「SIGMA24mmF1.4Art」タグアーカイブ

奥日田(5)天の川・コンポジットの意味

天の川がほどよい高さになってくれた頃を見計らって、昇る天の川を撮りました。

EOS6D SIGAMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 プロソフトンA
60sec 固定*7、追尾*8を合成 2017.5.27 奥日田釈迦岳

複数フレームのパノラマ合成ではなく、24mmの1フレーム撮り。
ただし、追尾と固定を別個に撮って合成する手法です。それぞれ約8コマを撮影し別々にコンポジット、合成しています。

追尾のみ8コマ、median合成

なぜこんなクソめんどくさいことをするかというと「画質」へのこだわりから。星の日周運動を追尾撮影して、画質を上げるためにコンポジットすると、このとおり地上の風景は流れてしまいます。

固定のみ7コマ、比較明合成

一方、固定撮影だと当然ながらこのように星は流れてしまいます。
この2つの良いとこ取りをするために若干「良心の(ないしは純自然派の)の呵責」を感じつつ、合成するわけです。

EOS6D SIGAMA24mmF1.4Art F2.8 ISO3200 プロソフトンA
25sec 固定1枚撮り 2017.5.27 奥日田釈迦岳

一方で、こちらは別構図ですが、コンポジットなしの固定撮影1枚撮り。「画質へのこだわり」の結果の先頭の写真と、この写真にどこのくらいの違いがあるのでしょうか?

拡大表示しなければ、違いはわからないでしょう。
画像をクリックすると長辺2048pxの拡大画像が表示されますが、それでもまだわからないかもしれません。

元画像を200%拡大すれば、まあ当然ながら明らかに違うのですが、その差に一体どれほどの価値があるのか、それともないのか。

もちろんそこに価値を感じているからこそ、こんなクソめんどくさいことをしているわけなのですが、カメラの高感度性能がもう2段階(2EV)向上すれば、こういうテクニックの意味はほぼなくなるでしょう。

むしろ、その時間と労力を、様々なロケーション・アングルで撮影する方向に向けた方が良い結果を得られる気がします。

カメラの性能限界ぎりぎりのところで成り立っている星景写真では、美しさを実現するための様々な軸のポートフォリオを時折再点検する必要があると感じています。

6/28追記)
再点検の結果、まだまだひるむことなく「悪行(=マコトから離れる方向の様々なテクニック)」に励むべきだとの結論に至りました。1年くらいしたらまた再点検しようと思います^^

 

奥日田(2) 銀河が昇るまでの間

最近、本業と化した「天文リフレクションズ」の業務が忙しく、すっかり間が空いてしまいました^^;
放置状態だった奥日田の画像整理を再開。

EOS5D3 SIGMA24mmF1.4Art F2.8 30sec ISO3200
プロソフトンA 固定撮影 2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

日が沈んで、天の川が昇ってくるまでの間は、ASPJの人たちと話し込んだり、地味目な春の星座を撮ったり。

この時間は透明度はあまりよろしくなく、あまりやる気の出ない空でした。

EOS5D3 EF8-15mmF4L F4  30sec ISO3200
Lee No3 固定撮影 2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

円周魚眼で昇り始めた天の川。
低空には薄雲が立ちこめていて、街灯りを反射して今一つ。

 


EOS5D3 EF8-15mmF4L F4  120sec*2 ISO3200
Lee No3 ポラリエ恒星時追尾
2017.5.37 奥日田釈迦ヶ岳展望台

2分露出の追尾撮影の2枚コンポジット。
地上と空は別に重ねた新星景風処理。

あえて何かをあぶり出す空ではないのですが、画質は確実に良くなります。コンポジットもPSでやればらくちん。

眩しい木星の輝きも、そろそろ見納めになりそうですね。

銀河が昇るまでの間は、対角魚眼で放置タイムラプス。
おじ(い?)さん6人、わいわいがやがや、楽しいひととき。

残雪の立山連峰(3) 弥陀ヶ原で

雷鳥平の翌日は弥陀ヶ原へ移動。
徒歩1時間、バス1時間の超余裕日程だったのですが、あいにく朝から強めの雨・・・

何かと待ち時間ばかりの一日でしたが無事弥陀ヶ原着。
晴れる期待はほとんどしていなかったのですが、翌朝まあまあの晴れ、出動。

EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 20sec ISO3200
4枚パノラマ合成 固定撮影 2017.5.7 富山県立山町弥陀ヶ原

道路沿いの雪の壁にかかる夏の銀河。
ナナメの木がなんとなく気に入って天の川に重ねてみました。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 20sec ISO3200
36枚パノラマ合成 固定撮影 2017.5.7 富山県立山町弥陀ヶ原

パノラマ撮影で天の川アーチ。止まっているバスは、待合室になっています。
ご覧の通り薄雲もあって星の輝きは今一つでしたが、それでも背景が青い。大気光のムラをあまり感じませんでした。

翌朝、ここでバスを待っていたら、バスのすぐ右の道から外人グループが大騒ぎで走ってきました。
なんと熊がでたそうな。
ホテルの窓を壊して血を流していたらしく、林の中に逃げ込んだとか・・

最近熊はどこにでも現れる印象。
危うきに近づかないか、万一の覚悟をして臨むか・・ですねえ・

魚眼にもしてみたのですが・・・
なんとベガが増殖して夏のミニ大三角にw
うーん・・このへんがICEの限界なのでしょうか。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.8 20sec ISO3200
4枚パノラマ合成 固定撮影 2017.5.7 富山県立山町弥陀ヶ原

雪の壁の向こうの天の川。

深く積もった雪を除雪してできた道は、角度によってはホテルの灯りを遮ってくれるのですが、直射するとこのように光り輝きます^^;
これで在庫がいったん尽きてしまいました。
最近「天文リフレクションズ」で忙しく、晴れても出撃できない状態が続いています・・
もう少し軌道に乗るまでは、星撮りの優先度は最下位になるかも・・まあぼちぼちやっていきます^^

残雪の立山連峰(2) 雲湧く雷鳥平

雲が湧いて地上部だけで終わってしまったパノラマですが、地上だけでも繋いでみました。

EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200
36枚ステッチ画像からトリミング 2017.5.6 富山県立山町雷鳥平

天の川アーチのほんの下部のみ^^;
いつかここで360度パノラマに再チャレンジしたいものです。

月が沈んだ頃の空ですが、立山連峰は富山湾の街灯りに照らされてほんのり浮かび上がっていました。
高山では夜でも背景の空が青いような気がします。


EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200
固定撮影  2017.5.6 富山県立山町雷鳥平

雲間から時折ちらりと姿を見せる天の川を追い続けたのですが、一番見えた時点でこのくらい。
山の天気はめまぐるしく変わります。

すっかり雲に覆われてしまった空と大日岳。
今回24mmレンズ一本勝負だったのですが、ここからなら大日岳はもっとアップで撮りたいものです。

 

iPhone6S 2枚ステッチ

こちらは昼間の立山連峰。
小さく月が見えています。

iPhone6S ノートリミング

雷鳥にも出会うことができました。
グェグエとカエルのような鳴き声。
遊歩道を悠々と横切り、ひっきりなしに草をついばんでいました。

残雪の立山連峰(1)雷鳥平の夜

5月の連休後半、立山に行ってきました。
ハナから稜線には上がらず、雷鳥平・弥陀ヶ原近辺で星撮り&雪遊びの作戦です^^


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 25sec ISO3200
固定撮影 2017.5.6 富山県立山町雷鳥平

天気予報は絶望的だったのですが、2時頃に起き出すとなんと星空。早速小屋を出て撮影。

昼間目を付けていたポイントよりはちょっと低い場所からですが、大日岳にかかる北斗七星。


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 25sec ISO3200
6コマパノラマ 固定撮影 2017.5.6 富山県立山町雷鳥平

北斗七星から時計回りにパンして6コマ撮影。
この時間帯はちょうとガスが稜線から引いて晴れ上がってきたタイミング。

このままさそり座まで撮ればよかったのに、折角晴れてきたのだからと全天パノラマにチェンジしたのが大失敗。

地道に雪面撮ってる間は晴れていたのに、空を撮り始めたら曇ってきた〜(泣
あー、アホだ。空から撮れよ・・・


Flickrで大きな画像を見る
EOS6D(SEO-SP4) SIGMA24mmF1.4Art F2.2 30sec ISO3200
固定撮影 2017.5.6 富山県立山町雷鳥平

以降は時折晴れ間が出はしたものの、満足な撮影はできず。
それでも、晴れ間の星空の輝きはさすが標高2400mだけあって素晴らしいものでした。

この写真は空が白み始めた雷鳥平キャンプ場。
キャンプ場に灯りが灯り始めて、登山者達は活動開始。

LED照明の普及で、夜のキャンプ場もすっかり明るくなりました。強力なLEDライトでは、稜線近くの雪面までぼんやり照らされるがわかるほど。

貧弱な豆球ヘドラの予備単三アルカリ電池を8本持っていくのか6本にするのか悩んだ昔からは隔世の感です。