「スカイメモRS」カテゴリーアーカイブ

スカイメモR用専用三脚

少し前になりますが、スカイメモR用の専用三脚をオクで入手しました。

カメラ三脚では若干強度に不満があったのと、JILVA導入で三脚がもう一組必要になるからです。

入手したのは、ひとつ前の「スカイメモR」用の三脚。
最新モデルとは色が異なっています。(最新は白、R用はウグイス色)
脚の長さは実測で縮小時50cm、延長時75cm。
重量は4キロ。
また、ウグイス色モデルも2つあるようで、
これは脚先端と三脚座の金具が長い旧型と思われます。
右上のプレートも旧型のみの付属のようです。
M8のバカ穴が3つ空いていて、カメラ雲台を取り付けられます。



脚の先端。
小さなゴムキャップが付いています。
自分なら間違いなく1年以内になくしてしまうでしょうw
昔の天体望遠鏡三脚を彷彿させる三脚開き止め。
M6のボルトと蝶ネジで止めるのですが、この工程がめんどくさい・・
針の穴に糸を通すとまでは言いませんが。

開き止めに取り付ける物置プレート。
本体駆動の電源、露よけヒーターの電源、取りあえずの小物とかが置けるので、これは重宝しますね。
でも蝶ネジに昭和の香w


 

三脚座。かなり大きいです。しっかり締め上げて固定できます。
カメラ三脚は(GIZZOを除いて)どうしてもこの部分にがたつきが残ってしまいます。

この三脚は微動マウント込みの一体設計となっています。
写真は下から見たところ。
M8の押し引きネジで微動/固定します。強度は十分。
右のネジはスカイメモ本体を取り付けるM8の専用ネジ。


 


組み上がり図。いい感じですね♪
微動台座の可動範囲が大きいのもマル。
赤道直下でもOK。ただし、北側には強くなく、北緯50度くらいまでが上限です。
うーん。でも高さがかなり低いかも・・・

これまで使用していたスリックのカーボン3段(913PRO)と比較してみました。
三脚を目一杯伸ばしても、目一杯縮めたカーボン3段より少し高いくらい・・

これまでは、写真のようにカーボン三脚を1段伸ばして使っていました。
この高さではちょっと構図合わせが大変そうです。。。


 

スカイメモRS本体を取り付けたところ。
一目、色が合わないのはご愛嬌w
本体と微動雲台の接合面はとても広く、専用のM8ネジ二本でしっかり固定できます。

しかし、スカイメモ本体も大概かさばるのですが、この三脚の存在感といったら。
縮めてたたんでも小さくなった気がしませんw

試しにJILVA-170も載せてみました。
ダブル微動雲台という訳の分からない構成ですw
ちょっと重心が高くなりますが、十分実用範囲。
まさかの事態にはこの構成の使用もあるかも。

微動台座への取付は、付属のプレート経由で行います。
写真は1/4ネジでプレートをJILVAに取り付けたところ。
後はスカイメモRS本体同様、M8ネジ2本で取り付けます。
ところで・・
JILVA用の専用三脚BT三脚が間もなく(?)やってくる予定です。
天体撮影用の小型赤道儀にマッチした三脚には、
正直良いモノが少ないのが現状なのですが、
これにはとても期待しています。
到着次第レビュー予定です。


おまけ・「スカイメモRS最強最安入門用写真赤道儀説」
この三脚、最新モデルは実売で新品3万円強。
自分はヤフオクで1万円台後半。
微動雲台も付いていてコストパフォーマンスは高いです。
でもまじめな話、この専用三脚もスカイメモRS本体も、
色々微妙なところがあり、今風ではないです。
しかし、安定度・追尾精度・極軸合わせの精度などの基本性能は一流で、
200mm望遠を余裕で使える高さです。
しかも安い。
三脚も微動雲台も極軸望遠鏡も一式、ヤフオクなら6万以下で入手できるでしょう。
何も機材を持たない人が、初めて本格的に星野写真にチャレンジするには、最安最強の赤道儀ではないでしょうか。
JILVA導入で328担当からは外れてしまったスカイメモRSですが、今後も星野ツインカメラマシンとして活躍させる予定です^^
いずれオクに出品するかも知れませんが・・その時はこの記事をご参考に。

スカイメモRS導入

出会い頭で・・ぽちってしまいました。
ケンコー・スカイメモRS。
巷では、赤い「スカイメモS」が話題になっていますが、
こちらは名前は同じですが似て非なるものです。
初代の富士電子製を知るOssanには感慨深い逸品。

ポラリエでの重量級機材のガイドには

ちょっと無理を感じていて(不可能ではないのですが)、
328を搭載できる小型の赤道儀を物色中でした。

SWAT350かAP赤道儀が最有力候補だったのですが、
10万円を軽く越えてしまいます。

また、赤緯軸とかアクセサリを加えると、
さらに高くなってしまうため、躊躇していました。

そんなとき・・Facebookのグループにスカイメモが
アウトレットで安く出ているとの情報があり、
ついぽちってしまいました。
amazon価格56000円のところが、税込で48406円、ポイント10%付き。

本体だけで3kgの重量級。
若干無駄に重い気もしなくはないですが、ポラリエよりはるかに安定しています。
カメラやウェイトを含めると4キロを越えるので、三脚と三脚側の雲台は十分強度のあるものが必要です。


本体の裏側。
左右の端はM8のネジ穴。純正の三脚はこのネジ穴で装着します。

中央は1/4インチネジ穴。この左右の穴はネジ穴ではなくただの凹みです。
汎用のプレートが装着できるように、35mm間隔のネジ穴があるとよいのですが。


赤緯体は極軸にクランプで単に締め付けるだけの構造ですが、
緩めたときの動きはまあまあスムーズです。



赤緯体とカメラは、専用の真鍮のコマで取り付けます。
半径がやや小さく不安を感じましたが、実用上は問題なさそうです。



今回のスカイメモの導入の目的は、重量級望遠レンズでの運用。
328を載せてみました。
SXPには当然負けますが、強化版ポラリエと比べると抜群の安定感です。

バランスウェイトとシャフトはオプションでこれが結構なお値段がするのですが、
本体のポイントを使ったので実質2000円強でした。



赤緯軸には、パノラマ雲台経由でレンズを装着。


1.7kgのウェイトでは、328+5D3だとやや重量が足りません。
そこで、アルカスイスプレート経由で継ぎ足せるようにしました。

純正バランスウェイトのシャフトの先のネジ穴が、M6ではなく1/4インチなら話は早かったのですが・・
(これはSXPにも言えます。なんでM6なんでしょうね・・・)
純正のバランスウェイトのシャフトの反対側(赤緯体側)は、M12になっています。
スカイメモRSの弱点、というか今風でないところは電源。
6V、単2電池4本で駆動しますが、シブイ電池ボックスが付属します。
単2なので緊急の時に入手しにくいかも。
ニッケル水素電池だと5Vになってしまうんですが、
はたしてちゃんと使えるのでしょうか。
充電式の外部バッテリーが使えるとよいのですが、
コネクタがセンターマイナスなので、
手持ちのものはそのままでは使えませんでした。
内蔵の極軸望遠鏡は対物・接眼レンズともマルチコートです。
(ポラリエはコーティングなしでした)
暗視野照明付きでパターンも見やすく、合わせやすい。美点!
極軸の先はステンレスの筒になってプラのキャップをかぶせるので
すが、
赤緯体を装着するとキャップができません。
撮影中の夜露や海岸の潮風を考えるとそれではちょっと問題。
そこでネット情報を参考にamazonで30.5mmプロテクターフィルターを買って装着しました。1000円。
こちらは30.5mmのレンズキャップをはめたところ。


スカイメモRS+328用機材一式。

スカイメモの欠点は重い以上に、収納性が悪いこと。
白い本体は長方形ですっきりしているのですが、極軸の前後の出っ張りがかなり邪魔。
バッグの中での収まりがよくありません。

総重量12キロ。レンズなど込みとはいえ、思った以上に重い・・
これに加えて三脚(雲台込みで3.2キロ)カメラボディ(500g)が加わるので、16キロ弱。
これはなかなか大変そう。結局は車移動用ですね。

今年の夏も波照間に行く計画を立てているのですが、この重量では別送ですね。
ちなみに、ヤマトの宅配便は離島でも特に追加料金はなく、15キロ以下なら3000円弱でした。
機内持込よりは安そうですね。