軒下カメラ情報局より。https://www.nokishita-camera.com/2018/09/eos-r.html

主に「軒下カメラ情報局」より、キヤノンのフルサイズミラーレスに関する情報が多数リークされています。

キヤノンのEOS-Rシリーズ

スペック概要

主なスペックはソースを参照していただきたいのですが、バランス良くまとめてきたところはさすがキヤノンですね。ニコンZがかなり高価格のラインで攻めてきたのに対して、キヤノンの価格は30万を切るのではないか、ひょっとして20万前半?との情報もあり、続報が待たれるところです。

フィルターボックス付きマウントアダプタ

天文用途としての注目は、3種類用意されるというマウントアダプタ。この中で「フィルターボックス付き」に大注目。望遠白レンズ用の「ドロップインフィルター」が使用できるのでしょうか。その場合、フィルター径は52mm、天文用の各種干渉フィルターは48mm径なので若干工夫は必要ですが、フィルターワークの自由度が上がるのは大歓迎です。

今回の「EOS R」を天体改造してしまったとしても、このフィルターボックスにカラーバランスを補正するフィルターが装着できれば、一般撮影も可能ですね。(EFマウント限定になりますが)

解決編・キヤノン328に48mmフィルターは装着できるか

4本の新RFレンズは天文用途には若干魅力薄

発表が予想される新レンズは4本。F2通しズームは1.4キロ、50mmF1.2とともにかなり高価格の製品である気がします。「RF 35mm F1.8 」はどちらかというとカジュアルなレンズのように見えますし、天文用途として現実的に魅力のあるレンズは少ない模様。その点ではニコンZシリーズの「F1.8」シリーズの方が魅力的。

ここでひとつ大事なことは、ZマウントレンズはEOSでは物理的に使えない(フランジバックがZのほうが短い)ことです。フランジバック最短王者はZマウント。ユニバーサルマウントカメラに一番近いのはニコンZ。

さらなる高解像機、上位機種は?

高解像度モデルの情報もちらほら。今回の「EOS R」ボディは「普及機」ではないかとの予測もあります。シェアナンバーワンのキヤノンとしては、α7IIIに対抗できるスペックと価格帯の製品が必須。この予測はおそらく正しいでしょう。

「a」モデル、マダー??

ところでニコン同様「天体モデル」の噂は全く聞きません^^;; 残念至極。シャッタースピードも最長30秒のママ。これも残念。

もし「a」モデルが出るとしたら、「D20a」「D60a」同様に、ベースモデルは今回の「EOS R」でしょうか。

他社の動向

余裕のソニーはキャッシュバックセール

ソニーはキャッシュバックキャンペーンを開始。前モデルのα7IIなら実質10.5万円、RIIなら16.4万で購入が可能。今になって、ソニーが旧製品をカタログ落ちさせずに残している深慮遠謀を理解できる気がします。こりゃ、若者はαに流れますよ。

ニコンZの評価は?

ある意味ニコンのスタンスは一貫しています。ニコンブランドの維持。高くても良い製品を。光学製品としての最高峰を目指す。

ツイ民の中ではあまり評価は高くないように見えますが、実際に製品を触れた人の中からは高評価が多く出ているようです。

パナソニックもフルサイズ?

ここでもサプライズ。パナソニックもフルサイズを出すという「確定情報」。ライカSLマウントなのでしょうか。オリンパスはどう動くのでしょうか。

GFX50Rの40万切りはあるのか?

フルサイズには見向きもせず、富士はAPS-Cと中判で我が道を邁進。廉価版の「レンジファインダーカメラスタイル」のGFX-50が4000ドルを切るとの噂も。

実売で40万を切ることがあれば、星景写真には特に強力なソリューションになるでしょう。レンズが高いのは敷居が高いですが、イメージサークル的にそれなりに使えるEFレンズがそれなりにあるという情報もあります。

「雲の上」ではフェーズワンが

600万円というあり得ない値段ですが、「中判フルサイズ」150MPのフェーズワンも受注開始に。モノクロセンサー版もあります^^

宝くじに当ったら、これは買うしかありませんね^^

http://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2018/09/canon.jpghttp://reflexions.jp/tenref/orig/wp-content/uploads/sites/4/2018/09/canon-150x150.jpg編集部機材ピックアップデジタル一眼特選ピックアップ主に「軒下カメラ情報局」より、キヤノンのフルサイズミラーレスに関する情報が多数リークされています。 キヤノンのEOS-Rシリーズ スペック概要 https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1035694075364556800 主なスペックはソースを参照していただきたいのですが、バランス良くまとめてきたところはさすがキヤノンですね。ニコンZがかなり高価格のラインで攻めてきたのに対して、キヤノンの価格は30万を切るのではないか、ひょっとして20万前半?との情報もあり、続報が待たれるところです。 フィルターボックス付きマウントアダプタ https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1035669914361548801 天文用途としての注目は、3種類用意されるというマウントアダプタ。この中で「フィルターボックス付き」に大注目。望遠白レンズ用の「ドロップインフィルター」が使用できるのでしょうか。その場合、フィルター径は52mm、天文用の各種干渉フィルターは48mm径なので若干工夫は必要ですが、フィルターワークの自由度が上がるのは大歓迎です。 今回の「EOS R」を天体改造してしまったとしても、このフィルターボックスにカラーバランスを補正するフィルターが装着できれば、一般撮影も可能ですね。(EFマウント限定になりますが) http://reflexions.jp/blog/star/archives/65 4本の新RFレンズは天文用途には若干魅力薄 https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1036162367963496453 発表が予想される新レンズは4本。F2通しズームは1.4キロ、50mmF1.2とともにかなり高価格の製品である気がします。「RF 35mm F1.8 」はどちらかというとカジュアルなレンズのように見えますし、天文用途として現実的に魅力のあるレンズは少ない模様。その点ではニコンZシリーズの「F1.8」シリーズの方が魅力的。 ここでひとつ大事なことは、ZマウントレンズはEOSでは物理的に使えない(フランジバックがZのほうが短い)ことです。フランジバック最短王者はZマウント。ユニバーサルマウントカメラに一番近いのはニコンZ。 さらなる高解像機、上位機種は? https://twitter.com/Dmaniax/status/1035722799866830849 高解像度モデルの情報もちらほら。今回の「EOS R」ボディは「普及機」ではないかとの予測もあります。シェアナンバーワンのキヤノンとしては、α7IIIに対抗できるスペックと価格帯の製品が必須。この予測はおそらく正しいでしょう。 「a」モデル、マダー?? ところでニコン同様「天体モデル」の噂は全く聞きません^^;; 残念至極。シャッタースピードも最長30秒のママ。これも残念。 もし「a」モデルが出るとしたら、「D20a」「D60a」同様に、ベースモデルは今回の「EOS R」でしょうか。 他社の動向 余裕のソニーはキャッシュバックセール https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1036056216458280960 ソニーはキャッシュバックキャンペーンを開始。前モデルのα7IIなら実質10.5万円、RIIなら16.4万で購入が可能。今になって、ソニーが旧製品をカタログ落ちさせずに残している深慮遠謀を理解できる気がします。こりゃ、若者はαに流れますよ。 ニコンZの評価は? https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1036413270712676352 ある意味ニコンのスタンスは一貫しています。ニコンブランドの維持。高くても良い製品を。光学製品としての最高峰を目指す。 ツイ民の中ではあまり評価は高くないように見えますが、実際に製品を触れた人の中からは高評価が多く出ているようです。 パナソニックもフルサイズ? https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1035627060612423680 ここでもサプライズ。パナソニックもフルサイズを出すという「確定情報」。ライカSLマウントなのでしょうか。オリンパスはどう動くのでしょうか。 GFX50Rの40万切りはあるのか? https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1036053016237899776 フルサイズには見向きもせず、富士はAPS-Cと中判で我が道を邁進。廉価版の「レンジファインダーカメラスタイル」のGFX-50が4000ドルを切るとの噂も。 実売で40万を切ることがあれば、星景写真には特に強力なソリューションになるでしょう。レンズが高いのは敷居が高いですが、イメージサークル的にそれなりに使えるEFレンズがそれなりにあるという情報もあります。 「雲の上」ではフェーズワンが https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1035475199129399296 600万円というあり得ない値段ですが、「中判フルサイズ」150MPのフェーズワンも受注開始に。モノクロセンサー版もあります^^ 宝くじに当ったら、これは買うしかありませんね^^編集部発信のオリジナルコンテンツ