「ベランダ撮影」タグアーカイブ

メジャー領域のマイナー対象・さそり座δ星付近

月が大きいこともあってここ数日は夜明け前にベランダでナロー撮影中。
今朝はかなり淡いマイナーな領域を試写してみました。


EOD6D(SEO-SP4) FSQ106ED+645RD ISO1600 4min*14
Baader Hα7nm SXP+DT40オートガイド
2017.3.12 福岡市内自宅ベランダ

中央がさそり座δ星。その周りに漂うHII領域です。
この領域の左下には有名なアンタレス周辺の、左上に青い馬星雲があるのですが、ここだけを切り取った作例はあまり見かけません。

それもそのはず、ここはとても淡くて広がっていて、なかなかの難物。無謀にもベランダで狙ってみたものの、ごらんの通りどうしようもない仕上がり^^;;
これをさらに10夜撮って重ねればもう少し見られるものになるでしょうが・・・そこまでの根性は・・・


上:強調後
下:コンポジット済みフラット調整後の無強調画像

どのくらい淡いかというと、このくらい淡いです。
下がコンポジット済みフラット調整後の無強調画像。
1コマ画像では何も見えていなかったのですが、丁寧にかぶり調整して思いっっきり強調したら、丸いのが出てきました^^

 


https://faun.rc.fas.harvard.edu/
dfink/skymaps/halpha/jpegs/comp_big.jpg

を加工。

harvard.eduのサイトにあったHα全天画像をトリミングし、今回の撮影領域を赤枠で描いてみました。左上の大きな丸いのがへびつかい座のsh2-27です。これとほぼ同じ大きさのさらに淡い領域が広がっていて、その中央部の明るい部分が今回撮影した領域になります。

FSQの380mmで上の画像の領域をモザイクすると64枚コースですね^^;;さすがにそれは1シーズンでは完成できそうにないので、まずはδ星周辺を3*3ないしは4*4でつなげてみたいものです。

全天Hα画像。 https://faun.rc.fas.harvard.edu/dfink/skymaps/halpha/jpegs/comp_big.jpg より。 – Spherical Image – RICOH THETA

参考までに、harvard.eduのサイトにある全天画像を360度パノラマに加工したものを貼っておきます。
これを見ていると、HII領域の望遠モザイク合成に燃えてきますね^^

今シーズンは85mmと望遠で夏の銀河の多数枚モザイクにチャレンジしてみたいと思っています。

 

Hαナローベランダ撮りM8

このところGPVが外しまくりで、曇りそうだと思って自宅待機していたら晴れの連続–;;

昨日の朝も同じパターン。仕方なくベランダ撮り。


EOS6D(SEO-SP4) FSQ106ED F5 5min*8 ISO3200 flat*10
Baader Hα7nm SXP+GT40オートガイド
2017.3.7 福岡市内自宅ベランダ

この季節まだ低いM8ですが、南東向きベランダからは今がチャンス。やや薄雲があったので03はやめてHαにしました。
さすがのM8、Hαなら都会の真ん中でもばっちり写りますね^^

F5/ISO3200 5分露出でもヒストグラムは左1/4。まだ倍〜4倍は露出できそう。この春かけて、SAOの各画像をねちねちと撮り溜めたいですね。

縦構図にしたのは大失敗。
横にして猫の手もいれないと・・・
何より、M8は去年も撮ってたんですよね・・M16/17にしとけば良かった。
老化してくると昔撮ったのを忘れてしまいますねorz

ベランダO3撮影再び

小石原で撮ったミルクポット星雲が思いのほかよく写ったので、ベランダでも再度O3で撮影してみました。


EOS6D(SEO-SP4) FSQ106ED+645RD 4min*3 ISO1600
Baader OIII 8.5nm トリミング
SXP+GT40オートガイド 2017.2.28 福岡市内自宅ベランダ

総露出たった12分ですが、「ベランダではO3は悲しいほど何も写らない」前回書いたことは撤回します^^;;
過去ログをひっくりかえしてみると、O3では過去何回かベランダ撮っていましが、ある時の印象がダメダメすぎただけで、それなりに写ってくれるようです。

では、小石原とベランダではどのくらい違うのでしょうか?

 

小石原。Kiss X5のISO6400、10分露光。

 

自宅ベランダ。6DのISO1600、4分露光。

 

どちらもリニア現像で+2EV露光補正、ホワイトバランスは太陽光。
露光とISOの差は3.5EV。ヒストグラムのピークが半段分ほど違うので、ざっくり言ってトータルで小石原はベランダより4EVバックグラウンドが暗いと言えます。

ふーん。思ったほど違わなかったですね。6EVくらい違うかと思っていました。

しかし、たかが4EV、されど4EV。16倍の差ですよ・・
南東向きベランダで南中前の対象を低い高度で1回2時間でねちねち撮るくらいなら、往復3時間かかっても小石原まで行く方が効率的なのは間違いない・・

もうひとつ、淡いのも撮ってみました。

 


ISO1600 4min*12 トリミングなし

悲しい。あまりにも残念な画像・・
本来ならここには「」が描き出されるはずなのに・・(モノクロですけどw)

οSco周辺の青いのは反射星雲なのでナロー向きではないと聞いたことがあるのですが、そのせいなのか?それとも単に淡いだけなのか・・48分でこれではちょっとめげますね–;

しかも使い回しのフラットが合ってません–;
FSQのカメラアダプタ側にO3フィルターを装着しているのですが、若干ケラレている模様。中央部にはフィルターの反射とおぼしき大きな丸い光芒も。

フラットはフィルターも含めて完全に同一の光学系で撮らないとダメですね。がんばれ自分・・

久々のベランダ撮り(2) M42の近赤外カラー合成

ベランダ撮りでもうひとつ。
以前からやってみたいと思っていた、近赤外線でのM42の疑似カラー合成です。

左:EOS kiss X5(HKIR改造)FSQ106ED+645RD ISO400 15sec*15
右:左のRをIR画像(IR86フィルター)に置き換え
α7S  FSQ106ED+645RD ISO12800 30sec*30、270sec*4

左が通常の改造機によるカラー画像。
右がIR86を付けた近赤外画像をR成分に置き換えたものです。

M42の近くに、近赤外でより強く光っている星が多いのがわかります。また、暗黒星雲がより赤く見えていて、暗黒星雲は近赤外光ではより強く光っていることがうかがえます。

IR86を付けると実効感度が著しく下がってしまうため、30秒露出ではかなり露光不足。淡い部分はほとんど出ていません。

1枚画像のjpeg撮って出し。色温度電球色。
ヒストグラムを見ると、もう倍くらいは露出できそう。
860nmより長い波長では、センサーのB画素もけっこう感度があることがわかります。

でも、この程度の波長の近赤外線では、宇宙の様相は可視光とそんなに大きくは変わらないのが寂しいところ。
非光害地でもっと露出して、淡いところも描出するとどのくらい違いが出るのでしょうか。

以前撮影したときは、暗黒星雲が「透けて」見えるような兆候がありました。b78に再チャレンジしてみたいですね。

実は今回の撮影では、α7Sの30秒縛りを外して撮影した270秒露出のコマも使用しています。30秒では淡い部分の描出に限界を感じていて、「星喰い」現象を無視して撮ってみるとどうなるかの試行です。

その結果は次回に^^

久々のベランダ撮り(1) IC2177

満月も過ぎ、久々の好天。
久々にベランダで撮影しました。


α7S(フィルターレス) FSQ106ED+645RD 30sec*60 ISO12800
Baader Hα7nm SXPオートガイド
2017.2.15 福岡市内自宅ベランダ

IC2177、カモメ星雲。30分露出です。
ナローとはいえ、さすがに自宅からこの露出時間では、ここまでが精一杯。

ベランダが東南向きなので、南中前に撮るしかなく、あまり長時間露出できないのが悲しいところです。

 


左:フラットあり
右:フラットなし

今回はまじめにフラットを入れました。
α7Sでこの構成の場合、最周辺部以外は素直な周辺減光なのでCamera rawの補正でやることが多かったのですが、ごらんの通りフラットなしだとゴミだらけ^^;;;;
仕方なくフラットを撮って入れたのですが、ゴミがほとんど消えて感動^^;; 今さら感満載ですがw

フラット画像もライト画像もTIFF現像してスタックしたのですが、周辺減光はやや過補正、ゴミはやや補正不足でした。
最終画像はGXTとマスクで修正しています。

やっぱりフラットはないよりあったほうがずっと結果がいいですね。遠征の場合は帰宅後フラットを撮るとゴミの位置が変わっていたりするのがイヤなんですが、フラットも現地で撮るべきかな〜

ちなみに、フラットはISO200で16枚、PSでスタックして、Camera rawで強めにノイズ補正し、ヒストグラムの山の位置を合わせています。
フラットもISOを合わせてフラットダークを引くというのが正統な?やり方なのですが、そこまでやらなくてもこの程度の効果はあるようです。