「SXP」カテゴリーアーカイブ

オートガイド導入2)アドバンスユニット・インプレッション

オートガイドシステムは未稼働だが、外見ベースのインプレッション。

まずはビクセンのアドバンスユニット。

ビクセンのAXD/SXP/SXD2の自動導入リモコンであるスターブックテン(SBT)に差し込む拡張ユニット。
amazonで支払総額53,976円。消費税込みなのかどうかは国税とアマゾンの間の話だが、協栄産業では税込みで60,588円。ビクセン製品はアマゾンが一番安く、早い。


アドバンスユニット挿入前のスターブックテン。右側の2つのネジをドライバーで外し、空いた空間にアドバンスユニットをはめ込む。

ふたを外したところ。昔のPCのインターフェースカードの差し込み口のよう。

アドバンスユニットのコネクタ側。大きく「Vixen」のレリーフ。
こういうパーツは新規に金型をおこすと、結構なコストになるはず。中国か台湾の既存の金型を流用したのかもしれない。

コネクタ側。USBは現状、電源供給目的しか使い道がない(内部実装もそうなのかは不明)。
SDカードは、ビデオ入力の保存とSBTの設定保存ができる。
ビデオ入力端子には、アナログビデオを接続しオートガイド(ビデオガイド)や画像録画ができる。
レリーズ端子はカメラのシャッターの開閉制御用。

完成図。実勢価格15万円の赤道儀コントローラのできあがり。iPad Air2が二枚買える。
しかし、15万円で売らざるを得ないくらいSBTには開発費がかかったのだろう。

自分としてはパソコンなしでオートガイドできるビデオガイドだけのためにこのユニットを導入したが、微妙だ。
かなわぬ個人的希望だけを言うと、別売ではなく内蔵にして、レリーズ制御とか給電だけのUSBは外して少しでも安くして欲しかった。

余談だが、ここしばらくSXPのホームポジションからの初回導入で、いつも五度以上ターゲットからずれてしまっていて、「目分量感覚も歳のせいで衰えたか!?」と落ち込んでいたのだが、実はSBTの現在値設定が東京になっていた。そりゃずれるよね。何かの拍子に現在値設定をクリアしてしまった模様。自宅の設定が消えていた。

アドバンスユニットをつけると、SBTの設定をSDカードに保存できる。折角なので死蔵していた16M(Gではない)のSDカードを装着し、設定を保存。


設定ファイルをエディタで変更できるかと試してみたら、見事にバイナリファイル。
組み込みソフトウェアなら仕方ないのかな。
何度も書くが、汎用品のタブレットが赤道儀のコントローラとして使えるようになって欲しい。
寒冷地ではタッチインターフェースだけでは辛いので、bluetooth接続の外付けコントローラもつなげるようにする。ゲーム用の汎用品でもいいかも。架台との通信はWifi、オートガイド端子は架台側。
15万の値付けをしないと回収できないような投資を電子系ハードウェアにかけてしまうと、技術の進歩に開発費の回収がついていけないと思うのだが。

SXPに328を搭載する・K-ASTEC天文用アルカスイスプレート

EF300mmF2.8LISが、カメラレンズとしてキヤノンの最高クラスの性能を持つことは周知の通り。天体用としても優秀な性能のはずなのだが、あまり作例を見ない。高すぎるからだろうね。アマゾンで62万。FSQ106EDよりも高い。天体用としての汎用性も考えると、新規に328を買うのなら、FSQ85+RDのほうがはるかにコスパが高いだろう。

しかし・・自分は既に328が手元にある。一つ前のやつだけど。
10年ほど前にデジタル一眼を手に入れて「普通の」写真を撮り始めたときに買った。今でも、FSQ106EDに次ぐ高額買い物である。

前置きが長くなったが、この328を赤道儀に搭載する一番スマートな方法は何なのか?

まず、FSQ106ED用の80mm幅アリガタに1/4ネジで取り付けてみた。
この角度から見ると普通に見えるが、広大なアリガタに328の小さい三脚座がぽつんとネジ止めされていて、いかにもアンバランス。FSQ用を流用するならまだしも、新規に導入するのに使う方法ではない。
次に試したのが、K-ASTECの天文用アルカスイスクランプ&プレート。
タカハシ規格のねじ穴が空けてあり、SXPの赤緯体に直接ネジ止めできるのはいいのだが、クランプのネジが赤緯体と微妙に干渉してしまう。
そこで、クランプと赤緯体の間にスペーサを挟むことに。写真の状態では1.6mm程度かさ上げされている。これでぎりぎりいっぱい、干渉しなくなった。
余裕を見るなら2mm〜3mm程度あった方がいいだろう。
別の方法として、クランプの丸いつまみにスペーサをかますなりして少し長くする方法もあるかもしれない。
これで無事SXPに328をスマートに搭載可能に。EOS-Mだと前後のバランスが悪く、自由雲台をバランス代わりに装着。SXP側のバランスは、シャフトを延ばすだけで合った。
EOS5D3を搭載。
前後バランスはまだ頭が重い。バランス代わりにポラリエの雲台アダプタを付けている。
たぶんバッテリーグリップをつけた状態で、三脚座の位置でバランスが合う設計なのだろう。
実戦ではバッテリーグリップを付けた方がいいかな。
しかし三脚座の一点支持が不安だ。。。そんなに長時間露出はしないだろうが、これで3分とか5分とかいけるのだろうか。
フォーカスプリセットボタンの黒リングにバンドを付けて2点支持にできるといいのだが。

SXPの収納・COMET(コメット) 布ケース CB用

むき出しに部屋に転がしていたSXPだが、収納ケースを導入。

「星のつぶやき」さんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。
amazonで18500円。
このケースは元々プロカメラマンの照明機材の運搬用らしい。
SXP本体、スターブックテン、バランスウェイト(SBの下に入っている)を収納して、望遠レンズ一本分くらいのスペースが余る。
K-ASTECの80mmアリミゾもぴったり収納。
重量は20kgオーバー。さすがに重い!手提げでも肩かけでも、注意しないと腰をいわしそう。
専用アルミトランクの場合さらに重くなるのね・・AXDの人とか、どうやっているんでしょうね。
手提げ方式の他に、ショルダー用と背負い用のストラップが付属する。
背負い式にしたところ。若干強度が不安ではあるが、この状態が一番楽。
ただし、背負うまでが大変。道路のような場所ではかなり辛いと思われる。
これでSXPの収納と移動の問題が解決。

三脚ケース・Libec RC-30

SXPの三脚SXG-HAL130のケースに、Libec RC-30がぴったりだった話。

Libecはビデオ用の三脚を売っている会社。
amazonでお値段5162円。純正よりだいぶ安い。純正と違って、ハーフピラー用ケースは付いていないが、手提げ用のバンドが三脚ヘッド側に寄せた作りになっていて、持ったときにバランスが取れるようになっているところが優れもの。
素材は薄いクッションの入ったウレタン。このようにジッパーがぐるりと取り囲んで開閉する。
いっぱい開いたところ。AXDの三脚も入るくらいの大きさなので、SXG-HAL130ではサイズ的には少し余裕があり、すっぽりと簡単に取り出し・収納ができる。
目一杯開くと、フラットな一枚シートになる。
しかし・・・・

SXP本体は床に転がしたまま・・・こいつらの収納と運搬はどうしようかな・・・

SXP初使用

SXPを初めて実戦投入。まずは自宅ベランダで。

北極星が見えないので、極軸あわせは目分量。
ホームポジション(西向き水平状態)に合わせて、まずアンタレスを導入。
328の視野のはしっこに入っていた。十字キーで真ん中に入れて、ALIGNボタンを押す。まず1個。
次は土星を選択。今度は真ん中近くに。十字キーで調整、ALIGNボタンを押す。2個目。
次はいて座のγを選択。今度はほぼ真ん中。十字キーで微調整、ALIGNボタンを押す。3個目。終了にする。

ピント合わせのために再度アンタレスを導入したが、ばっちり真ん中に。自動導入はすばらしい!
スターブックテンの操作感もすばらしい。真冬に手袋で使うことを考えると、タッチパネルではなくキー操作にしているのは大正解。ボタンが光るのもとても使いやすい。

ただ、最大速度を5段階設定のうち下から2番目の「2」にしていたのだが、けっこう音が大きい。
速攻で1に変更したが、隣家のベランダのすぐ近くなのでそれでもちょっと気になる。
撮影中。手持ちでもばっちり撮れる明るい環境の中、がんばってます^^
撮影中の画像。真ん中に見えるほんのり赤いのが、いて座のM16。
そろそろ放置プレイが終わった頃なので回収してきます。