中華製カメラバッテリー互換品導入・USB充電器付き

冬場の撮影可能時間は12時間近くあるので、デジタル一眼カメラの予備電池の不足を感じていました。
SONYの場合、現在予備含め3個なのですが、6時間くらいしか持ちません。気温が低いとさらに短いことも。

純正品のカメラ予備電池は高価なので、安価な中華製互換品を導入しました。

Newmowa製のUSB充電器付き、2個セット。2500円。
純正の新品はAmazonでなんと6980円もします。
1/4以下です。

しかも、USBから2個まとめて充電できる充電器が付いてきます。
充電時間はACアダプタよりも長いらしいですが、USBモバイルバッテリから充電できるのは撮影現場では大きなメリットです。

 

最近導入したkiss X5用の予備バッテリーも同じNewmowa製の互換品を導入。こちらもUSB充電器付き。2個で2270円。純正品は1個で3480円。こちらは1/3ほど。

互換バッテリーは寿命や初期不良などのリスクがありますが、幸いにも自分のは普通に使えています。
何より、USB充電器が付いてくるメリットは大。

6D用にもUSB充電器が欲しくなりました^^
6D用はUSB充電器が付いて2個2700円。純正は7000円しますから、こちらも1/4の価格です。

 

関連記事

「中華製カメラバッテリー互換品導入・USB充電器付き」への2件のフィードバック

  1. 知らなかったのですが、この充電器いいですねぇ!

    こちらでも、へたり気味のを含めて計4個のバッテリーを2台の充電器を使ってローテーションさせてたのですが、マネジメントが面倒くさくてもう…。しかも、バッテリー充電器とSG-3500LED内蔵のDC-ACコンバータとの相性が悪いのか、うっかり充電し忘れがあった時に現地で緊急充電ということもできず、地味に困っていました。2個同時に、しかもUSBで充電できるのだと、このあたりはだいぶ楽になりそうですね。

    ちなみにウチは、あまりの面倒さに先日、カメラの電源を外部から取るように工作してしまいました(^^;

    1. これほんと便利です。バッテリーの数が多いとローテーションめんどくさいですよね。
      工作レポ拝見しました。ちまちまリチウム電池交換するよりも漢らしく鉛蓄電池もいいですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)