星空の楽しみ方

ペルセウス座流星群2021・全国ライブ中継一覧

ペルセウス座流星群を見よう!

今年のペルセウス座流星群は8年に一度(*)の好条件!今年も各地でライブ中継が計画されています。それらをまとめてご紹介します!

(*)流星群の「好条件」は「月齢」と「流星群の極大時刻」の2つの要素があります。前者はだいたい3年に一度(もうすこし正確には8年でだいたい同じ条件)、後者は4年に一度「当たり」になります。このどちらもが良い場合が「大当たり」で、ほぼ8年周期でやってきます。それが今年です!

本情報は天文リフレクションズ編集部が独自に調査したものです。各ライブ中継の内容等については、特に注記のないものはそれぞれの中継者様のサイトをご参照くださるようにお願いいたします。 

サイトロンジャパン・天リフ共催「ペルセウス座流星群2021」ライブ中継

天リフチャンネルではスタジオトークを中心に、各地のYouTube映像を織り交ぜてお届け予定です。

サイトロンジャパンチャンネルでは、星景写真家成澤広幸さんが撮影する流星の映像を中心に配信。

 

(株)サイトロンジャパンと天文リフレクションズの共催によるライブ中継。高感度カメラをフィールドに展開してライブ映像を生配信します。ローランド社様の協賛で、同社のビデオ・インスタント・リプレイヤー「P-20HD」を使用した「リアルタイムスローリプレイ」が目玉。

ライブ配信は共催2チャンネルで同時配信。サイトロンジャパン社のチャンネルでは流星鋭像を中心に、天リフチャンネルでは東京のスタジオトモディからのトークを交えてお届けします。

全国各地点の流星群ライブ配信チャンネルともコラボ。各地点の映像を適宜切り替えながら、時には巻き戻して再配信させていただきます。以下、コラボ予定のYouTubeチャンネルをご紹介します。

なよろ市立天文台・北すばる(北海道・名寄)

北海道・名寄市の「天の川の見える天文台」きたすばる様。ペルセウス座流星群を始め、大きな天文現象の映像のライブ配信に力を入れているされている天文台です。

名取天文台(東北)

宮城県名取市の学生を中心とした市民団体「名取天文台」。コロナ禍でオンラインに軸足をシフトし、ライブ配信を積極的に行っています。

Hiroyuki Narisawa Timelapse Film(関東)

写真家・タイムラプスクリエータの成澤広幸さんのチャンネル。22時ごろまではこちらのチャンネルで配信されますが、以降は天リフ・サイトロンジャパンの配信に全面的にジョイントいただく予定です。

RYO[天文楽者]

ライブ配信を積極的に行っていらっしゃるアマチュア天文楽者のRYOさんのチャンネル。今回実験的に流星群をトライアル的にライブ配信されるとのことです。

osaka sky livecam(奈良・宇陀)

常時何台ものカメラでライブ配信を行っている「osaka sky livecam」チャンネル。実はペルセウス座流星群のライブ配信はすでに始まっています(上)。実はこのチャンネルは、無人のカメラを各所に設置し「常時」ライブ配信を複数行っているという強者。天の川が普通によく見える奈良県・宇陀市に設置された高感度カメラのライブ映像です。

osaka sky livecam(北陸・石川)

osaka sky livecam」チャンネルは、もう一つ石川県からもライブ配信をされる予定です。こちらも高感度カメラの映像です。

熊本県・南阿蘇ルナ天文台

九州・南阿蘇の民営の天文台「南阿蘇ルナ天文台」。SNSを活用したユニークな会員制コミュニティ「バーチャル天文部」を運営中。こちらのライブ配信ともコラボします!

韓国・MIRYANG ARIRANG天文台

韓国・密陽の「密陽アリラン宇宙天文台」です。2020年5月に設立と新しいですが、HPによると韓国唯一の「惑星と地球外生命に特化した天文台」だそうです。こちらのライブ配信ともコラボします!

公開天文台・科学館・博物館のライブ中継

美星天文台

埋め込みが許可されていないので↑のように表示されていますが、クリックすればYouTubeサイトで視聴できます。

そのほか

朝日新聞宇宙部(ハワイ・マウナケア、長野県木曽)

朝日新聞宇宙部では、ハワイのマウナケアの国立天文台すばる望遠鏡、長野県・東大木曽観測所の2か所から常時星空をライブ配信しています。プロの「天文台」のとなりですから、もちろん星空の美しさは折り紙付き。特にマウナケアは時差の関係で日本の夜早くでも好条件で流星群が見られます。

ウェザーニュース

天文現象のライブ配信で圧倒的な視聴者リーチを誇るのがウェザーニュース。昨年も夏らしい浴衣姿のキャスターが艶やかに配信されていました。今年も12日夜9時からライブ配信。

ただし、昨年の場合配信はペルセウス座が高く上り好条件になる前の、23時ごろに終了してしまいました。ウェザーニュースの配信の後は、ぜひ「サイトロン・天リフチャンネル」の配信をお楽しみください^^

Star of Kuma(熊本県山都町・清和高原天文台)

九州の清和高原天文台から。天の川がばっちり見えるとても暗い空からのライブです。配信日は「9から11日のいずれか」となっています。最も流れる12/13日の配信ではないのが残念ですが、お天気の関係ではこのチャンネルに大注目されることもあるかも。

BANTV

滋賀県大津市からのライブ配信。こちらも既にライブが始まっていて、常時ライブ映像が流れています。

東京湾ライブカメラ神奈川

こちらも常時配信ライブ。横須賀・大津漁港からの配信。

流れ星の丘くうら

石垣島の北部にある「流れ星の里くうら」。素晴らしい星空の地ですが、星空のライブ配信も熱心に行われています。現時点ではまだライブ配信の告知は出ていませんが、好天であれば配信される可能性がありそうです。

アストロアーツ

こちらは「VR」による先行体験イベント。リアルの極大の前々日に360°VR映像で流星の出現をシミュレーションし解説するもの。


随時追加していきます。掲載希望の方はコメントでどうぞ。