編集部ピックアップ、今日の一枚。

撮影:渡辺勤也様

福井県の「森田まつり」の花火と月。
花火好きのカメラ好きにとっては、この季節は毎日花火大会を追いかける日々でしょう。

真夏の宵に開催される花火大会と月を組み合わせるのは、開催日の月齢の関係でそもそもチャンスが少ない上に、位置取り・露出などなかなか難しいものですが、この作品は大輪の花火の美しさとそれに負けない月の輝きを見事にとらえられています。

日々形を変えながらも長い周期では同じことを繰り返している天体と、一瞬の華やかな輝きである花火。
時間軸の大きく違うこの2つの対比から湧いて来くるイマジネーションは、天体写真としても花火写真としても新鮮に感じます。

 

 

 

http://reflexions.jp/tenref/gallery/wp-content/uploads/sites/3/2017/08/0809watanabe_s.jpghttp://reflexions.jp/tenref/gallery/wp-content/uploads/sites/3/2017/08/0809watanabe_s-150x150.jpg編集部星景月景花火編集部ピックアップ、今日の一枚。 撮影:渡辺勤也様 福井県の「森田まつり」の花火と月。 花火好きのカメラ好きにとっては、この季節は毎日花火大会を追いかける日々でしょう。 真夏の宵に開催される花火大会と月を組み合わせるのは、開催日の月齢の関係でそもそもチャンスが少ない上に、位置取り・露出などなかなか難しいものですが、この作品は大輪の花火の美しさとそれに負けない月の輝きを見事にとらえられています。 日々形を変えながらも長い周期では同じことを繰り返している天体と、一瞬の華やかな輝きである花火。 時間軸の大きく違うこの2つの対比から湧いて来くるイマジネーションは、天体写真としても花火写真としても新鮮に感じます。      読者の傑作画像をピックアップ