「眼視観望記録」カテゴリーアーカイブ

久住(1)久々の眼視&電視・α7Sでライブビュー観望

今年の夏は石垣・信州と、撮影三昧でしたが、

原村で66cmドブで見たM57の印象が強烈で、
網膜に宇宙の刺激を与えるべく、C8を積んで眼視メインで久住に出撃。
C8XLT +α7S SIGMA24mmF1.4Art解放
手持ちコリメート、ISO10万、動画から切り出し

実は今回やってみたいことがありました。
α7Sでのライブビュー観望(=電視)です。
α7Sで動画モードでISO10万くらいにすると、
眼視で見たのと同じくらい(色つきになるところは眼視以上)に
星空を「観望」できるのです。


C8XLT SWAN40mm 50倍
α7S+SIGMA24mmF1.4による手持ちコリメート方式


夏から秋の星雲星団の動画をまとめてみました。
手持ちコリメートなのでブレブレですが、
眼視で見た見え方とほぼ同じ、しかも色つきです。
C8は口径が200mmあるもののF10と暗い光学系なのですが、
50倍のアイピースをつけて24mmレンズでコリメート方式にすれば、
合成F値は24*50/200=6.0となって、まあまあの明るさ。
動画には入っていませんが、らせん星雲がかすかに確認できるくらいです。
もっと大口径のドブでこれをやれば、
凄い映像がリアルタイムで見られるのではないでしょうか。
α7S EF300mmF2.8LIS
これはもっと明るい300mmF2.8レンズでの動画。
北アメリカ星雲がばっちり。
改造機なのでカラーバランスが変ですが・・・
(カスタムホワイトバランスを設定すればもっと自然になります)
α7Sの動画観望のノウハウについては、
このブログにも時々コメントをいただいているHUQさんに
色々教えていただきました。
北アメリカの撮影の際は、
Facebookメッセージでリアルタイムでヘルプしてもらいました^^
ありがとうございました!
リアルタイム動画観望の「臨場感」「ライブ感」は、
百聞は一見にしかずです。
思いのままに空に望遠鏡を向けると、
モニターいっぱいに溢れた星がリアルタイムで見えるのはもちろん、
雲間から星が姿を現すところとか、ちょっと感動的です。
さらに、HUQさんによると、
多くの人と「同時に」星空を共有できるライブ感が
素晴らしいそうです。
動画によるライブ観望は、
これまでと違った「観望エンターテイメント」に
なりうるのではないでしょうか。
「電視」とは、HUQさんの造語です。
なかなかいい語感なので、これからライブビュー観望を「電視」と呼びたいと思います。

(9/14追記)
Youtubeで見つけた、40cmドブ+α7Sによるタランチュラ星雲です。
さすが40cmになると素晴らしい映像ですね!
W部さん、CANP2016ではお世話になりました^^

(c) 2016 渡部幹則


途中から電視に夢中になってしまい、
肝心の眼視観望はメジャー天体を一巡りしただけでした–;
でも、天体によってはLPS-V4がO3以上に眼視適性が高いことを
確認できたのは大きな収穫でした。
以下、観望記録です。
  • 北アメリカ星雲
今回初めてまともに視認できた。明るいメキシコ半島部分とフロリダ湾の暗い落ち込みを頼りに見るのがポイント。C8の50倍ではメキシコ半島が視野いっぱい。
  • 網状星雲
フィルターなしでも楽勝だが、LPS-V4フィルターを使うと微光星がO3ほど落ち込まずほどよく背景が暗くなりちょうどいい感じになる。次回はIC1340の細かな広がりにも注視してみたい。
  • M57
さすがに原村で見た66cmドブでのようには見えないが、やっぱり美しく神秘的。リングの周囲がオレンジっぽく見えるのは相変わらず。うーん先入観なのか、その通りなのか。すごく暗い空で50cm級でもう一度見てみたい・・
  • M27
亜鈴状の光芒が若干ざわついているようにも見えるが、20cmでは光芒が大きくなっただけでM57より地味な感じ。電視だと一転して赤と青の色の対比が美しい。
  • M22
光度が低い分、M13より黄色っぽく感じられる。星がびっしり、電視では眼視の感覚そのままでこれまた美しい。
  • M13
M22より一回り大きく、少し青みを感じる。50cm級で見てみたい・・きっともっと凄いんだろうな。
  • M11

50倍だと視野いっぱい。星の密度は球状星団並みだが、星の集まり方が四角っぽい。

  • らせん星雲

大きい。視野いっぱい。リング状というよりも、中央が少しくらい円盤のように見える。電視ではかすかだが、色は赤色。暗部の光検知能力は眼視が上だが、色検知能力はカメラの圧勝。カメラの感度がもう4倍になると、すごいことになるだろう。

  • NGC253
M82に匹敵する存在感。ざわざわした濃淡が写真のイメージにそっくり。
  • M33
暗くて淡くて、50倍では大きすぎ。それでも渦巻きっぽい濃淡が確認できる。電視では暗くてちょっと力不足。
  • M31
中心部はすごく明るく輝いている。腕の暗黒部がすぱっと切れ込んでいる。明るいので中心部を確認してそれっきりになってしまった。次回は時間をかけてじっくり周辺部まで見てみよう。

眼視観望・小石原(4)

今回の小石原でも、SXPにはC8を載せて眼視観望。
撮影の合間に自動導入であれこれ眺めるのは至上の楽しみです^^
夏の対象は高度が低くて条件は今ひとつでしたが、
高度が上がるにつれクリアに見えてくる星雲星団に感動。

夜露がひどくて、

C8の補正板もアイピースもすぐに曇ってしまい、

エンジンをかけた車にいれて30分ほど暖めて露を取っては使用しました。

惑星ように強拡大しないのであれば、

少々の温度や筒内気流は特に問題ないようです。

また、今回から

オクで落札したBORG76がデビュー。

クローズアップレンズレデューサ+正立プリズム+SWA20の構成で、

C8に同架し、対象周辺の状況を確認したり、

口径差による見え方の違いが楽しめました。


以下、この日に見た主な天体の記録です。


マルカリアンチェーン
前回は道に迷ってしまったが、今回は某三○松巨匠の写真星図?をもってきたのでばっちり。
M84,M86に始まり、NGC4435,4438,4461,4473,4478,4474,4459と続く鎖を全視認。
4438がやや不規則な形をしているほかは楕円銀河なので構造にはとぼしく、単体ではつまらないかもしれないが、鎖状につらなる姿は深宇宙の神秘。


M90,89,87

マルカリアンチェーンのすぐ隣、明るい銀河が3つ。
M90の腕のでっぱりが少し濃淡があるかな?くらいでこれも楕円銀河。
このへんの銀河はまさに「OTM48」といった感じで、みんな同じように見えてごく一部個性があるけどやっぱり皆同じ?
それとも「押しギャラ(クシー)」を持てばもっと楽しめるのかな?

M57
今回のベスト1。C8 20cmだと驚くほど明るく大きい。
楕円の長径の両端がにじんだようになっているところとか、リング内部がほの明るいところとか、写真のイメージそのまま。
NAV-12.5+Eicで200倍で見てもリングの輝きは失せず迫力満点。
O3を入れるとより鮮明だが、輝き感は失せる。
BORG76だと逆にシミのよう。惑星状星雲は特に口径差が大きい。


M27

大きく明るいまさに亜鈴状の光芒だが、ぼんやりしていてM57ほどの輝き
やエッジ感はなく、FSQ106で見た方が楽しめた。

眼視では写真ほど淡い濃淡が見えてこないせいだろうか。

M4

びっしりとまでいかないものの、はっきりと星に分解でき、密度の高い散開星団のよう。
M11を円形にした感じ。

M13

でかい。びっしり星。壮観。
いつまでも眺めていたくなる。
NAV-12.5+Eicの200倍だと、視野にあふれる星で宇宙旅行のよう。

M22

M4よりは大きく、M13よりは小さい。
高度が低いせいかいまひとつ輝き不足。
でもこれを天頂付近で見たら凄いだろうなあ。

M8

これも絶景、壮観。
横切る太い暗黒帯の複雑な縁と、煌めくNGC6530の星々が圧倒的。
O3を使うと広がりと星雲の微細構造は良く見えてくるものの、NGC6530の存在感が薄くなってしまうので、ノーフィルターの方が美しい。

M20

三裂、四裂の暗黒部の切れ目がくっきりだが、いかんせん小さいので興味深いがM8に比べるとずっと地味。

O3を入れても北側の青い星雲は確認できなかった。


M17

2の字の部分は明るく太く、さらに淡いループが広がる。
倍率を上げても2の字の明るさは失われず、でこぼこした縁の構造が見えてくる。
O3を入れると淡いループはさらに明瞭で、写真での印象にさらに近くなる。

M16

散開星団NGC6611を覆う扇形に広がる淡い星雲が印象的。

アストロアーツのサイトには20cmでも星雲はしょぼいと書いてあるけど、そうなのかなあ?

写真だと真っ赤に写るのでO3成分は少ないのかと思ったがしっかり見える。


M24

バンビの目玉の暗黒星雲を見たかったが、星だらけで迷うばかりで確認できず。
これも次回の課題。


M7
さそりのしっぽにある2つの散開星団の南側。
銀河の濃い部分に重なっているので視野中星でいっぱい。
星団の明るい星は十字状にならんで広がっている。
赤い星が幾つかあるのが印象的


M6

M7のすぐ北。
こちらは背景が暗黒部なので星が少なく、また集積度も高い。
長方形の領域に星がびっしり。
M6もM7も、暗い空に天頂付近にあるところを見てみたいもの。


NGC7000(北アメリカ星雲)

O3を使っても視認できず。
メキシコ湾あたりをピンポイントで確認すると良いらしいので、次回は星並びを確認しながら再トライ。

NGC6960(網状星雲・西)

五ヶ瀬でGSQ106で確認できなかったが、O3を使うとあっけないほどに明瞭。

52番星の輝きと好対照。


NGC6992-5(網状星雲・東)

O3だと細かな構造が見えてくる。

先端の湾曲した一番明るい部分からゆるくカーブが続き、いったん淡くなった後レの字に広がってゆく。


そのほか

M25、M28、ほか天の川を流しながら対象を特定できない星雲星団をいくつも見たのですが、記録に残せるのはここまででした。

次回は・・もっとゆっくり、じっくり星雲星団めぐりをしてみたいですね。
それと小さな惑星状星雲は今回ノーチェックだったので次回は重点的に。

冬のヒゴタイ公園(5)眼視観望

今回も眼視機材を一式持込み、

撮影の合間に観望を楽しみました。
新アイピース群も快調。
特にXW20は、FSQ106EDでの約25倍での銀河散歩にも、
C8での100倍での銀河探訪にも、大活躍。
いいですねえ、XW20。
軽くて覗きやすくてよく見える。
実視野70°で、
最近の高級アイピースと比較すると決して広くないのですが、
それを補って余りある「バランスの良さ」が光ります。
NAV-12.5ももちろん最高なのですが、
眼鏡をかけた状態で全視野を見渡すのは、
眼の位置を合わせるのに一苦労。
観望には、スペックだけで語れない「快適さ」の要素も大事だと知りました。
ちなみに、元箱にはごらんのように「RICOH」のロゴが。
時代は回りますね^^;
以下、当日の観望記録メモです。

FSQ106ED
 
M42、M43
SWAN40mmだと13倍、最低有効倍率以下なので視野は広いもののさすがに物足りない見え方。
背景も明るすぎ。
しかも筒の本来のイメージサークルを越えるのか、周辺がけられているのがわかる。
XW20mmでも星雲の広がりがすばらしいが、やはりNAV12.5mmの40倍は、視野一面の大迫力。
眼視だと、写真で青っぽく写る羽の外側の部分の筋が顕著に見える。
O3フィルターでも覗いてみた。背景が暗黒になり、
目が慣れるにつれ星雲広がりが浮き上がってくる。
印象としてはこんな感じ。
眼視だと星も星雲の中心部がもっとキラキラしているんだけど。

ばら星雲

これまでは眼視では確認できなかったが、O3を入れるとあっさり視認。

フィルターを外しても確認できた。ノーフィルターの場合は銀河の明るい部分と星雲の区別がつきにくいからだろうか。意外と明るかった。

倍率を上げると暗黒部も見えるとの話もあり、次回はC8でチャレンジ予定。

燃える木星雲、馬頭星雲

03を入れると燃える木は暗黒部の複雑な構造まで見えてくる。
馬頭は、ベールのような背景があるのはなんとなくわかるのだが、首の部分は今回も確認できず。
馬頭のすぐ東のNGC2023ははっきりわかる。写真で撮ると青く写る部分。

モンキー星雲

青成分が多いせいか、フィルターなしでも、意外に明るくはっきりした楕円の光芒。さすがに猿の顔には見えず、明瞭だが面白みは少ない。

M41

ベランダで見た時、明るいオレンジの星と背景の青い星のコントラストが美しかったので、期待して筒を向ける。うーん。星はいっぱいあるけど色はベランダの方がよく分かったな・・?暗順応していない方が色はよく見える?

M46,47,36,37,38

こちらはお約束。XW20で流しても楽しいし、NAV12.5で拡大して視野いっぱいの星屑を眺めるのも楽しい。

C8
23時頃、冬の対象があらかた傾いた時点で、筒をC8に換装。
ファインダーに付けた視度補正レンズの具合が思いのほかよろしい^^
M81/82
SWAN40mmだと、無理なく2つともが同一視野に入る。
相変わらずM82のざわざわした怪しさが素敵。
M81は腕がなんとなく見えた気にいつもなっているのだが、次回は高倍率でじっくり時間をかけて見てみよう。

NGC2403

今回初。写真ではM101を小型にしたような渦巻状だが、いまひとつはっきりしなかった。これも次回はじっくり眺めてみよう。

M5

この日見た唯一の球状星団。
NAV12.5で拡大して見ると、細かな星がびっしり詰まっているのがわかる。
写真では球状星団は中心がつぶれてしまうが、眼視だと明るい中にも沢山の星があって、ずっと透明感を感じる美しさ。

M101/M51

この2つを見飽きる日は来るのだろうか?
昔の人はなぜ宇宙にこんな渦巻きがあるのか、不思議に思ったに違いない。
天文学の歴史を改めて紐解きたくなる。
今回NAV12.5では初M51。なかなかの壮観。200倍で見ても楽しい小宇宙。

M65/66/NGC3628

こちらもSWAN40mmでちょうどいい感じに3つが同一視野に入る。
M66はざらっとした感じで、何かあることを思わせる。
M82もそうだけど、系外星雲はただのぼんやりした光でないざわつきが楽しい。

M95/96/105

M105は少し離れているので、こちらはぎりぎり同一視野に入らない。
棒渦巻きの構造(の記憶)は確認できず。
若いときのように記憶が鮮明でないのが加齢の悲しさ。
T村巨匠のように、ICレコーダーに音声で記録するか・・

NGC2903

写真ほど明瞭には二本の腕は確認できないものの、周辺部が筋状になっているのがよく分かる。「ああ、これね」とすぐに分かるくらいの個性。

M64

黒目星雲。なんとなく暗く落ち込んだ部分がありそうに見える楕円の光。
ちょっと怪しい。次回は高倍率・低倍率を織り交ぜてもう少しじっくり見てみたい。

M97/108

M97ふくろう星雲は、2つの目がほんやり確認できる。
200倍で見るととても大きい。惑星状星雲の標準倍率は200倍だな。

NGC4565

紡錘星雲。小口径では、写真とのギャップの大きさにがっかりさせられる代表格だが、20cmあると中心を横切る暗黒部がわかってとても興味深い。しかも細くて長い。

目が慣れないうちは、星雲の片側だけが見えてするどく切れ込んで見えるが、じっと見続けていると切れ込みではなくて星雲を貫く暗黒帯であることが見え始める。このじらし感を含めて面白い星雲。

マルカリアンチェーン

付近一帯星雲だらけで、また道に迷ってしまった・・・正立像とはいえ、ちゃんと星図を頭に入れて見ないといかんなと痛感。
幾つもの星雲をながしていくと、M87の明るさと大きさがひときわ目立つ。

NGC3242

木星状星雲。今回最も興味深かったものの一つ。

200倍で見ると、眼の形をした輝く中心部と、それを取り巻く円形の光芒がはっきりわかる。これなら400倍くらいでも楽しめるかも。5mmか7mmくらいのアイピースが欲しくなる。次回はNAV12.5にバロー2.5で見てみたい。

M104

これも今回のベスト3の一つ。
小口径ではがっかり系だが、20cm200倍でみると明るいハロを横切る暗黒帯がはっきりわかって、深宇宙の神秘を体感。

NGC4361

からす座の真ん中にある惑星状星雲。
2つの取っ手のような光芒。
地味だけど面白い。

M83

うみへび座。南に低くて条件はよくなかったが、2本の淡い腕が確認できる。
撤収間際でじっくり見られなかったのが残念。次回の課題。

今回の反省点と次回の展望
  • 星図を頭に入れる。できれば写真もセットで。
  • めんどくさがらずに、アイピースを入れ替えて、倍率を変えながらじっくり見る。
  • 今回対象のリストアップはしてきたのだが、観望順に計画性がなかった。次回は二周まわすぐらいの計画で。
  • 対象毎にテーマを持つ。初見の天体は視認と印象の把握、二回目以降の天体は「腕」とか「暗黒帯」とか「広がり」とか。
  • 記録できる準備。音声か、スタイラスペンか。
  • iPadに写真を入れておく。ヒゴタイは電波が悪く、Google先生は使い物にならなかった。

眼視は楽しいです^^
次回は夏の対象も見られるかな。
M20とか、楽しみですね。