらい淡いです。
下がコンポジット済みフラット調整後の無強調画像。
1コマ画像では何も見えていなかったのですが、丁寧にかぶり調整して思いっっきり強調したら、丸いのが出てきました^^

 


https://faun.rc.fas.harvard.edu/
dfink/skymaps/halpha/jpegs/comp_big.jpg

を加工。

harvard.eduのサイトにあったHα全天画像をトリミングし、今回の撮影領域を赤枠で描いてみました。左上の大きな丸いのがへびつかい座のsh2-27です。これとほぼ同じ大きさのさらに淡い領域が広がっていて、その中央部の明るい部分が今回撮影した領域になります。

FSQの380mmで上の画像の領域をモザイクすると64枚コースですね^^;;さすがにそれは1シーズンでは完成できそうにないので、まずはδ星周辺を3*3ないしは4*4でつなげてみたいものです。

全天Hα画像。 https://faun.rc.fas.harvard.edu/dfink/skymaps/halpha/jpegs/comp_big.jpg より。 – Spherical Image – RICOH THETA

参考までに、harvard.eduのサイトにある全天画像を360度パノラマに加工したものを貼っておきます。
これを見ていると、HII領域の望遠モザイク合成に燃えてきますね^^

今シーズンは85mmと望遠で夏の銀河の多数枚モザイクにチャレンジしてみたいと思っています。

 

Hαナローベランダ撮りM8

このところGPVが外しまくりで、曇りそうだと思って自宅待機していたら晴れの連続–;;

昨日の朝も同じパターン。仕方なくベランダ撮り。


EOS6D(SEO-SP4) FSQ106ED F5 5min*8 ISO3200 flat*10
Baader Hα7nm SXP+GT40オートガイド
2017.3.7 福岡市内自宅ベランダ

この季節まだ低いM8ですが、南東向きベランダからは今がチャンス。やや薄雲があったので03はやめてHαにしました。
さすがのM8、Hαなら都会の真ん中でもばっちり写りますね^^

F5/ISO3200 5分露出でもヒストグラムは左1/4。まだ倍〜4倍は露出できそう。この春かけて、SAOの各画像をねちねちと撮り溜めたいですね。

縦構図にしたのは大失敗。
横にして猫の手もいれないと・・・
何より、M8は去年も撮ってたんですよね・・M16/17にしとけば良かった。
老化してくると昔撮ったのを忘れてしまいますねorz